研究者
J-GLOBAL ID:200901014897543566   更新日: 2020年05月23日

田原 聡子

タハラ サトコ | Tahara Satoko
所属機関・部署:
職名: 講師
ホームページURL (2件): http://immuno-tsukuba.com/index.htmlhttp://immuno-tsukuba.com/index.html
研究分野 (1件): 免疫学
研究キーワード (1件): 免疫学
競争的資金等の研究課題 (14件):
  • 2019 - 2021 アトピー性皮膚炎におけるC型レクチン受容体の機能の解明
  • 2019 - 2020 食物抗原誘導性アナフィラキシーにおける好塩基球活性化制御機構の解明
  • 2017 - 2019 アラジンー1を標的とした新規敗血症治療法の開発
  • 2015 - 2017 アレルギー抑制性受容体アラジン-1のリガンド同定とその機能解明
  • 2015 - 2016 iPS細胞由来結合組織型肥満細胞の樹立とアトピー性皮膚炎に対する治療薬の基盤開発
全件表示
論文 (63件):
  • Miki, Haruka, Tahara-Hanaoka, Satoko, Almeida, Mariana Silva, Hitomi, Kaori, Shibagaki, Shohei, Kanemaru, Kazumasa, Lin, Yu-Hsien, Iwata, Kanako, Miyake, Shota, Shibayama, Shiro, Sumida, Takayuki, Shibuya, Kazuko, Shibuya, Akira. Allergin-1 Immunoreceptor Suppresses House Dust Mite-Induced Allergic Airway Inflammation. Journal of Immunology. 2020
  • Miki, Haruka, Tahara-Hanaoka, Satoko, Almeida, Mariana Silva, Hitomi, Kaori, Shibagaki, Shohei, Kanemaru, Kazumasa, Lin, Yu-Hsien, Iwata, Kanako, Miyake, Shota, Shibayama, Shiro, Sumida, Takayuki, Shibuya, Kazuko, Shibuya, Akira. Allergin-1 Immunoreceptor Suppresses House Dust Mite-Induced Allergic Airway Inflammation. Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950). 2020
  • Kanemaru, Kazumasa, Noguchi, Emiko, Tahara-Hanaoka, Satoko, Mizuno, Seiya, Tateno, Hiroaki, Denda-Nagai, Kaori, Irimura, Tatsuro, Matsuda, Hiroshi, Sugiyama, Fumihiro, Takahashi, Satoru, Shibuya, Kazuko, Shibuya, Akira. Clec10a regulates mite-induced dermatitis. Science immunology. 2019. 4. 42
  • 柴垣 翔平, 田原 聡子, 渋谷 彰. マスト細胞上のアラジン-1はヤケヒョウダニによるマウス気道過敏性を抑制する. 臨床免疫・アレルギー科. 2019. 71. 6. 583-589
  • Y, Nakamura, T, Matsuzaka, S, Tahara-Hanaoka, K, Shibuya, H, Shimano, C, Nakahashi-Oda, A, Shibuya. Elovl6 regulates mechanical damage-induced keratinocyte death and skin inflammation. Cell Death and Diseases. 2018. 9. 12. 1181
もっと見る
特許 (2件):
  • 活性調節剤、これを含有する医薬品、および抗CD300a抗体
  • ホスホファチジルセリン結合性物質またはCD300a結合性物質を含む免疫賦活性剤、およびホスホファチジルセリンを含む免疫抑制剤
講演・口頭発表等 (129件):
  • Clec 10a regulated mite-induced dermatitis.
    (第48回日本免疫学会学術集会 2019)
  • Clec10a regulates mite-induced dermatitis
    (1st International Symposium on Inflammation Cellular Sociology 2019)
  • Roles of Allergin-1 immunoreceptor in oral antigen-induced active systemic anaphylaxis.
    (第7回筑波大学・東京理科大学合同リトリート 2019)
  • Allergin-1 immunoreceptor suppresses house dust mite-induced allergic Th2 responses
    (第83回日本インターフェロン・サイトカイン学会 2018)
  • Allergin-1 immunoreceptor suppresses house dust mite-induced allergic Th2 responses
    (第83回日本インターフェロン・サイトカイン学会 2018)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(医学) (筑波大学)
経歴 (1件):
  • 2015/04/01 - 現在 筑波大学 生存ダイナミクス研究センター(TARA) 講師
委員歴 (4件):
  • 2012 - 現在 日本免疫学会 免疫ふしぎ未来実行委員
  • 2011 - 現在 日本免疫学会 評議委員
  • 2014/12 - 2016/11 日本学術振興会 科学研究費委員会専門委員
  • 2011/06 - 2012/10 日本学術振興会 科学研究費委員会審査第三部会 各小委員会審査委員
受賞 (2件):
  • 2018 - 内藤記念科学奨励金・研究助成 腸管上皮バリア機能における抑制性免疫受容体アラジン-1の役割解明
  • 2012/02/28 - 筑波大学 Best Faculty Member 研究業績
所属学会 (4件):
日本免疫学会 ,  日本免疫学会 ,  日本免疫学会 ,  日本免疫学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る