研究者
J-GLOBAL ID:200901013585092684   更新日: 2020年01月18日

関野 徹

セキノ トオル | SEKINO Tohru
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://www.sanken.osaka-u.ac.jp/labs/mmp/http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/e42f0835eff4789d4eb7930b6b9dbb13.html
研究分野 (3件): 機能物質化学 ,  構造・機能材料 ,  ナノ材料・ナノバイオサイエンス
研究キーワード (3件): ナノ材料 ,  複合材料 ,  高次構造機能
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • セラミックス/金属ナノ複合材料の開発及び特性評価に関する研究
  • 金属ナノ粒子分散セラミックス材料の複合化メカニズムのその場観察
  • 機能性セラミックスのナノ構造設計と制御
  • 酸化物ナノチューブの創製、構造機能改善とエネルギー・環境調和機能システムへの展開
  • 有機/無機ナノハイブリッドの設計・創製と構造機能チューニング
論文 (23件):
  • J. Y. Kim, T. Moro, J. Y. Kim, S. Yamanaka, I. Murayama, T. Katou, T. Nakayama, M. Takeda, N. Yamada, Y. Nishihata, T. Fukuda, H. Tanaka, T. Sekino, Y. H. Kim. Temperature stability of PIN-PMN-PT ternary ceramics during pyroelectric power generation. Journal of Alloys and Compounds. 2018
  • H. H. Nguyen, G. Gyawali, J. S. Hoon, T. Sekino, S. W. Lee. Cr-doped TiO2 nanotubes with a double-layer model: An effective way to improve the efficiency of dye-sensitized solar cells. Applied Surface Science. 2018
  • Y. K.Kshetri, J. S. Hoon, T.H. Kim, T. Sekino, S. W. Lee. Yb3+, Er3+ and Tm3+ doped α-Sialon as upconversion phosphor. Journal of Luminescence. 2018
  • T. Kusunose, A. Fujita, T. Sekino. Making insulating Al2O3 electrically conductive without loss of translucency using a small amount of ITO grain boundary phase. Scripta Materialia. 2019
  • Y. Zeng, Y. Yang, L. Chen, D. Yin, H. Zhang, Y. Tashiro, S. Inui, T. Kusumoto, H. Nishizaki, T. Sekino, J. Okazaki, S. Komasa. Optimized Surface Characteristics and Enhanced in Vivo Osseointegration of Alkali-Treated Titanium with Nanonetwork Structures. International Journal of Molecular Sciences. 2019
もっと見る
MISC (93件):
書籍 (8件):
  • これだけは知っておきたいファインセラミックスのすべて 第2版
    (社)日本セラミックス協会 編, 日刊工業新聞社 発行 2005
  • ナノコンポジットマテリアル -金属・セラミックス・ポリマー3大物質のナノコンポジット-
    フロンティア出版 2005
  • ナノマテリアル工学大系第1巻 ニューセラミックス・ガラス
    フジテクノシステムズ 2005
  • 有機・無機・金属ナノチューブ -非カーボンナノチューブ系の最新技術と応用展開-
    フロンティア出版 2008
  • Inorganic and Metallic Nanotubular Materials-Recent Technologies and Applications-
    Springer-Verlag 2009
もっと見る
Works (3件):
  • 環境調和型セラミックスナノ複合材料の開発と応用
    1999 -
  • セラミックナノコーティング材料技術の開発
    2001 -
  • 原子・分子及びナノレベルで構造制御した材料の開発
    2001 -
学歴 (2件):
  • - 1988 東北大学 工学部 応用化学科
  • - 1991 東北大学 工学研究科 材料化学専攻
学位 (1件):
  • 博士(工学) (大阪大学)
経歴 (4件):
  • 1990 - 1997 大阪大学産業科学研究所 助手
  • 1997 - 2007 大阪大学産業科学研究所 助教授
  • 2007/11 - 2014/03 東北大学多元物質科学研究所 准教授
  • 2014/04 - 大阪大学産業科学研究所 教授
委員歴 (1件):
  • 2005 - (社)日本セラミックス協会 セラミックス誌編集委員
受賞 (3件):
  • 2004 - 第42回粉体粉末冶金協会 研究進歩賞
  • 1997 - 粉体粉末冶金協会 第21回 研究進歩賞
  • 1996 - 社団法人高温学会論文賞
所属学会 (7件):
日本セラミックス協会 ,  The American Ceramic Society ,  日本金属学会 ,  日本化学会 ,  粉体粉末冶金協会 ,  Materials Reserach Society ,  ナノ学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る