研究者
J-GLOBAL ID:200901013665615530   更新日: 2020年05月27日

栁井 徳磨

ヤナイ トクマ | Yanai Tokuma
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (1件): http://tokumayanai.wixsite.com/mysite
研究キーワード (5件): ウイルス学 ,  霊長類病理学 ,  野生動物学 ,  感染症 ,  病理学
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2009 - 2010 小動物の外科病理における診断
  • 2007 - 2008 小動物の外科病理における診断
  • 2006 - 2007 野生カワウ各種臓器の病理組織学的調査
  • 2006 - 2006 小動物の外科病理における診断
  • 2005 - 2005 小動物の外科病理における診断
論文 (86件):
  • Hirata A, Miyamoto Y, Kaneko A, Sakai H, Yoshizaki K, Yanai T, Miyabe-Nishiwaki T, Suzuki J. Hepatic neuroendocrine carcinoma in a Japanese macaque (Macaca fuscata). Journal of medical primatology. 2019. 48. 2. 137-140
  • Al-Ebshahy E, Abdel-Sabour M, Abas O, Yanai T. Protection conferred by a vaccine derived from an inactivated Egyptian variant of infectious bronchitis virus: a challenge experiment. Tropical animal health and production. 2019
  • Haridy Mohie, Goryo Masanobu, El-Neweshy Mahmoud, Yanai Tokuma. Visceral lymphomas due to co-infection of Marek's disease virus-avian leukosis virus A-E in Japanese silkie fowl. JAPANESE JOURNAL OF VETERINARY RESEARCH. 2019. 67. 1. 41-50
  • Saito K, Haridy M, Abdo W, El-Morsey A, Kasem S, Watanabe Y, Yanai T. Poxvirus infection in a Steller's sea eagle (Haliaeetus pelagicus). The Journal of veterinary medical science. 2019. 81. 2. 338-342
  • Goto M, Owaki K, Hirata A, Yanai T, Sakai H. Tumour necrosis factor-related apoptosis-inducing ligand induces apoptosis in canine hemangiosarcoma cells in vitro. Veterinary and comparative oncology. 2019
もっと見る
MISC (52件):
もっと見る
書籍 (4件):
  • 非定型抗酸菌症
    (社)予防衛生協会 2011
  • サル免疫不全ウイルス感染症
    (社)予防衛生協会 2011
  • Bウイルス感染症
    (社)予防衛生協会 2011
  • Equine Herpesvirus 9 (EHV-9)-induced encephalitis in non-human primates.
    InTech 2011 ISBN:9789533077208
講演・口頭発表等 (26件):
  • Aspergillosis in wild and captive birds in Japan
    (2009)
  • Parasitic Gastritis Caused by Enstrongyloides sp(Eustrongylidosis) in a Common Cormorant
    (The 3rd International Meeting on Asian Zoo/Wildlife Medicine and Conservation 2008)
  • Comparative Study on Cerebral Vasculor Mineralizationin Macaque and Human Brains
    (The 3rd International Meeting on Asian Zoo/Wildlife Medicine and Conservation 2008)
  • 野外および飼育下ニホンライチョウにおける背景病変
    (第143回日本獣医学会 2007)
  • Genetical and Biological Characteristics of Gastric Cryotosporidium spp.
    (11th International Congress of Parasitology 2006)
もっと見る
経歴 (5件):
  • 2019/04 - 現在 岡山理科大学 教授
  • 2007/11 - 2019/03 岐阜大学 応用生物科学部 教授
  • 1992/03 - 2004/03 岐阜大学 教授
  • 1997/07 - 1999/07 ハーバード大学医学部 客員准教授
  • 1980/04/01 - 1992/03/31 三共株式会社
受賞 (2件):
  • 2006/03/19 - 第141回日本獣医学会学術集会ベストプレゼンテーション賞
  • 1992/03/01 - 望月喜多司記念奨励賞
所属学会 (3件):
サル類の疾病と病理のための研究会 ,  岐山毒性病理研究会 ,  野生動物医学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る