研究者
J-GLOBAL ID:200901013545918377   更新日: 2019年11月26日

星野 郁

ホシノ カオル | HOSHINO Kaoru
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
研究キーワード (1件): 欧州経済・通貨統合
論文 (13件):
  • 「EU銀行同盟と銀行構造改革に関する批判的考察」. 『国民経済雑誌』(神戸大学). 2018. 217. 1. 37-71
  • EUにおける証券化再生の試みとその問題点. 中央大学『経済学論纂』. 2015. 55. 5・6. 209-228
  • ユーロ危機の新段階とEUにおける危機対策の批判的検討. 『同志社商学』. 2015. 66. 6. 87-112
  • コメント「グローバル金融・財政危機と国際通貨体制」. 『国際経済』. 2014. 65. 63-65
  • 田中素香、山口昌樹、星野郁、岩田健治、北原徹、高橋和也. 『エルッキ・リーカネンを座長とするハイレベル・ エキスパートグループ著EU 銀行業部門の改革に関する最終報告書』(Final Report, High-level Expert Group on reforming the structure of the EU banking sector Chaired by Erkki Liikanen.) (「3 ヨーロッパにおける銀行ビジネスモデルの多様性」を担当),. 中央大学『経済学論纂』. 2014. 55. 1. 1-164
もっと見る
MISC (2件):
  • ヨーロッパ統合は危機を通じてしか発展しないのか. WEBコラム世界経済評論IMPACT http://www.sekaikeizai.or.jp/active/article/140804hoshino_kaoru.html. 2014
  • ユーロ圏の銀行改革と銀行同盟の進展はユーロ圏の金融システムの安定化に繋がるか?. WEBコラム世界経済評論IMPACT http://www.sekaikeizai.or.jp/active/article/140324hoshino_kaoru.html. 2014
書籍 (16件):
  • ユーロで変革進むEU経済と市場
    東洋経済新報社 1998
  • グローバリゼーション下の欧州統合とユーロの課題
    2003
  • 現代世界経済システム-グローバル市場主義とアメリカ・ヨーロッパ・東アジアの対応
    八千代出版 2004
  • 新岡智・板木雅彦・増田正人編『国際経済政策論』第12章「グローバリゼーションとEU」
    有斐閣 2005
  • 『金融のグローバリゼーションの理論』第6章第1節「EMS」
    大月書店 2006
もっと見る
講演・口頭発表等 (8件):
  • 経済・通貨統合と拡大に伴うヨーロッパ労使関係の変容
    (日本EU学会第28回大会 2007)
  • 「ユーロの現状と行方」
    (2010年度金融学会秋季大会共通論題「金融危機下のユーロ」 2010)
  • 「ギリシャ危機とユーロの行方」
    (立命館大学土曜講座 2011)
  • 「ユーロと世界経済危機」
    (早稲田大学EUIJ記念講演会 2011)
  • 「ユーロ危機の欧州金融機関への影響と銀行同盟の創設を始めとする銀行改革の行方」
    (金融構造研究会 2012)
もっと見る
学位 (2件):
  • 経済学修士 (九州大学大学院)
  • 京都大学博士(経済学) (京都大学)
委員歴 (1件):
  • 日本EU学会 理事
所属学会 (2件):
国際経済学会 ,  日本EU学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る