研究者
J-GLOBAL ID:200901013816469620   更新日: 2021年04月09日

稲田 亮史

イナダ リョウジ | Inada Ryoji
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (2件): http://www.tut.ac.jp/university/faculty/ee/141.htmlhttp://www.tut.ac.jp/teach/main.php?mode=detail&article=141
研究分野 (6件): エネルギー化学 ,  電子デバイス、電子機器 ,  無機材料、物性 ,  計測工学 ,  電気電子材料工学 ,  電力工学
研究キーワード (5件): 電池 ,  超伝導 ,  非破壊計測 ,  リチウムイオン電池 ,  Electrical and Electronic Engineering
競争的資金等の研究課題 (36件):
  • 2020 - 2023 通電焼結プロセスによる全固体ナトリウム二次電池用層状構造酸化物固体電解質の創製
  • 2021 - 2022 通電焼結を用いたナトリウムイオン伝導性酸化物の高密度成型と全固体二次電池への適用
  • 2019 - 2022 金属リチウムを負極とする全固体電池の長寿命化を実現する積層型固体電解質の創製
  • 2020 - 2021 通電焼結プロセスによる層状構造ナトリウムイオン伝導性酸化物固体電解質の開発
  • 2017 - 2020 衝撃固化現象を利用した酸化物全固体電池用活物質-固体電解質コンポジット電極の創製
全件表示
論文 (122件):
  • 稲田亮史. 二次電池用セラミックス材料の薄膜・厚膜化技術へのAD法の適用検討. 日本表面真空学会 スパッタリングおよびプラズマプロセス技術部会 第166回定例研究会 講演予稿集. 2021. 28-37
  • Yoshiaki Murata, Ryoji Inada, Yoji Sakurai. Electrolyte Dependency on Ca2+ Insertion and Extraction Properties of V2O5. Journal of The Electrochemical Society. 2021. 168. 2. 020528
  • Akihiro Itaya, Kazuki Yamamoto, Ryoji Inada, Yoji Sakurai. Effect of excess Na contents in precursor on the property of Na2Zn2TeO6 ceramic solid electrolyte. Materials Letters. 2021. 284. 128941
  • Ryoji Inada, Atsuto Takeda, Yusuke Yamazaki, Shotaro Miyake, Yoji Sakurai, Venkataraman Thangadurai. Effect of Postannealing on the Properties of a Ta-Doped Li7La3Zr2O12 Solid Electrolyte Degraded by Li Dendrite Penetration. ACS Applied Energy Materials. 2020. 3. 12. 12517-12524
  • Hiromasa Hosokawa, Atsuto Takeda, Ryoji Inada, Yoji Sakurai. Tolerance for Li dendrite penetration in Ta-doped Li7La3Zr2O12 solid electrolytes sintered with Li2.3C0.7B0.3O3 additive. Materials Letters. 2020. 279. 128481
もっと見る
MISC (19件):
  • 櫻井庸司, 稲田亮史. 新しい電池技術の研究開発. 国立大学法人 豊橋技術科学大学 未来ビークルシティリサーチセンター -スマート未来ビークルシティ事業- 令和2年度研究成果報告書. 2021. 27-28
  • 櫻井庸司, 稲田亮史. 新しい電池技術の研究開発. 国立大学法人 豊橋技術科学大学 未来ビークルシティリサーチセンター -スマート未来ビークルシティ事業- 令和1年度研究成果報告書. 2020. 19-20
  • 稲田亮史. Progress Towards the Realization of Advanced Higher Capacity Li-ion Batteries. TUT Research. 2019. 19
  • 櫻井庸司, 稲田亮史, 東城友都. 新しい電池技術の研究開発. 国立大学法人 豊橋技術科学大学 未来ビークルシティリサーチセンター -スマート未来ビークルシティ事業- 平成30年度研究成果報告書. 2019. 27-28
  • 稲田亮史. Challenges for the development of oxide-based all-solid-state batteries. TUT Research. 2018. 15
もっと見る
書籍 (3件):
  • ポストリチウムに向けた革新的二次電池の材料開発
    エヌ・ティー・エス 2018
  • 次世代電池用電極材料の高エネルギー密度、高出力化
    技術情報協会 2017 ISBN:9784861046858
  • Research, Fabrication and Applications of Bi-2223 HTS Wires
    World Scientific Publishing Co Pte Ltd 2016 ISBN:9789814749251
講演・口頭発表等 (471件):
  • 二次電池用セラミックス材料の薄膜・厚膜化技術へのAD法の適用検討
    (日本表面真空学会 スパッタリングおよびプラズマプロセス技術部会 第166回定例研究会 2021)
  • カルシウムイオン電池用MV<sub>3</sub>O<sub>8</sub> (M = Li, Na, K, NH<sub>4</sub>) 正極の比較検討
    (2020年度日本セラミックス協会東海支部学術研究発表会 2020)
  • カルシウムイオン電池用CaV<sub>6</sub>O<sub>16</sub>・3H<sub>2</sub>O正極の電気化学特性評価
    (2020年度日本セラミックス協会東海支部学術研究発表会 2020)
  • カルシウムイオン電池用V<sub>3</sub>O<sub>7</sub>正極の電気化学特性評価
    (2020年度日本セラミックス協会東海支部学術研究発表会 2020)
  • リチウムイオン電池用モリブデンーニオブ複酸化物負極材料の劣化解析
    (2020年度日本セラミックス協会東海支部学術研究発表会 2020)
もっと見る
学歴 (6件):
  • 1999 - 2001 豊橋技術科学大学 電子・情報工学専攻
  • - 2001 豊橋技術科学大学
  • 1997 - 1999 豊橋技術科学大学 電気・電子工学専攻
  • 1995 - 1997 豊橋技術科学大学 電気・電子工学課程
  • - 1997 豊橋技術科学大学
全件表示
学位 (1件):
  • 博士(工学) (豊橋技術科学大学)
経歴 (7件):
  • 2011/04 - 現在 豊橋技術科学大学 大学院工学研究科 電気・電子情報工学系 准教授
  • 2019/05 - 2019/11 カルガリー大学 理学部化学科 客員教授
  • 2017/04 - 2018/03 内閣府 科学技術・イノベーション担当 上席科学技術政策フェロー
  • 2010/04 - 2011/03 豊橋技術科学大学 大学院工学研究科 電気・電子情報工学系 助教
  • 2007/04 - 2010/03 豊橋技術科学大学 工学部 電気・電子工学系 助教
全件表示
委員歴 (11件):
  • 2020/06 - 現在 Frontiers Guest Associated Editor for the Special Issue in Frontiers in Energy Research "Interface Design and Microstructural Engineering Toward High Energy Density Solid-state Batteries"
  • 2020/04 - 現在 電気学会東海支部 活動推進員
  • 2019/11 - 現在 第61回電池討論会実行委員会 実行委員
  • 2018/10 - 現在 MDPI Guest Editor for Special Issue in Materials "Oxide-based All-solid-state Lithium-ion Batteries"
  • 2019/09 - 2020/03 電気化学会第87回大会実行委員会 実行委員
全件表示
受賞 (11件):
  • 2018/12 - 公益社団法人 日本セラミックス協会東海支部 2018年度日本セラミックス協会東海支部学術研究発表会 優秀講演賞 エアロゾルデポジション法による酸化物固体電解質を用いた電極複合体の作製と評価
  • 2016/11 - The IRAGO Conference 2016 Best Presentation Award at the Graduate Student Session A fundamental study on carbon composites of FeF<sub>3</sub>·0.33H<sub>2</sub>O as open-framework cathode materials for calcium-ion batteries
  • 2016/09 - 公益社団法人 日本セラミックス協会 第28回日本セラミックス協会秋季シンポジウム(エネルギー変換・貯蔵セラミックス材料・デバイスの新展開)ベストプレゼンテーション賞 ガーネット型酸化物固体電解質Li<sub>6.5</sub>La<sub>3-x</sub>Ba<sub>x</sub>Zr<sub>1.5-x</sub>Ta<sub>x</sub>O<sub>12</sub>の合成および特性
  • 2013/09 - 公益社団法人 日本セラミックス協会 エアロゾルデポジション法によるLiMn<sub>2</sub>O<sub>4</sub>厚膜の作製と特性評価 第26回日本セラミックス協会秋季シンポジウム特定セッション(エネルギー変換・貯蔵セラミックス材料・デバイスの新展開)ベストポスター発表賞
  • 2010/09 - Chinese Materials Research Society Excellent Paper Award for Young Scientists (IUMRS-ICA 2010) A progress in Reducing AC Magnetization Loss of Bi2223 Tapes by Introducing Interfilamentary Oxide Barriers
全件表示
所属学会 (10件):
日本セラミックス協会 ,  Material Research Society ,  電気化学会 ,  応用物理学会 ,  電気学会 ,  低温工学・超電導学会 ,  Material Research Society ,  The Institute of Electrical Engineers of Japan ,  The Institute of Cryogenic Engineering ,  米国電気化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る