研究者
J-GLOBAL ID:200901014099995008   更新日: 2016年08月04日

近藤 敏夫

コンドウ トシオ | KONDO Toshio
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://www.bukkyo-u.ac.jp/http://www.bukkyo-u.ac.jp/
研究分野 (1件): 社会学
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2005 - 質的研究のための調査方法の開発
  • 2006 - 外国人労働者の出入国状況および滞在資格の地域的推移
  • 生活史に関する研究
  • 社会学史研究
MISC (22件):
  • インタビュー調査の技法 -現象学的社会学の具体的応用. 佛大社会学. 2010. 34. 1-13
  • 質的研究における分析と解釈(I)-日記のデータベース化とコーディング-. 佛教大学社会学部論集. 2005. 41. 89-103
  • G.H.ミードの社会性概念. 社会学史研究. 1990. 12
  • 日系ブラジル人の家族構成と定住化傾向 -滋賀県長浜市2005年調査と2010年調査の比較. JICA横浜 海外移住資料館 研究紀要. 2011. vol.5. 45-59
  • 地域社会における日系ブラジル人の生活 -滋賀県長浜市における居住形態と今後の課題. 『人権と部落問題』. 2011. No.811. 29-37
もっと見る
書籍 (18件):
  • 部落行政と部落財政
    行人社 1990
  • (翻訳)G・H・ミード著『個人と社会的自我 社会心理学講義』
    いなほ書房 1990
  • (翻訳)G・H・ミード著『19世紀の思想動向 社会学思想史講義(上巻)』
    いなほ書房 1992
  • (翻訳)G.H.ミード著『世紀の思想動向:社会思想史講義(下巻)』
    いなほ書房 1994
  • (翻訳)新しい世紀の社会学中辞典
    ミネルヴァ書房 1996
もっと見る
講演・口頭発表等 (21件):
  • G.H.ミードの科学的方法その歴史的背景
    (関西社会学会 1987)
  • G.H.ミードの科学的方法 時間論の再構成
    (日本社会学会 1987)
  • G.H.ミードとプラグマティズム
    (関西社会学会 1988)
  • G.H.ミードの社会心理学
    (日本社会学会 1988)
  • G.H.ミードの社会性概念について
    (日本社会学史学会 1989)
もっと見る
Works (2件):
  • (書評)谷富夫編『ライフ・ヒストリーを学ぶ人のために』
    1996 -
  • (書評)新版 ライフヒストリーを学ぶ人のために
    2008 -
学歴 (2件):
  • - 1981 金沢大学 法文学部 哲学科
  • - 1986 金沢大学 文学研究科 哲学
学位 (1件):
  • 文学修士 (金沢大学 )
委員歴 (6件):
  • 1987/04 - 日本社会学会
  • 1989/04 - 日本社会学史学会
  • 2009/10 - 日本都市社会学会 編集委員
  • 1987/04 - 関西社会学会
  • 1992/04 - 解放社会学会
全件表示
所属学会 (6件):
日本社会学会 ,  日本社会学史学会 ,  日本都市社会学会 ,  関西社会学会 ,  解放社会学会 ,  関東社会学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る