研究者
J-GLOBAL ID:200901014697880533   更新日: 2020年05月27日

木村 哲就

キムラ テツナリ | Kimura Tetsunari
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (3件): 生物物理学 ,  生体化学 ,  基礎物理化学
研究キーワード (1件): 蛋白質のダイナミクス
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2017 - 2019 タンパク質ダイナミクス観測に資する高時空間分解能ESR・IR計測系の開発と応用
  • 2016 - 2019 ヒト癌抑制遺伝子候補101F6によるレドックス擾乱細胞死誘導機構の解明
  • 2015 - 2018 新規時間分解計測法の開発とABCトランスポーターの分子機構解析への応用
  • 2003 - 2005 マイクロ秒分割分光装置を用いた蛋白質の折り畳み機構の解明
  • 2005 - 圧力効果を利用した蛋白質の折り畳み機構における水分子ダイナミクスの直接観察
論文 (18件):
  • Direct measurements of ferric reductase activity of human 101F6 and its enhancement upon reconstitution into phospholipid bilayer nanodisc. 2020. 21. 100730
  • Suga M, Akita F, Yamashita K, Nakajima Y, Ueno G, Li H, Yamane T, Hirata K, Umena Y, Yonekura S, Yu LJ, Murakami H, Nomura T, Kimura T, Kubo M, Baba S, Kumasaka T, Tono K, Yabashi M, Isobe H, Yamaguchi K, Yamamoto M, Ago H, Shen JR. An oxyl/oxo mechanism for oxygen-oxygen coupling in PSII revealed by an x-ray free-electron laser. Science (New York, N.Y.). 2019. 366. 6463. 334-338
  • El Behery, Mohammed, 朝田 晃一, 武内 総子, 木村 哲就, 茶谷 絵理, 鍔木 基成. Elucidation of molecular functions of human tumor suppressor protein 101F6 by reconstitution into phospholipid bilayer nanodiscs. KIMIKA Journal of the Kapisanang Kimika ng Pilipinas. 2019. 30. 1. 1-3
  • Kimura, T, Lorenz-Fonfria, V.A, Douki, S, Motoki, H, Ishitani, R, Nureki, O, Higashi, M, Furutani, Y. Vibrational and Molecular Properties of Mg2+ Binding and Ion Selectivity in the Magnesium Channel MgtE. J. Phys. Chem. B. 2018. 122. 42. 9681-9696
  • Tetsunari KIMURA, Victor A, LORENZ-FONFRIA, Shintaro DOUKI, Hideyoshi MOTOKI, Ryuichiro ISHITANI, Osamu NUREKI, Masahiro HIGASHI, Yuji FURUTANI. Vibrational and molecular properties of Mg2+ binding and selectivity in the magnesium channel MgtE. J. Phys. Chem. B. 2018. 122. 42. 9681-9696
もっと見る
講演・口頭発表等 (46件):
  • Membrane Protein Dynamics Studied by Time-resolved Measurements
    (2019)
  • Complex Formation and Heme Transport of BhuUV-T Investigated by Time-Resolved UV/vis Spectroscopy
    (2019 Summer Progress Report Meeting Cellular Regulation Laboratory, Univ. Hyogo 2019)
  • 蛍光寿命測定によるヘリックスバンドルタンパク質ACBP の構造不均一性
    (第19回日本蛋白質科学会年会・第71回日本細胞生物学会大会 合同年次大会 2019)
  • ナノディスク再構成型ヘムABC トランスポーターを用いた基質輸送機構の分光学的解析
    (第19回日本蛋白質科学会年会・第71回日本細胞生物学会大会 合同年次大会 2019)
  • Elucidation of molecular functions of human tumor suppressor protein 101F6 by reconstitution into phospholipid bilayer nanodiscs
    (34TH PHILIPPINE CHEMISTRY CONGRESS 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 2005 京都大学 大学院工学研究科博士後期課程分子工学専攻修了
  • - 2002 京都大学 工学研究科 分子工学専攻
  • - 2000 京都大学 工学部 工業化学科
学位 (2件):
  • 修士(工学) (京都大学)
  • 博士(工学) (京都大学)
経歴 (1件):
  • 京都大学 大学院工学研究科 分子工学専攻 分子設計学講座 大学院生(後期博士課程3年),DC2
受賞 (2件):
  • 2018/10 - International Congress on Pure and Applied Chemistry Langkawi 2018 Plenary Lecture Award(International Congress on Pure and Applied Chemistry Langkawi 2018) Membrane proteins in action; Structural and functional dynamics revealed by time-resolved measurements.
  • 2015/06 - 日本蛋白質科学会 蛋白質科学会若手奨励賞 マイクロ流体フローを用いた一酸化窒素還元酵素の触媒反応の動的分光観察
所属学会 (3件):
生物物理学会(Biophysical Society, U.S.A.) ,  日本化学会 ,  日本生物物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る