研究者
J-GLOBAL ID:200901013914775569   更新日: 2020年06月09日

宮坂 茂樹

ミヤサカ シゲキ | Miyasaka Shigeki
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 磁性、超伝導、強相関系
研究キーワード (9件): 強相関電子系 ,  超伝導 ,  量子臨界現象 ,  磁性 ,  輸送現象 ,  赤外分光 ,  ラマン分光 ,  光電子分光 ,  X線回折
競争的資金等の研究課題 (13件):
  • 2018 - 2019 層状・3次元遷移金属化合物のスピン軌道相互作用由来の異常電子相制御と新規物性探索
  • 2016 - 2017 遷移金属硫化物、砒化物の電子相関とスピン-軌道相互作用の制御による異常物性の探索
  • 2012 - 2014 銅酸化物高温超伝導体の擬ギャップと超伝導ギャップ
  • 2012 - 2014 一次元三角格子系の電荷・軌道自由度の制御と新奇量子臨界相の創製と異常物性の開拓
  • 2008 - 2011 遷移金属ニクタイド系超伝導体の開発と物性研究
全件表示
論文 (62件):
  • T. Adachi, M. Nakajima, Y. Gallais, S. Miyasaka, S. Tajima. Superconducting gap and nematic resonance at the quantum critical point observed by Raman scattering in BaFe2(As1-xPx)2. Physical Review B. 2020. 101. 08. 085102-1-085102-6
  • H. Suzuki, T. Kobayashi, S. Miyasaka, K. Okazaki, T. Yoshida, M. Horio, L. C. C, Ambolode II, Y. Ota, H. Yamamoto, S. Shin, M. Hashimoto, D. H. Lu, Z.-X. Shen, S. Tajima, A. Fujimori. Band-dependent superconducting gap in SrFe2(As0.65P0.35)2 studied by angle-resolved photoemission spectroscopy. Scientific Reports. 2019. 9. 16418
  • G. Vincini, S. Tajima, S. Miyasaka, K. Tanaka. Multilayer Effects in the Superconducting Cuprates. Superconductor Science and Technology. 2019. 32. 113001
  • F. Sakano, K. Nakamura, T. Kouchi, T. Shiota, F. Engetsu, K. Suzuki, R. Horikawa, M. Yashima, S. Miyasaka, S. Tajima, A. Iyo, Y. -F. Guo, K. Yamaura, E. Takayama-Muromachi, M. Yogi, H. Mukuda. High-Tc iron-phosphide superconductivity enhanced by reemergent antiferromagnetic spin fluctuations in (Sr4Sc2O6)Fe2(As1-xPx)2 probed by NMR. Physical Review B. 2019. 100. 09. 094509
  • T. Adachi, S. Ideta, Z. H. Tin, H. Usui, K. Tanaka, S. Miyasaka, S. Tajima. Electron structure of Sr1-yCayFe2(As1-xPx)2 (x=0.25, y=0.08) revealed by angle-resolved photoemission spectroscopy. Journal of the Physical Society of Japan. 2019. 88. 08. 084701
もっと見る
MISC (30件):
  • 椋田秀和, 宮坂 茂樹, 田島 節子. 複数の電子軌道が絡んだ多重スピン揺らぎが生み出す鉄系超伝導. 固体物理(2017年1月発行, 第52巻, 23-30頁). 2017
  • 小林達也, 宮坂茂樹, 田島節子, 筑本知子, 中尾裕則, 熊井玲児, 村上洋一. SrFe2(As,P)2におけるアニール効果. 日本物理学会講演概要集. 2013. 68. 1. 664
  • 逸見和宏, 佐々木直哉, 福田龍一郎, 宮坂茂樹, 田島節子, 本多史憲, 竹内徹也, 大貫惇睦, 中尾裕則, 熊井玲児, 村上洋一. (La0.254Y0.746)1-xAxVO3(A=Ca,Sr)における2次元,3次元スピンゆらぎに伴う臨界異常. 日本物理学会講演概要集. 2013. 68. 1. 678
  • 佐々木直哉, 逸見和宏, 福田龍一郎, 宮坂茂樹, 田島節子, 中尾裕則, 熊井玲児, 村上洋一. Rサイト平均イオン半径が同じR1-xCaxVO3におけるモット転移近傍の異なる量子臨床現象. 日本物理学会講演概要集. 2013. 68. 1. 678
  • 逸見和宏, 佐々木直哉, 福田龍一郎, 宮坂茂樹, 田島節子, 本多史憲, 竹内徹也, 大貫惇睦, 山崎裕一, 中尾裕則, 熊井玲児, 村上洋一. 3次元ペロブスカイト(La0.254Y0.746)1-xCaxVO3におけるモット転移近傍の2次元的量子臨界現象. 日本物理学会講演概要集. 2012. 67. 2. 498
もっと見る
特許 (1件):
  • 酸化ガリウム鉄混晶の結晶製造方法
講演・口頭発表等 (82件):
  • Global phase diagram of 1111-type iron-based superconductor RFeAs1-x(P/Sb)xO1-y(F,H)y (R=La and Nd) with various parameters of local crystal structure and electron doping level
    (The International Conference on Strongly Correlated Electron Systems (SCES2019) 2019)
  • ラマン散乱分光による鉄系超伝導体のネマティック量子臨界点の研究
    (高温超伝導フォーラム 2019)
  • Three superconducting phases of 1111-type iron-based superconductor RFeAs1-xPnxO1-y(F,H)y (R=La and Nd, Pn=P and Sb)
    (CM Seminar, The University of British Colombia 2019)
  • Nematic fluctuation and nematic resonance in iron based superconductor via Raman scattering spectroscopy
    (Superstripes 2017, Ischia 2019)
  • Nematic fluctuation and resonance in iron pnictide BaFe2(As,P)2
    (Spectroscopy in novel superconductivity (SNS2019) 2019)
もっと見る
Works (4件):
  • 鉄系超伝導体の超伝導機構解明
    2008 - 現在
  • 低次元遷移金属化合物における量子臨界性の相制御と臨界点近傍の新規異常物性の開拓
    2007 - 現在
  • ペロブスカイト酸化物の軌道制御と臨界現象
    2006 - 現在
  • 銅酸化物高温超伝導体の異常電荷応答
    2006 - 現在
学位 (1件):
  • 博士(工学) (東京大学)
経歴 (5件):
  • 2007/04 - 現在 大阪大学大学院理学研究科物理学専攻 准教授
  • 2006/05 - 2007/03 大阪大学大学院理学研究科物理学専攻 助教授
  • 2002/04 - 2006/04 東京大学大学院工学系研究科物理工学専攻 助手
  • 1999/04 - 2002/03 アトムテクノロジー研究体(JRCAT) JRCATフェロー
  • 1996/04 - 1999/03 日本学術振興会 特別研究員
所属学会 (2件):
日本物理学会 ,  APS
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る