研究者
J-GLOBAL ID:200901013868560781   更新日: 2020年05月29日

田中 克己

タナカ カツミ | Tanaka Katsumi
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 形成外科学
研究キーワード (5件): 形成外科 ,  創傷治癒 ,  マイクロサージャリー ,  手外科 ,  再建外科
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2006 - 2008 生体内の種々の条件に対応した微小血管再生と分子発現・調節
  • 2005 - 2006 ケロイド治療に向けた間葉系幹細胞を介した表皮-間葉相関の分子生物学的機構解析
  • 2004 - 2006 成体幹細胞及び血管内皮前駆細胞を用いた骨新生・至適骨再生と分子生物学的機構解析
  • 2002 - 2004 皮弁における受容体型チロシンキナーゼの発現と遺伝子治療
  • 2000 - 2002 皮弁最適化の分子生物学的アプローチ
全件表示
論文 (13件):
  • Saijo H, Suzuki K, Yoshimoto H, Imamura Y, Yamashita S, Tanaka K. Paracrine Effects of Adipose-Derived Stem Cells Promote Lymphangiogenesis in Irradiated Lymphatic Endothelial Cells. Plastic and reconstructive surgery. 2019. 143. 6. 1189e-1200e
  • de Kerckhove M, Tanaka K, Umehara T, Okamoto M, Kanematsu S, Hayashi H, Yano H, Nishiura S, Tooyama S, Matsubayashi Y, Komatsu T, Park S, Okada Y, Takahashi R, Kawano Y, Hanawa T, Iwasaki K, Nozaki T, Torigoe H, Ikematsu K, Suzuki Y, Tanaka K, Martin P, Shimokawa I, Mori R. Targeting miR-223 in neutrophils enhances the clearance of Staphylococcus aureus in infected wounds. EMBO molecular medicine. 2018. 10. 10
  • Yanagi H, Terashi H, Takahashi Y, Okabe K, Tanaka K, Kimura C, Ohura N, Goto T, Hashimoto I, Noguchi M, Sasayama J, Shimada K, Sugai A, Tanba M, Nakayama T, Tsuboi R, Sugama J, Sanada H. The Japanese registry for surgery of ischial pressure ulcers: STANDARDS-I. Journal of wound care. 2018. 27. 3. 174-183
  • Nakashima S, Yamanashi H, Komiya S, Tanaka K, Maeda T. Prevalence of pressure injuries in Japanese older people: A population-based cross-sectional study. PloS one. 2018. 13. 6. e0198073
  • Sakamoto H, Itonaga H, Sawayama Y, Taguchi J, Saijo T, Kuwatsuka S, Hashisako M, Kinoshita N, Oishi M, Doi H, Kosai K, Nishimoto K, Tanaka K, Yanagihara K, Mukae H, Izumikawa K, Miyazaki Y. Primary Oral Mucormycosis Due to Rhizopus microsporus after Allogeneic Stem Cell Transplantation. Internal medicine (Tokyo, Japan). 2018. 57. 17. 2567-2571
もっと見る
MISC (126件):
  • 田中 克己. 【STEP by STEPの写真と図で理解する 手指の外傷治療】手指熱傷における植皮術と皮弁術. PEPARS. 2020. 158. 106-116
  • 松尾 優実, 樫山 和也, 今村 禎伸, 田中 克己, 矢野 浩規. 頭蓋骨早期癒合による後頭部斜頭に対して骨延長を施行した1例. 日本形成外科学会会誌. 2020. 40. 1. 43-43
  • 岩尾 敦彦, 田中 克己, 葉石 慎也, 大石 正雄. 神経障害性疼痛に対する神経再生誘導チューブ(ナーブリッジ)の使用経験. 日本手外科学会雑誌. 2020. 36. 4. 529-532
  • 林 莉理, 樫山 和也, 田中 克己, 矢野 浩規, 平野 明喜. 歌舞伎メーキャップ症候群に対する外科的治療の経験. 日本形成外科学会会誌. 2019. 39. 12. 632-632
  • 大城 由利恵, 今村 禎伸, 岩尾 敦彦, 樫山 和也, 田中 克己, 矢野 浩規. 下顎骨関節突起骨折に対してhigh perimandibular approachで整復固定した1例. 日本形成外科学会会誌. 2019. 39. 12. 634-634
もっと見る
書籍 (8件):
  • 形成外科治療手技全書 IV 先天異常
    克誠堂出版株式会社 2020
  • 標準形成外科学 第7版
    医学書院 2019
  • 形成外科治療手技全書V 腫瘍・母斑・血管奇形
    克誠堂出版株式会社 2018
  • 外科系医師が知っておくべき創傷治療のすべて
    南江堂 2017
  • 形成外科治療手技全書II 形成外科の基本手技2
    克誠堂出版株式会社 2017
もっと見る
Works (4件):
  • DDBをいかに早く治すか
    1993 -
  • 遊離組織移植による下肢悪性腫瘍切除後再建例の検討
    1993 -
  • 下顎角部切除とオトガイ高延長による下顎輪郭の再建
    1993 -
  • 手指再接着における骨髄内静脈還流の意義 -第2報:完全切断モデルにおける検討-
    1993 -
学歴 (1件):
  • - 1984 長崎大学 医学部
学位 (1件):
  • 医学博士
経歴 (13件):
  • 2015/11 - 現在 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科形成再建外科学 教授
  • 2008/04 - 2015/10 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科形成再建外科学 准教
  • 2003/11 - 2008/03 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科形成再建外科学 助教授
  • 1999/04 - 2003/11 長崎大学医学部形成外科 講師
  • 1992/10 - 1999/03 長崎大学医学部形成外科 助手
全件表示
委員歴 (18件):
  • 2019/11 - 現在 日本マイクロサージャリー学会 副理事長
  • 2019/05 - 現在 日本形成外科学会 監事
  • 2018/07 - 現在 日本創傷外科学会 理事
  • 2016/07 - 現在 日本創傷外科学会 評議員
  • 2016/02 - 現在 日本形成外科手術手技学会 理事
全件表示
所属学会 (6件):
日本手外科学会 ,  日本頭蓋顎顔面外科学会 ,  日本マイクロサージャリー学会 ,  日本熱傷学会 ,  国際形成外科学会 ,  日本形成外科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る