研究者
J-GLOBAL ID:200901013980322613   更新日: 2020年04月01日

菅野 公二

スガノ コウジ | Sugano Koji
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://www.research.kobe-u.ac.jp/eng-isonolab/
研究分野 (2件): ナノ構造物理 ,  ナノ構造化学
研究キーワード (6件): セルフアセンブル ,  ナノ粒子 ,  マイクロリアクタ ,  マイクロ流体デバイス ,  ナノ・マイクロファブリケーション ,  MEMS
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2018 - 2021 表面増強ラマン分光を用いた次世代DNAシーケンシング基盤技術
  • 2018 - 2021 半導体ナノ細線の弾性歪み誘起電気伝導特性に対する表面電位の関与解明
  • 2015 - 2018 MEMS援用弾性歪み工学による半導体ナノ細線の応力誘起電子伝導特性評価
  • 2015 - 2018 1分子検出高感度表面増強ラマン分光による多成分化学分析技術
  • 2012 - 2015 単分子架橋ナノ粒子二量体配列による単分子表面増強ラマン分光
全件表示
論文 (58件):
  • Shinya Nakata, Akio Uesugi, Koji Sugano, Francesca Rossi, Giancarlo Salviati, Alois Lugstein, Yoshitada Isono. Strain engineering of core-shell silicon carbide nanowires for mechanical and piezoresistive characterizations. Nanotechnology. 2019. 30. 26. 265702
  • 土屋智由, 鈴木淳也, 片岡達哉, 平井義和, 菅野公二, 田畑修. 単層カーボンナノチューブのMEMS引張試験における顕微ラマン分光によるひずみ計測. 実験力学. 2019. 19. 1. 24-29
  • Koji Sugano. Nanotemplate-guided self-assembly of gold nanoparticles and its application to plasmonic bio/chemical sensing. International Journal of Automation Technology. 2018. 12. 1. 79-86
  • Kenji Osaka, Satoshi Nakata, Kensuku Yamamoto, Takao Toyoda, Koji Sugano, Yoshitada Isono. A Novel 3-axis Tiny Tactile Sensor Developed by 3-D Microstructuring using Punch Creep Forming Process. The 31st IEEE International Conference on Micro Electro Mechanical Systems (MEMS2018). 2018. 1036-1039
  • Koji Sugano, Kiyohito Aiba, Kohei Ikegami, Yoshitada Isono. Single-molecule surface-enhanced Raman spectroscopy of 4,4'-bipyridine on a prefabricated substrate with directionally arrayed gold nanoparticle dimers. Japanese Journal of Applied Physics. 2017. 56. 6S1. 06GK01
もっと見る
MISC (145件):
  • 菅野 公二. プラズモニック構造のバイオ・ケミカルセンシング応用. 電気学会誌. 2017. 137. 6. 354-357
  • 菅野 公二, 松井 大門, 土屋 智由, 田畑 修. 金ナノ粒子二量体の規則的配列構造による高感度表面増強ラマン分光. 第31回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム. 2014. 20pm1-B1
  • 菅野公二, 松井大門, 土屋智由, 田畑修. 一方向に配列した金ナノ粒子二量体構造の表面増強ラマン分光特性評価. 平成26年度電気学会センサ・マイクロマシン部門総合研究会(マイクロマシン・センサシステム研究会), 電気学会. 2014. MSS-14-011
  • 中野篤, 平井義和, 菅野公二, 土屋智由, 田畑修. 静電容量型SOI3軸加速度センサの角速度横感度. 第30回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム, 電気学会. 2013. 6PM3-PSS-058
  • 上杉晃生, 平井義和, 菅野公二, 土屋智由, 田畑修. (100)及び(110)単結晶シリコンにおける引張強度の結晶方位依存性. 日本機械学会2013年度年次大会, 日本機械学会. 2013. J211013
もっと見る
講演・口頭発表等 (60件):
  • Surface-Enhanced Raman Spectroscopy of DNA Bases Using Gold Nanoparticle Dimer Array
    (31st International Microprocesses and Nanotechnology Conference (MNC2018) 2018)
  • Development of 3D Formed Tactile Sensor by High Temperature Punch Creep Forming Technique
    (31st International Microprocesses and Nanotechnology Conference (MNC2018) 2018)
  • VLS成長SiNW単体に対する熱電変換特性評価
    (第35回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム 2018)
  • Si薄膜被覆金ナノグレーティング構造の近赤外域光吸収スペクトル偏光依存性
    (第35回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム 2018)
  • 単結晶シリコン薄膜の高温パンチクリープ成形による極小3軸力覚センサの開発
    (日本材料学会マルチスケール材料力学シンポジウム 2018)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2001 - 2003 立命館大学 理工学研究科 総合理工学専攻
  • 1999 - 2001 立命館大学 理工学研究科 物質理工学専攻
経歴 (4件):
  • 2015/08 - 現在 神戸大学 准教授
  • 2013/04 - 2015/07 神戸大学 助教
  • 2007/04 - 2013/03 京都大学 大学院工学研究科 助教
  • 2003/10 - 2007/03 京都大学 大学院工学研究科 助手
受賞 (7件):
  • 2019/11 - 電気学会 第36回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム 優秀ポスター発表賞 光励起ナノギャップ電極を用いたDNAオリゴマーの光トラップおよび1分子検出
  • 2017/10 - 電気学会 第34回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム 奨励賞 単一金ナノ粒子二量体を用いた表面増強ラマン分光によるDNAオリゴマー1分子検出
  • 2017/01 - 電気学会 平成28年電気学会優秀論文発表(IEEJ Excellent Presentation Award) 金ナノ粒子二量体配列を用いたDNA塩基の高感度・高速表面増強ラマン分光
  • 2016/10 - 電気学会 第33回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム 優秀技術論文賞 金ナノロッド構造を用いた光熱変換によるレーザ波長計測マイクロ振動子デバイス
  • 2015/10 - 電気学会 第32回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム 優秀ポスター賞 金ナノ粒子二量体配列を用いたDNA 塩基の表面増強ラマン分光
全件表示
所属学会 (5件):
粉体工学会 ,  (社)日本機械学会 ,  エレクトロニクス実装学会 ,  電気学会 ,  IEEE
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る