研究者
J-GLOBAL ID:200901014154733816   更新日: 2020年06月09日

千田 隆夫

センダ タカオ | Senda Takao
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 医学系研究科  教授
研究分野 (5件): 解剖学 ,  代謝、内分泌学 ,  眼科学 ,  病態医化学 ,  解剖学
研究キーワード (33件): 形態学 ,  分泌 ,  がん抑制遺伝子 ,  カベオリン-1 ,  電気生理学的解析 ,  統合失調様行動異常 ,  MAP2C ,  樹状突起スパイン ,  グルコース刺激 ,  行動学的解析 ,  カルシウムイオン ,  顆粒運動 ,  β-カテニン ,  ミオシン ,  postsynaptic density ,  エキソサイトーシス ,  ICAT ,  分泌果粒 ,  クラスタリング ,  インスリン分泌 ,  MIN6細胞 ,  癌抑制遺伝子 ,  膜癒合 ,  分泌顆粒 ,  DAP-1 ,  インスリン顆粒 ,  シナプス ,  hDLG ,  カルモジュリン ,  微小管 ,  アポトーシス ,  PSD-95 ,  APC
競争的資金等の研究課題 (17件):
  • 2015 - 2018 APC蛋白質のC末端に由来する多彩な生理機能とその異常
  • 2015 - 2018 APC蛋白質のC末端に由来する多彩な生理機能とその異常
  • 2015 - 2017 APC蛋白質のC末端に由来する多彩な生理機能とその異常
  • 2012 - 2015 APC蛋白質の形態形成と細胞分化に対する新規機能の解明
  • 2012 - 2014 APC蛋白質の形態形成と細胞分化に対する新規機能の解明
全件表示
論文 (16件):
MISC (88件):
もっと見る
書籍 (17件):
  • 人体解剖カラーリングブック
    丸善 2008
  • 組織「NEXT栄養科学シリーズ 解剖生理学 第2版」
    講談社サイエンティフィク 2007
  • 腎臓研究「細胞・培地活用ハンドブック」
    羊土社 2007
  • トートラ解剖学
    丸善 2006
  • 培養細胞を形態観察するための試料調整法と蛍光抗体法「染色・バイオイメージング実験ハンドブック」
    羊土社 2006
もっと見る
Works (2件):
  • インスリン分泌機構に関する研究
    1994 -
  • APCがん抑制遺伝子に関する研究
    1992 -
学歴 (2件):
  • - 1986 大阪大学 医学研究科
  • - 1984 和歌山県立医科大学 医学部 医学科
学位 (1件):
  • 医学博士 (大阪大学)
経歴 (7件):
  • 2015 - 岐阜大学 教授
  • 1994 - 2000 名古屋大学医学部 助教授
  • 2000 - - 藤田保健衛生大学医学部 教授
  • 1991 - 1994 大阪大学
  • 1991 - 1994 大阪大学医学部 講師
全件表示
委員歴 (3件):
  • 2005 - 日本臨床分子形態学会 理事
  • 2000 - 日本解剖学会 評議員
  • 1992 - 日本顕微鏡学会 評議員
受賞 (5件):
  • 2011/09 - 日本組織細胞化学会論文賞
  • 2000 - 日本臨床電子顕微鏡学会奨励賞
  • 1999/09 - 日本臨床電子顕微鏡学会奨励賞
  • 1996 - 日本解剖学会奨励賞
  • 1993/06 - 日本生理学会優秀論文賞
所属学会 (4件):
日本臨床分子形態学会 ,  日本解剖学会 ,  日本癌学会 ,  日本顕微鏡学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る