研究者
J-GLOBAL ID:200901013621538171   更新日: 2022年08月03日

石井 優

イシイ マサル | Ishii Masaru
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (3件):
  • 大阪大学  大学院生命機能研究科 生命機能専攻   教授
  • 大阪大学  大学院医学系研究科 医学専攻   教授
  • 大阪大学  免疫学フロンティア研究センター   教授
ホームページURL (1件): http://www.icb.med.osaka-u.ac.jp/
研究分野 (7件): 膠原病、アレルギー内科学 ,  内科学一般 ,  免疫学 ,  医化学 ,  薬理学 ,  医療薬学 ,  生理学
研究キーワード (6件): シグナル伝達・骨吸収メカニズム・リウマチ膠原病の病因解明 ,  蛍光生体イメージングによる免疫動態解析 ,  pharmacology ,  in vivo imaging ,  immunology ,  osteobiology
競争的資金等の研究課題 (20件):
  • 2015 - 2020 動く1細胞の「意思」を読み取るin vivo網羅的動態・発現解析法の開発
  • 2016 - 2018 生体動態イメージングを基盤とした新しい免疫薬理学の確立
  • 2013 - 2015 バイオイメージングによる関節リウマチの病態解析とその新規評価法としての医療応用
  • 2011 - 2015 ARHGAPを標的としたがん細胞浸潤を抑制する新規治療法の開発
  • 2011 - 2015 次世代の生体イメージングによる慢性炎症マクロファージの機能的解明
全件表示
論文 (202件):
  • Ayako Narazaki, Reito Shimizu, Toshitada Yoshihara, Junichi Kikuta, Reiko Sakaguchi, Seiji Tobita, Yasuo Mori, Masaru Ishii, Keizo Nishikawa. Determination of the physiological range of oxygen tension in bone marrow monocytes using two-photon phosphorescence lifetime imaging microscopy. Scientific reports. 2022. 12. 1. 3497-3497
  • Maki Uenaka, Erika Yamashita, Junichi Kikuta, Akito Morimoto, Tomoka Ao, Hiroki Mizuno, Masayuki Furuya, Tetsuo Hasegawa, Hiroyuki Tsukazaki, Takao Sudo, et al. Osteoblast-derived vesicles induce a switch from bone-formation to bone-resorption in vivo. Nature communications. 2022. 13. 1. 1066-1066
  • Gota Yoshida, Tsuyoshi Kawabata, Hyota Takamatsu, Shotaro Saita, Shuhei Nakamura, Keizo Nishikawa, Mari Fujiwara, Yusuke Enokidani, Tadashi Yamamuro, Keisuke Tabata, et al. Degradation of the NOTCH intracellular domain by elevated autophagy in osteoblasts promotes osteoblast differentiation and alleviates osteoporosis. Autophagy. 2022. 1-10
  • Hiroyuki Tsukazaki, Junichi Kikuta, Tomoka Ao, Akito Morimoto, Chie Fukuda, Eisuke Tsuda, Masafumi Minoshima, Kazuya Kikuchi, Takashi Kaito, Masaru Ishii. Anti-Siglec-15 antibody suppresses bone resorption by inhibiting osteoclast multinucleation without attenuating bone formation. Bone. 2021. 152. 116095-116095
  • Keizo Nishikawa, Shigeto Seno, Toshitada Yoshihara, Ayako Narazaki, Yuki Sugiura, Reito Shimizu, Junichi Kikuta, Reiko Sakaguchi, Norio Suzuki, Norihiko Takeda, et al. Osteoclasts adapt to physioxia perturbation through DNA demethylation. EMBO reports. 2021. e53035
もっと見る
MISC (136件):
  • 松井崇浩, 石井優. 病理形態学の新技術・多光子励起顕微鏡を用いた病理診断. 病理と臨床. 2019. 37. 7. 609-616
  • 菊田 順一, 松浦 良信, 平野 亨, 熊ノ郷 淳, 石井 優. 生体骨イメージングによる生物学的製剤のin vivo作用機序の解明. 日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集. 2018. 46回. 104-104
  • 菊田 順一, 松浦 良信, 平野 亨, 熊ノ郷 淳, 石井 優. 生体骨イメージングによる生物学的製剤のin vivo作用機序の解明. 日本臨床免疫学会総会プログラム・抄録集. 2018. 46回. 122-122
  • Yoshinobu Matsuura, Junichi Kikuta, Masaru Ishii. The effects of biologic agents on osteoclast lineage cells evaluated by intravital two-photon microscopy. CYTOKINE. 2017. 100. 111-112
  • 間下 以大, 深野 淳, 白崎 舞, 菊田 順一, 石井 優, 竹村 治雄. Global Data Associationを用いたアメーバ状細胞の追跡手法 (情報論的学習理論と機械学習). 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報. 2017. 117. 110. 19-24
もっと見る
書籍 (1件):
  • G protein and effectors.
    Encyclopedia of Endocrine Diseases. Academic Press 2004
Works (1件):
  • G蛋白質制御蛋白質(RGS蛋白質)の阻害剤の開発と活性測定(米国ミシガン大学との国際共同研究)
    2005 -
学歴 (2件):
  • - 1998 大阪大学
  • - 1998 大阪大学 医学科
学位 (1件):
  • 博士(医学) (大阪大学)
経歴 (10件):
  • 2013/04 - 現在 大阪大学 大学院医学系研究科・生命機能研究科 教授
  • 2006 - 現在 : National Institute of Allergy and Infectious Diseases, National Institutes of Health (Maryland/USA), Visiting Researcher,
  • 2005 - 現在 : National Osaka-Minami Medical Center (Osaka/Japan), Principal Investigator,
  • 2011/04 - 2013/03 大阪大学 免疫学フロンティア研究センター 特任教授(常勤)
  • 2009/04 - 2011/03 大阪大学 免疫学フロンティア研究センター 特任准教授(常勤)
全件表示
委員歴 (23件):
  • 2017/07 - 現在 日本骨代謝学会 理事
  • 2016 - 現在 : 日本臨床免疫学会 評議員
  • 2016 - 現在 : 日本炎症・再生医学会 常務理事(学術担当)
  • 2016 - 現在 日本臨床免疫学会 評議員
  • 2016 - 現在 日本炎症・再生医学会 常務理事(学術担当)
全件表示
受賞 (21件):
  • 2014/12 - 日本学術振興会 第11回・日本学術振興会賞
  • 2013/11 - 日本医師会 平成25年度日本医師会・医学研究奨励賞
  • 2013/05 - 日本骨代謝学会 学術賞
  • 2011/12 - 長寿科学振興財団 若手研究者表彰事業・会長賞
  • 2010/11 - 病態代謝研究会 第41回・最優秀理事長賞
全件表示
所属学会 (13件):
Japanese College of Rheumatology ,  Japanese Society of Physiology ,  Japanese Society of Pharmacology ,  Japanese Society of Allergology ,  Japanese Society of Internal Medicine ,  Japanese Society of Biochemistry ,  Biophysical Society ,  日本リウマチ学会 ,  Biophysical Society ,  日本アレルギー学会 ,  日本内科学会 ,  日本生化学会 ,  日本薬理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る