研究者
J-GLOBAL ID:200901014692987224   更新日: 2021年03月29日

溝口 博之

ミゾグチ ヒロユキ | Mizoguchi Hiroyuki
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 基盤脳科学
研究キーワード (1件): 精神行動薬理学
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2020 - 2023 ゲノム解析に基づく抗精神病薬の開発を指向した大脳基底核回路の神経薬理学的研究
  • 2019 - 2022 リスク志向な意思決定の神経基盤:行動・神経回路操作・計算論的手法によるアプローチ
  • 2019 - 2021 モデルベース行動選択試験によるギャンブル障害モデル動物の情報処理システムの解明
  • 2019 - 2021 不確実な状況下における報酬動機づけメカニズムとオレキシン神経活動
  • 2017 - 2019 オレキシン神経特異的機能操作による動機づけ神経回路の解明と意志力検証技術の開発
全件表示
論文 (96件):
  • Hada Kazuhiro, Wulaer Bolati, Nagai Taku, Itoh Norimichi, Sawahata Masahito, Sobue Akira, Mizoguchi Hiroyuki, Mori Daisuke, Kushima Itaru, Nabeshima Toshitaka, et al. Mice carrying a schizophrenia-associated mutation of the Arhgap10 gene are vulnerable to the effects of methamphetamine treatment on cognitive function: association with morphological abnormalities in striatal neurons. MOLECULAR BRAIN. 2021. 14. 1
  • Sobue Akira, Komine Okiru, Hara Yuichiro, Endo Fumito, Mizoguchi Hiroyuki, Watanabe Seiji, Murayama Shigeo, Saito Takashi, Saido Takaomi C, Sahara Naruhiko, et al. Microglial gene signature reveals loss of homeostatic microglia associated with neurodegeneration of Alzheimer's disease. ACTA NEUROPATHOLOGICA COMMUNICATIONS. 2021. 9. 1
  • Saifullah Md. Ali Bin, Komine Okiru, Dong Yutao, Fukumoto Kazuya, Sobue Akira, Endo Fumito, Saito Takashi, Saido Takaomi C, Yamanaka Koji, Mizoguchi Hiroyuki. Touchscreen-based location discrimination and paired associate learning tasks detect cognitive impairment at an early stage in an App knock-in mouse model of Alzheimer's disease. MOLECULAR BRAIN. 2020. 13. 1
  • Mizoguchi Hiroyuki, Yamada Kiyofumi. Methamphetamine use causes cognitive impairment and altered decision-making. NEUROCHEMISTRY INTERNATIONAL. 2019. 124. 106-113
  • Wang T, Fukumoto K, Mizoguchi H, Yamada K. AN OPERANT TASK FOR TESTING RISKY DECISION-MAKING IN MICE. ALCOHOLISM-CLINICAL AND EXPERIMENTAL RESEARCH. 2018. 42. 48A-48A
もっと見る
MISC (92件):
書籍 (2件):
  • XIX-N. 麻薬 ニュースタンダード整形外科学
    南江堂 2007
  • カプサイシン感受性知覚神経の小腸傷害に対する保護効果-インドメタシン誘起小腸傷害を中心に-胃粘膜防御機構におけるカプサイシン感受性知覚神経の役割-カプサイシンは薬か毒か
    医薬ジャーナル 1999
講演・口頭発表等 (95件):
  • タッチスクリーン式弁別課題を用いた認知機能解析システムの確立.
    (日本薬学会第138年会 2018)
  • リスク下の意思決定における島皮質GABA神経の役割.
    (日本アルコール・アディクション医学会学術総会 2017)
  • タッチスクリーン式弁別課題を用いた認知機能解析システムの確立.
    (次世代を担う創薬・医療管理シンポジウム 2017)
  • 島皮質GABA神経の機能操作は意思決定に影響する
    (次世代を担う創薬・医療管理シンポジウム 2017)
  • ナノボディおよびDARPinを利用したRFP-dependent Creの開発
    (第40回日本神経科学大会 2017)
もっと見る
Works (1件):
  • モノクロラミン誘起胃粘膜傷害に対するマレイン酸イルソグラジンの影響
    2000 -
学位 (2件):
  • 修士(薬学) (京都薬科大学)
  • 博士(医学) (名古屋大学)
経歴 (8件):
  • 2020/08/01 - 現在 名古屋大学 医学部附属病院 薬剤部/医学部附属病院 准教授
  • 2016/07/01 - 2020/07/31 名古屋大学 環境医学研究所 附属次世代創薬研究センター 講師
  • 2015/04/01 - 2016/06/30 名古屋大学 環境医学研究所 附属次世代創薬研究センター 助教
  • 2007/07/01 - 2015/03/31 名古屋大学 環境医学研究所 附属近未来環境シミュレーションセンター 助教
  • 2007/07/01 - 名古屋大学環境医学研究所附属近未来環境シミュレーションセンター 助教
全件表示
所属学会 (7件):
Society for Neuroscience ,  日本神経化学会 ,  日本神経科学会 ,  日本生物学的精神医学会 ,  日本神経精神薬理学会 ,  日本薬学会 ,  日本薬理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る