研究者
J-GLOBAL ID:200901014212244880   更新日: 2020年06月09日

吉岡 充弘

ヨシオカ ミツヒロ | Yoshioka Mitsuhiro
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://hokudaineuropharmacol.com/http://hokudaineuropharmacol.com/
研究分野 (5件): 薬理学 ,  精神神経科学 ,  神経科学一般 ,  神経科学一般 ,  神経科学一般
研究キーワード (13件): セロトニン ,  ストレス ,  GABA ,  ドパミン ,  シナプス ,  クロストーク ,  モノアミン ,  縫線核 ,  発達 ,  海馬 ,  内側前頭前野 ,  行動神経科学・神経科学 ,  神経薬理学.神経化学
競争的資金等の研究課題 (26件):
  • 2011 - 2012 縫線核5-HT/GABA共存細胞の機能発達-幼若期ストレスとエピジェネティクス
  • 2009 - 2011 不安と衝動性の脳内神経機構の研究
  • 2008 - 2010 縫線核5-HT/GABA共存ニューロンの発現・発達に及ぼす幼若期ストレスの影響
  • 2007 - 2008 扁桃体を中心とした不安の脳内神経回路の研究
  • 2007 - 2008 脳機能発達の臨界期における神経可塑的変化を基盤としたストレス応答機構の解明
全件表示
論文 (26件):
もっと見る
MISC (80件):
  • 「アトルバスタチン10mg投与とプラバスタチン10mg投与による脂肪、リポ蛋白、アポ蛋白、およびリポ蛋白粒子プロファイルへの効果の比較検討」、. Progress in Medicine. 2004. 24. 11. 2779-2783
  • Subrina Jesmin, Hiroko Togashi, Ichiro Sakuma, Chishimba N. Mowa, Ken-ichi Ueno, Taku Yamaguchi, Mitsuhiro Yoshioka, and Akira Kitabatake: "Gonadal Hormones and Frontocortical Expression of Vascular Endothelial Growth Factor in Male Stroke-Prone, Spont・・・. 2004
  • Subrina Jesmin, Hiroko Togashi, Chishimba N. Mowa, Ken-ichi Ueno, Taku Yamaguchi, Akiko Shibayama, T. Miyauchi, Ichiro Sakuma, Mitsuhiro Yoshioka: "Characterization of regional cerebral blood flow and expression of angiogenic growth factors in the fro・・・. 2004
  • Subrina Jesmin, Ichiro Sakuma, Hiroko Togashi, Taku Yamaguchi, Ken-ichi Ueno, Mitsuhiro Yoshioka, Yuichi Hattori, Akira Kitabatake, and Takashi Miyauchi: "Altered Expression of Endothelin and its Receptors in the Brain of SHR-SP at Malignant Hypertensi・・・. 2004
  • Kaori Tachibana, Machiko Matsumoto, Hiroko Togashi, Taku Kojima, Yuji Morimoto, Osamu Kemmotsu, Mitsuhiro Yoshioka: "Milnacipran, a serotonin and noradrenaline reuptake inhyibitor, suppresses long-term potentiation in the rat hippocampal CA1 field via ・・・. 2004
もっと見る
特許 (2件):
書籍 (4件):
  • 系統看護学講座 専門基礎分野-疾病のなりたちと回復の促進3 薬理学
    医学書院 2017 ISBN:4260018140
  • Early Postnatal Stress and the Serotonergic System in the Brain
    Springer 2009
  • ストレスの科学
    (財)万有生命科学振興国際交流財団 2007
  • Nootropic drug therapy for cognitive impairment in an animal model of attention-deficit/ hyperactivity disorder.
    Nova Science Publishers 2005
学位 (1件):
  • 博士(医学) (北海道大学)
経歴 (5件):
  • 1998/04 - 2012 北海道大学医学研究科 教授
  • 1997/09 - 1998/03 同教授
  • 1991/06 - 1997/08 同助教授
  • 1989/07 - 1991/06 同講師
  • 1985/06 - 1989/06 北海道大学助手(医学部薬理学第一講座) 助手
受賞 (1件):
  • 1995/03 - 日本薬理学会 学術奨励賞
所属学会 (8件):
高血圧関連疾患モデル学会 ,  国際セロトニンクラブ ,  日本臨床薬理学会 ,  日本神経科学学会 ,  日本神経化学会 ,  日本神経精神薬理学会 ,  日本薬理学会 ,  米国薬理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る