研究者
J-GLOBAL ID:200901014501630704   更新日: 2020年08月31日

松本 太一

マツモト タイチ | Matsumoto Taichi
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (4件): 細胞生物学 ,  薬系衛生、生物化学 ,  腫瘍診断、治療学 ,  血液、腫瘍内科学
研究キーワード (4件): 抗がん剤耐性 ,  がん微小環境 ,  顆粒球コロニー刺激因子 ,  造血幹細胞移植
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2019 - 2021 造血幹細胞動員研究チーム
  • 2016 - 2017 ボルテゾミブがG-CSFによる造血幹細胞動員を最も促進する投与条件の解明
  • 2012 - 2015 サリドマイド耐性研究チーム
論文 (13件):
  • KOGA Kohei, MATSUZAKI Yu, MIGITA Keisuke, SHIMOYAMA Shuji, ETO Fumihiro, NAKAGAWA Tatsuki, MATSUMOTO Taichi, TERADA Kazuki, MISHIMA Ken-Ichi, FURUE Hidemasa, et al. Stimulating muscarinic M1 receptors in the anterior cingulate cortex reduces mechanical hypersensitivity via GABAergic transmission in nerve injury rats. Brain Research. 2019. 1704. 187-195
  • Kavita Bisht, Marion E. Brunck, Taichi Matsumoto, Crystal McGirr, Bianca Nowlan, Whitney Fleming, Thomas Keech, Graham Magor, Andrew C. Perkins, Julie Davies, et al. HIF prolyl hydroxylase inhibitor FG-4497 enhances mouse hematopoietic stem cell mobilization via VEGFR2/KDR. Blood Advances. 2019. 12. 3. 406-418
  • Kazuki Terada, Keisuke Migita, Yukari Matsushima, Yumi Sugimoto, Chiaki Kamei, Taichi Matsumoto, Masayoshi Mori, Kazuhisa Matsunaga, Jiro Takata, Yoshiharu Karube. Cholinesterase inhibitor rivastigmine enhances nerve growth factor-induced neurite outgrowth in PC12 cells via sigma-1 and sigma-2 receptors. PLOS ONE. 2018. 13. 12. e0209250
  • 右田 啓介, 松本 太一, 三島 健一, 原 周司. 部分的坐骨神経結紮モデルの前帯状皮質における抗過感受性効果におけるGABAB受容体の関与. Journal of Pharmacological Sciences. 2018. 137. 2. 233-236
  • Taichi Matsumoto, Shiro Jimi, Keisuke Migita, Yasushi Takamatsu, Shuuji Hara. Inhibition of glucose transporter 1 induces apoptosis and sensitizes multiple myeloma cells to conventional chemotherapeutic agents. LEUKEMIA RESEARCH. 2016. 41. 103-110
もっと見る
講演・口頭発表等 (12件):
  • ボルテゾミブがG-CSFによる造血幹細胞動員を促進するメカニズム
    (日本薬学会第139年会 2019)
  • ボルテゾミブがG-CSFによる造血幹細胞動員を促進するメカニズム
    (第41回造血細胞移植学会 2019)
  • A Highly Sensitive Determination of Lenalidomide in human Plasma by Liquid Chromatography with Fluorescence Detection
    (第12回日本臨床腫瘍学会学術 2014)
  • GLUT1選択的阻害薬STF-31の高リスク多発性骨髄腫に対する治療薬としての可能性
    (第39回日本骨髄腫学会学術集会 2014)
  • フルオラスイオンペア抽出によるヌクレオチド類の選択的分析
    (第31回九州分析化学若手の会 夏期セミナー 2013)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2007 - 2011 福岡大学
  • 2005 - 2007 福岡大学
  • 2000 - 2004 福岡大学 製薬化学科
学位 (1件):
  • 博士(医学) (福岡大学)
経歴 (1件):
  • 2009/10/01 - 福岡大学薬学部
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る