研究者
J-GLOBAL ID:200901014585072736   更新日: 2021年02月02日

渡辺 雅彦

ワタナベ マサヒコ | WATANABE Masahiko
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.hucc.hokudai.ac.jp/~e20704/
研究分野 (3件): 神経科学一般 ,  神経科学一般 ,  神経形態学
研究キーワード (35件): 包括脳ネットワーク・研究集会委員会 ,  包括脳ネットワーク・リソース・技術開発委員会 ,  包括脳ネットワーク・包括支援委員会・脳神経回路機能 ,  包括脳ネットワーク ,  統合脳・神経回路機能 ,  嗅神経被覆グリア ,  遺伝子欠損マウス ,  登上繊維 ,  錐体細胞 ,  ラット ,  GTP結合蛋白 ,  GluRδ2 ,  可塑性 ,  シナプス可塑性 ,  プルキン工細胞 ,  バーグマングリア ,  グルタミン酸トランスポーター ,  3PGDH ,  星状膠細胞 ,  海馬 ,  NMDA受容体 ,  NMDA受容体チャネル ,  グルタミン酸 ,  脳 ,  ノックアウトマウス ,  平行線維 ,  シナプス ,  登上線維 ,  免疫組織化学 ,  マウス ,  シナプス形成 ,  発達 ,  プルキンエ細胞 ,  小脳 ,  グルタミン酸受容体
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2016 - 2022 先端バイオイメージング支援プラットフォーム
  • 2012 - 2017 高次脳領域におけるシナプス伝達制御機構の分子形態学的研究
  • 2016 - 2017 マーモセット脳機能研究に最適化した経路選択的操作とその基盤となる 回路構造解析技術の開発
  • 2010 - 2015 包括型脳科学研究推進支援ネットワーク
  • 2005 - 2010 競合的シナプス回路成熟の構造基盤と分子基盤
全件表示
論文 (894件):
  • Toshikazu Kakizaki, Tomokazu Ohshiro, Makoto Itakura, Kohtarou Konno, Masahiko Watanabe, Hajime Mushiake, Yuchio Yanagawa. Rats deficient in the GAD65 isoform exhibit epilepsy and premature lethality. FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology. 2021. 35. 2. e21224
  • Marta Valle-León, Luis F Callado, Ester Aso, María M Cajiao-Manrique, Kristoffer Sahlholm, Marc López-Cano, Concepció Soler, Xavier Altafaj, Masahiko Watanabe, Sergi Ferré, et al. Decreased striatal adenosine A2A-dopamine D2 receptor heteromerization in schizophrenia. Neuropsychopharmacology : official publication of the American College of Neuropsychopharmacology. 2021. 46. 3. 665-672
  • Hajime Shiotani, Muneaki Miyata, Takeshi Kameyama, Kenji Mandai, Miwako Yamasaki, Masahiko Watanabe, Kiyohito Mizutani, Yoshimi Takai. Nectin-2α is localized at cholinergic neuron dendrites and regulates synapse formation in the medial habenula. The Journal of comparative neurology. 2021. 529. 2. 450-477
  • Shigeo Miyata, Toshikazu Kakizaki, Kazuyuki Fujihara, Hideru Obinata, Touko Hirano, Junichi Nakai, Mika Tanaka, Shigeyoshi Itohara, Masahiko Watanabe, Kenji F Tanaka, et al. Global knockdown of glutamate decarboxylase 67 elicits emotional abnormality in mice. Molecular brain. 2021. 14. 1. 5-5
  • Anussara Kamnate, Juthathip Sirisin, Yada Polsan, Surang Chomphoo, Masahiko Watanabe, Hisatake Kondo, Wiphawi Hipkaeo. In situ localization of diacylglycerol lipase α and β producing an endocannabinoid 2-arachidonoylglycerol and of cannabinoid receptor 1 in the primary oocytes of postnatal mice. Journal of anatomy. 2021
もっと見る
MISC (171件):
もっと見る
書籍 (27件):
  • 脳神経ペディア : 「解剖」と「機能」が見える・つながる事典 : カラー図解
    羊土社 2017 ISBN:9784758120821
  • マーティンカラー神経解剖学 : テキストとアトラス
    西村書店 2015 ISBN:9784890134601
  • 脳神経科学イラストレイテッド : 分子・細胞から実験技術まで
    羊土社 2013 ISBN:9784758120401
  • Neural circuit development and plasticity shaped by glutamate transporters. In: Molecular Imaging for Integrated Medical Therapy and Drug Development. (eds. Tamaki N, Kuge Y)
    Springer 2013
  • Synaptogenesis and synapse elimination. In: Handbook of the Cerebellum and Cerebellar Disorders. (eds, Manto M, Gruol DL, Schmahmann N, Koibuchi N, Rossi F)
    Springer 2013
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1984 - 1988 筑波大学
  • 1978 - 1984 東北大学 医学科
学位 (1件):
  • 博士(医学) (筑波大学)
経歴 (9件):
  • 2008 - 現在 北海道大学 医学(系)研究科(研究院) 教授
  • 2007 - 北海道大学 医学(系)研究科(研究院)・医学研究科・医学研究院・医学部 大学院・教授
  • 2006 - 北海道大学 医学(系)研究科(研究院)・大学院医学研究科・医学研究科 教授
  • 2005 - 北海道大学 医学(系)研究科(研究院)・医学研究科 大学院・教授
  • 2004 - 北海道大学 医学(系)研究科(研究院)・大学院医学研究科・医学研究科 大学院・教授
全件表示
受賞 (6件):
  • 2019/10 - 伊藤医薬学術交流財 伊藤太郎学術賞 グルタミン酸伝達系による神経回路発達の分子細胞基盤
  • 2015/07 - 日本神経科学学会 時実利彦記念賞 「神経活動依存的な 神経回路発達と回路機能発現に関する分子解剖学的研究」
  • 2015/03 - 北海道大学 北海道大学総長研究賞(優秀賞)
  • 2006/03 - 北海道大学医学研究科 北海道大学医学研究科優秀研究賞 「小脳シナプス回路網の競合的発達を制御する分子機構の解明」
  • 1996/04 - 日本解剖学会 日本解剖学会奨励賞 「中枢神経系の発達とNMDA型グルタミン酸受容体発現調節」
全件表示
所属学会 (3件):
米国神経科学学会 ,  日本神経科学学会 ,  日本解剖学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る