研究者
J-GLOBAL ID:200901013528492340   更新日: 2020年05月26日

赤司 泰義

アカシ ヤスノリ | Akashi Yasunori
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 建築環境、建築設備
研究キーワード (4件): 建築エネルギーシステム ,  建築熱環境 ,  運用・管理 ,  コミッショニング
論文 (30件):
  • Shufen ZHANG, Yasunori AKASHI, Jongyeon LIM, Shohei MIYATA, Saki ADACHI, Akira MOTOMURA. Missing Data Estimation for BEMS Data with Irregular Missing. Proceedings of the 2nd International Conference of International Alliance for Sustainable Urbanization and Regeneration (IASUR). 2019
  • Hiroyuki Hasada, Yasunori Akashi, Jongyeon Lim, Yuki Ohto. Spread and Effect of Energy-Saving Renovation Due to Green Lease Agreements. Proceedings of the 2nd International Conference of International Alliance for Sustainable Urbanization and Regeneration (IASUR). 2019
  • Yuki Ohto, Yasunori Akashi, Jongyeon Lim. Effect of Subsidy Policies on the Penetration of Green Buildings. Proceedings of the 2nd International Conference of International Alliance for Sustainable Urbanization and Regeneration (IASUR). 2019
  • Miyata, S., Kuwahara, Y., Akashi, Y., Lim, J., Zhang, W., Yoshimoto, N. Model Predictive Control of Chillers with Heat Storage Tanks as a Carbon Activated Demand Response. Proceedings of the 2nd International Conference of International Alliance for Sustainable Urbanization and Regeneration (IASUR). 2019
  • Ojima, K., Akashi, Y., Lim, J., Yoshimoto, N., Chen, J. Observation study of relationship between occupants and energy consumption. Proceedings of the 2nd International Conference of International Alliance for Sustainable Urbanization and Regeneration (IASUR). 2019
もっと見る
MISC (45件):
  • 内田 瑞生, 矢口 彰久, 赤司 泰義, 住吉 大輔, 高口 洋人. 40387 都市環境負荷長期予測シミュレータCPASSを用いた市民の生活スケジュール変化時のCO2排出量 その1 生活スケジュールセクタの構築と原単位セクタの改良. 環境工学I. 2018. 2018. 805-806
  • 矢口 彰久, 内田 瑞生, 赤司 泰義, 住吉 大輔, 高口 洋人. 40388 都市環境負荷長期予測シミュレータCPASSを用いた市民の生活スケジュール変化時のCO2排出量 その2 予測精度と省エネシナリオの検証. 環境工学I. 2018. 2018. 807-808
  • 李 知殷, 赤司 泰義, 高口 洋人, 住吉 大輔, 林 鍾衍. 都市CO2排出量長期予測モデルの構築 変数間における関数同定手法と定性的因果関係の設定について. 空気調和・衛生工学会大会 学術講演論文集. 2018. 2018. 0. 69-72
  • 上野 貴広, 住吉 大輔, 赤司 泰義, 高口 洋人, 林 鍾衍, 李 知殷, 丸山 賢人, 馬場 芳樹. 40420 都市環境負荷長期予測のためのハビタットモデルの構築と複数都市への適用 その6 複数都市連成手法の開発. 環境工学I. 2017. 2017. 885-886
  • 馬場 芳樹, 丸山 賢人, 李 知殷, 上野 貴広, 高口 洋人, 赤司 泰義, 住吉 大輔, 林 鍾衍. 40421 都市環境負荷長期予測のためのハビタットモデルの構築と複数都市への適用 その7 環境モデル都市政策の効果予測. 環境工学I. 2017. 2017. 887-888
もっと見る
書籍 (8件):
  • Society(ソサエティ)5.0 人間中心の超スマート社会
    日本経済新聞出版社 2018
  • 見る・使う・学ぶ 新世代の環境建築システム
    技報堂出版 2016
  • 新訂 コミッショニングマニュアル
    NPO法人建築設備コミッショニング協会 2016
  • 持続可能な低炭素都市の形成に向けて,九州大学東アジア環境研究機構RIEAE叢書VII
    花書院 2015
  • 空気調和・衛生工学便覧,第14版,1基礎編
    空気調和・衛生工学会 2010
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1990 - 1992 東京大学 大学院工学系研究科 建築学専攻 修士課程
  • 1986 - 1990 東京大学 工学部 建築学科
学位 (2件):
  • 工学修士 (東京大学)
  • 博士(工学) (東京大学)
経歴 (6件):
  • 2013 - 現在 東京大学 教授
  • 2009/10 - 2013/03 九州大学 教授
  • 2007/04 - 2009/09 九州大学 准教授
  • 2000/04 - 2007/03 九州大学 助教授
  • 1998/04 - 2000/03 九州大学 助教授
全件表示
委員歴 (16件):
  • 2019 - 現在 IEA/EBC/Annex81 国際委員(日本代表)
  • 2016 - 現在 経済産業省 工場等判断基準ワーキング 委員
  • 2016 - 現在 建築設備技術者協会 副会長
  • 2014 - 現在 建築環境・省エネルギー機構(IBEC) CASBEEエネルギー検討小委員会 委員長
  • 2009 - 現在 日本建築学会 建築設備運営委員会 委員(2009-現在), 委員長(2015-2016)
全件表示
受賞 (13件):
  • 2019 - 空気調和・衛生工学会 特別賞(十年賞) ソニーシティにおける「エミッションZEB」を目指すCO2削減の取り組み
  • 2018 - 空気調和・衛生工学会 功績賞 内部発熱の偏在化に対応した空調システムの設計法の提案ならびに熱環境シミュレーションに係わる最新動向調査
  • 2015 - 空気調和・衛生工学会 特別賞(十年賞) ヨンデンビル新館のコミッショニングを活用した継続的な省エネルギー・負荷平準化への取組み
  • 2012 - 日本建築学会 教育賞 アジアの都市問題に取組む「ハビタット工学」教育プログラムの開発・実践・展開
  • 2012 - 空気調和・衛生工学会 論文賞 空調用熱源システムの部分負荷運転制御法の開発と導入効果の検証
全件表示
所属学会 (8件):
American Society of Heating, Refrigerating and Air-Conditioning Engineers (ASHRAE) ,  International Alliance for Sustainable Urbanization and Regeneration (IASUR) ,  一般社団法人 建築設備技術者協会 ,  International Building Performance Simulation Association (IBPSA) ,  NPO法人建築設備コミッショニング協会 ,  公益社団法人 日本冷凍空調学会 ,  公益社団法人 空気調和・衛生工学会 ,  一般社団法人 日本建築学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る