研究者
J-GLOBAL ID:200901013521347662   更新日: 2019年02月13日

柴﨑 礼士郎

Shibasaki Reijirou
所属機関・部署:
職名: 専任教授
研究分野 (1件): 美学、芸術論
研究キーワード (9件): アジア諸言語 ,  日本語学 ,  記述文法 ,  規範文法 ,  英語史 ,  文法化 ,  言語類型論 ,  談話研究 ,  歴史言語学
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2017 - 2021 「日常の相互行為における定型性:話し言葉を基盤とした言語構造モデルの構築」(研究代表:鈴木亮子, 課題番号:17KT0061)
  • 2016 - 2019 「投射構文の歴史的発達と構文化について-英語史からの実証研究-」(研究代表:柴崎礼士郎, 課題番号: 16K02781)
  • 2013 - 2016 「英語史に見る主要部と依存部の競合関係について-通言語的特異性の過去、現在、未来-」(研究代表:柴崎礼士郎, 課題番号:25370569)
  • 2010 - 2013 「主要部標示型から依存部標示型へ-歴史言語類型論から見た英語人称代名詞の特異性-」(研究代表:柴崎礼士郎,課題番号22720194)
  • 2009 - 2010 「特別研究費」(沖縄国際大学)
全件表示
論文 (46件):
  • "Sequentiality and the emergence of new constructions" (John Benjamins, SLCS198). Explorations in English Historical Syntax (Hubert Cuyckens, Hendrik De Smet, Leisbet Heyvaert, and Charlotte Maekelberghe. eds.). 2018. 285-308
  • "Review: Morphosyntactic Change: A Comparative Study of Particles and Prefixes (Cambridge UP, 2012)(The English Linguistic Society of Japan)". 2017. 33. 2. 591-603
  • 「「節周辺」と同領域に生起する語用論標識の構文的考察」(エリザベス・クロス・トラウゴット 日本語訳・柴﨑)(ひつじ書房). 小野寺典子(編)『発話のはじまりと終わり-語用論的調整のなされる場所-』. 2017
  • "From relativization to nominalization and more: Evidence from the history of Okinawan" (BLS36). Proceedings of the 36th Annual meeting of the Berkeley Linguistics Society (BLS36). 2016. 36. 382-395
  • 「「...事實也。」から「。事実...」へ-談話機能の発達に伴う統語位置の変化-」. 『第8回コーパス日本語学ワークショップ予稿集』. 2015. 8. 163-170
もっと見る
書籍 (13件):
  • 「談話構造の拡張と構文化について-近現代日本語の「事実」を中心に」(ひつじ書房)
    ひつじ書房 2017
  • 「アメリカ英語における破格構文-節の周辺部に注目して-」(くろしお出版)
    くろしお出版 2017
  • 「現代アメリカ英語の二重コピュラ構文」(ひつじ書房)
    ひつじ書房 2015
  • "Functions of <I>the thing is</I> in spoken American English: With its origins and development." (Eihosha)
    Eihosha 2014
  • "<I>Please tilt me-ward by return of post</I>: On the vicissitude of a marginal pronominal construction in the history of English" (John Benjamins)
    John Benjamins 2012 ISBN:9789027248435
もっと見る
講演・口頭発表等 (84件):
  • PANEL: Sequentiality and emergence of discourse-pragmatic markers (org by Yuko Higashiizumi, Noriko O. Onodera & Reijirou Shibasaki
    (The 16th International Pragmatics Conference (IPrA-16) 2019)
  • "Versatility of nominal compounds and the emergence of pragmatic markers: Perspectives from Japanese with reference to East Asian languages" (Plenary)
    (International Conference on Current Trends in Linguistics, 28-29 March 2019 2019)
  • "From a clause-combining conjunction to a sentence-initial adverbial connector in the history of Japanese: With special attention to <I>totan(-ni)</I> 'at the moment'"
    (The 26th Japanese/Korean Linguistics Conference (JK26) 2018)
  • "Versatility of nominal predicates and the emergence of pragmatic markers in Japanese" (invited)
    (Referentiality in Asian Languages (The 2018 JK PRECONFERENCE WORKSHOP ) 2018)
  • "From a clause-combining conjunction to a sentence-initial adverbial connector in the history of Japanese: With special attention to <I>totan(-ni) </I>'at the moment'"
    (The 26th Japanese/Korean Linguistics Conference (JK26) 2018)
もっと見る
経歴 (9件):
  • 2018/04 - 現在 明治大学 総合数理学部 専任教授
  • 2016/04 - 現在 東北大学 大学院 情報科学研究科 研究員 (「言語変化・変異研究ユニット」) 研究員
  • 2016/04 - 2018/03 法政大学 文学部 英文学科 兼任講師(英語・言語学特殊講義A [コーパス言語学] ・B [認知言語学])
  • 2013/04 - 2018/03 明治大学 総合数理学部 専任准教授
  • 2014/04 - 2016/03 慶応義塾大学 経済学部 非常勤講師(言語学)
全件表示
委員歴 (31件):
  • 2018/04 - 現在 近代英語協会 理事
  • 2018/04 - 現在 近代英語協会 理事
  • 2018/04 - 現在 日本語用論学会 編集員
  • 2018/04 - 現在 日本語用論学会 編集委員
  • 2016/04 - 現在 東北大学大学院 情報科学研究科 「言語変化・変異研究ユニット」研究員
全件表示
受賞 (3件):
  • 2015/11 - 日本英語学会 「日本英語学会賞(論文)」(日本英語学会)
  • 2015/03 - 日本英語学会 「EL論文賞」(日本英語学会)
  • 2010/05 - 「優秀学術奨励賞」(近代英語協会)
所属学会 (15件):
近代英語協会 ,  話しことばの言語学 ,  英語史研究会 ,  英語コーパス学会 ,  沖縄外国文学会 ,  日本語用論学会 ,  日本語学会 ,  日本認知言語学会 ,  日本言語学会 ,  日本英語学会 ,  日本英文学会 ,  国際語用論学会(IPrA) ,  アメリカ言語学会(LSA) ,  「言語と人間」研究会 ,  ISLE (The International Society for the Linguistics of English)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る