研究者
J-GLOBAL ID:200901014692987224   更新日: 2020年05月24日

溝口 博之

ミゾグチ ヒロユキ | Mizoguchi Hiroyuki
所属機関・部署:
職名: 講師
研究キーワード (1件): 精神行動薬理学
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2011 - 2013 依存性薬物による意思決定障害の行動解析と画像診断
  • 2009 - 2011 てんかん発作感受性遺伝子MMPの機能的役割と発現機構の網羅的解析
  • 2006 - 2008 薬物依存の形成機序に解明-マトリクスメタロプロテアーゼの関与-
論文 (90件):
  • Wang T, Fukumoto K, Mizoguchi H, Yamada K. AN OPERANT TASK FOR TESTING RISKY DECISION-MAKING IN MICE. ALCOHOLISM-CLINICAL AND EXPERIMENTAL RESEARCH. 2018. 42. 48A-48A
  • Mizoguchi H, Wang T, Kusaba M, Fukumoto K, Yamada K. Nicotine and varenicline ameliorate changes in reward-based choice strategy and altered decision-making in methamphetamine-treated rats. Behavioural brain research. 2018
  • Mizoguchi H, Fukumoto K, Sakamoto G, Jin S, Toyama A, Wang T, Suzumura A, Sato J. Maternal separation as a risk factor for aggravation of neuropathic pain in later life in mice. Behavioural brain research. 2018
  • Takeuchi H, Mizoguchi H, Tanaka F, Suzumura A. GAP junction/hemichannel blockers ameliorate the disease progression of FTLD/ALS mice. JOURNAL OF THE NEUROLOGICAL SCIENCES. 2017. 381. 714-715
  • Takagishi Y, Katanosaka K, Mizoguchi H, Murata Y. Disrupted axon-glia interactions at the paranode in myelinated nerves cause axonal degeneration and neuronal cell death in the aged Caspr mutant mouse shambling. Neurobiology of Aging. 2016. 43. 34-46
もっと見る
MISC (90件):
  • Wang T, Fukumoto K, Mizoguchi H, Yamada K. AN OPERANT TASK FOR TESTING RISKY DECISION-MAKING IN MICE. ALCOHOLISM-CLINICAL AND EXPERIMENTAL RESEARCH. 2018. 42. 48A-48A
  • Mizoguchi H, Wang T, Kusaba M, Fukumoto K, Yamada K. Nicotine and varenicline ameliorate changes in reward-based choice strategy and altered decision-making in methamphetamine-treated rats. Behavioural brain research. 2018
  • Mizoguchi H, Fukumoto K, Sakamoto G, Jin S, Toyama A, Wang T, Suzumura A, Sato J. Maternal separation as a risk factor for aggravation of neuropathic pain in later life in mice. Behavioural brain research. 2018
  • Takeuchi H, Mizoguchi H, Tanaka F, Suzumura A. GAP junction/hemichannel blockers ameliorate the disease progression of FTLD/ALS mice. JOURNAL OF THE NEUROLOGICAL SCIENCES. 2017. 381. 714-715
  • Takagishi Y, Katanosaka K, Mizoguchi H, Murata Y. Disrupted axon-glia interactions at the paranode in myelinated nerves cause axonal degeneration and neuronal cell death in the aged Caspr mutant mouse shambling. Neurobiology of Aging. 2016. 43. 34-46
もっと見る
書籍 (2件):
  • XIX-N. 麻薬 ニュースタンダード整形外科学
    南江堂 2007
  • カプサイシン感受性知覚神経の小腸傷害に対する保護効果-インドメタシン誘起小腸傷害を中心に-胃粘膜防御機構におけるカプサイシン感受性知覚神経の役割-カプサイシンは薬か毒か
    医薬ジャーナル 1999
講演・口頭発表等 (95件):
  • タッチスクリーン式弁別課題を用いた認知機能解析システムの確立.
    (日本薬学会第138年会 2018)
  • リスク下の意思決定における島皮質GABA神経の役割.
    (日本アルコール・アディクション医学会学術総会 2017)
  • タッチスクリーン式弁別課題を用いた認知機能解析システムの確立.
    (次世代を担う創薬・医療管理シンポジウム 2017)
  • 島皮質GABA神経の機能操作は意思決定に影響する
    (次世代を担う創薬・医療管理シンポジウム 2017)
  • ナノボディおよびDARPinを利用したRFP-dependent Creの開発
    (第40回日本神経科学大会 2017)
もっと見る
Works (1件):
  • モノクロラミン誘起胃粘膜傷害に対するマレイン酸イルソグラジンの影響
    2000 -
学位 (2件):
  • 修士(薬学) (京都薬科大学)
  • 博士(医学) (名古屋大学)
経歴 (7件):
  • 2016/07/01 - 現在 名古屋大学 講師
  • 2015/04/01 - 2016/06/30 名古屋大学 助教
  • 2007/07/01 - 2015/03/31 名古屋大学 助教
  • 2007/07/01 - 名古屋大学環境医学研究所附属近未来環境シミュレーションセンター 助教
  • 2007/04/01 - 2007/06/30 金沢大学大学院自然科学研究科薬物治療学研究室助教
全件表示
所属学会 (7件):
Society for Neuroscience ,  日本神経化学会 ,  日本神経科学会 ,  日本生物学的精神医学会 ,  日本神経精神薬理学会 ,  日本薬学会 ,  日本薬理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る