研究者
J-GLOBAL ID:200901014848033056   更新日: 2020年06月09日

村山 哲也

ムラヤマ テツヤ | Murayama Tetsuya
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
ホームページURL (2件): https://www.tr.yamagata-u.ac.jp/~mtetsuya/Site/Welcome.htmlhttps://www.tr.yamagata-u.ac.jp/~mtetsuya/Site/Welcome.html
研究分野 (1件): 生物有機化学
研究キーワード (1件): 生物有機化学
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 1992 - 現在 天然生理活性物質の探索と構造研究
  • 2004 - 2008 熱帯の土壌微生物が植物・植食者・捕食者群集の多様性創出とその維持に及ぼす影響
  • 1990 - 1992 薬用植物に含まれる成分に関する研究
  • 1989 - 1990 海洋天然物化学
  • 1983 - 1988 生理活性物質の合成研究
論文 (38件):
  • Aboshi Takako, Toda Ayaka, Ashitani Tatsuya, Murayama Tetsuya. A herbivore-induced homoterpene volatile is emitted from Basella alba leaves. BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY. 2019. 83. 11. 1989-1991
  • Nakamura Tomoki, Suzuki Takuma, Ariefta Nanang Rudianto, Koseki Takuya, Aboshi Takako, Murayama Tetsuya, Widiyantoro Ari, Kurniatuhadi Rikhsan, Malik Abdul, Annas Suwardi, Harneti Desi, Maharani Rani, Supratman Unang, Abe Junpei, Kurisawa Naoaki, Kimura Ken-ich, Shiono Yoshihito. Meroterpenoids produced by Pseudocosmospora sp. Bm-1-1 isolated from Acanthus ebracteatus Vahl. PHYTOCHEMISTRY LETTERS. 2019. 31. 85-91
  • Ariefta Nanang Rudianto, Nikmawahda, Hasna Tazkia, Aboshi Takako, Murayama Tetsuya, Tawaraya Keitaro, Koseki Takuya, Katagi Genta, Kakihara Yoshito, Shiono Yoshihito. Fusaspirols A-D, novel oxaspirol derivatives isolated from Fusarium solani B-18. TETRAHEDRON. 2019. 75. 10. 1371-1377
  • Shiono Yoshihito, Murayama Tetsuya, Koseki Takuya. Methyl 3,4-Dicarboxy-3-hydroxyeicosanoate. MOLBANK. 2015. 2
  • Kuete Victor, Tchakam Patricia D, Wiench Benjamin, Ngameni Bathelemy, Wabo Hippolyte K, Tala Michel F, Moungang Marlyse L, Ngadjui Bonaventure T, Murayama Tetsuya, Efferth Thomas. Cytotoxicity and modes of action of four naturally occuring benzophenones: 2,2 ',5,6 '-Tetrahydroxybenzophenone, guttiferone E, isogarcinol and isoxanthochymol. PHYTOMEDICINE. 2013. 20. 6. 528-536
もっと見る
講演・口頭発表等 (12件):
  • 温帯の土壌微生物が植物及び植物上の節足動物群集構造に及ぼす影響
    (日本応用動物昆虫学会第51回大会 2007)
  • VA菌根菌がヨモギの生育を通じ節足動物群集構造に及ぼす影響
    (日本応用動物昆虫学会第51回大会 2007)
  • VA菌根菌が鱗翅目幼虫のダイズの摂食を通じアブラムシの成長と繁殖への影響
    (日本応用動物昆虫学会第51回大会 2007)
  • 糸状菌 Fusariumsp. YG-45 株の生産するトポイソメラーゼ II 阻害活性物質について
    (日本農芸化学会2007年度大会 2007)
  • 熱帯と温帯地域の土壌微生物が地上部生物の多様性創出に及ぼす影響
    (日本生態学会第54回大会 2007)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1988 東北大学 農学研究科 農芸化学
  • - 1983 東北大学 農学部 農芸化学科
学位 (3件):
  • 農学士 (東北大学)
  • 農学修士 (東北大学)
  • 農学博士 (東北大学)
経歴 (11件):
  • 2018/04/01 - 現在 山形大学 副学部長
  • 2010/04/01 - 現在 山形大学 教授
  • 2005/04/01 - 現在 岩手大学連合農学研究科 教授
  • 2016/04/01 - 2018/03/31 山形大学 学科・専攻長
  • 2009/04/01 - 2010/03/31 山形大学 生物資源学科長
全件表示
委員歴 (3件):
  • 2008/04/01 - 2010/03/31 日本農芸化学会 代議員
  • 2001/04/01 - 2003/03/31 日本農芸化学会 代議員
  • 1999/04/01 - 2001/03/31 日本農芸化学会 東北支部庶務幹事
所属学会 (3件):
日本生薬学会 ,  日本薬学会 ,  日本農芸化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る