研究者
J-GLOBAL ID:200901015102089702   更新日: 2020年08月31日

溝上 裕士

ミゾカミ ユウジ | Mizokami Yuji
所属機関・部署:
職名: 准教授
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2015 - 2018 抗菌薬3剤併用による難治性潰瘍性大腸炎の治療
論文 (60件):
  • Hirose, Suguru, Hasegawa, Naoyuki, Kawai, Hitomi, Yamaura, Masamichi, Mizui, Tsuneo, Komatsu, Yoshiki, Nagase, Masaomi, Sato, Masashi, Hattori, Junji, Endo, Masato, Yamamoto, Yoshiyuki, Ishige, Kazunori, Fukuda, Kuniaki, Hyodo, Ichinosuke, Mizokami, Yuji. Mediastinal Neuroendocrine Carcinoma Slowly Growing for 8 Years after Surgical Resection of Esophageal Squamous Cell Carcinoma. Internal medicine (Tokyo, Japan). 2020
  • Hirose, Suguru, Hasegawa, Naoyuki, Kawai, Hitomi, Yamaura, Masamichi, Mizui, Tsuneo, Komatsu, Yoshiki, Nagase, Masaomi, Sato, Masashi, Hattori, Junji, Endo, Masato, Yamamoto, Yoshiyuki, Ishige, Kazunori, Fukuda, Kuniaki, Hyodo, Ichinosuke, Mizokami, Yuji. Mediastinal Neuroendocrine Carcinoma Slowly Growing for 8 Years after Surgical Resection of Esophageal Squamous Cell Carcinoma. Internal medicine (Tokyo, Japan). 2020
  • Hirose, Suguru, Hasegawa, Naoyuki, Mizokami, Yuji. A cholesterosis of the common bile duct successfully diagnosed macroscopically and histologically using the transpapillary approach. Digestive endoscopy : official journal of the Japan Gastroenterological Endoscopy Society. 2020
  • Watahiki, Takahisa, Okada, Kosuke, Warabi, Eiji, Nagaoka, Tsugumi, Suzuki, Hideo, Ishige, Kazunori, Yanagawa, Toru, Takahashi, Satoru, Mizokami, Yuji, Tokushige, Katsutoshi, Ariizumi, Shun-Ichi, Yamamoto, Masakazu, Shoda, Junichi. Gender difference in development of steatohepatitis in p62/Sqstm1 and Nrf2 double-knockout mice. Experimental animals. 2020
  • Hasegawa, Naoyuki, Ito, Yoshimi, Yamaura, Masamichi, Endo, Masato, Ishige, Kazunori, Fukuda, Kuniaki, Hyodo, Ichinosuke, Mizokami, Yuji. Splenic rupture caused by pancreatic pseudocyst successfully treated by endoscopic ultrasound-guided drainage. Clinical journal of gastroenterology. 2020
もっと見る
書籍 (16件):
  • ガイドライン外来診療2020 胃潰瘍・十二指腸潰瘍
    日経メディカル開発 2020
  • 診療ガイドUP to Date 2020-2021 消化性潰瘍
    メディカルレビュー社 2020
  • 臨牀消化器内科
    2018
  • 腹部救急疾患の画像診断とインターベンション
    2018
  • INTESTINE
    日本メディカルセンター社 2017
もっと見る
講演・口頭発表等 (51件):
  • ENDOSCOPIC DETACHABLE SNARE LIGATION FOR COLONIC DIVERTICULAR HEMORRHAGE
    (2nd World Congress of GI Endoscopy 2020)
  • 治癒切除不能虫垂原発印環細胞癌4例に対する化学療法の効果
    (第16回日本消化管学会総会学術集会 2020)
  • 潰瘍性大腸炎に対する青黛の有効性と安全性-医師主導多施設共同二重盲検試験-
    (第16回日本消化管学会総会 2020)
  • 温熱療法はミトコンドリア由来活性酸素を介してPDT効果を増強する
    (第16回日本消化管学会総会 2020)
  • Nivolumab療法を免疫関連有害事象のため中止後、抗腫瘍効果が長期間維持された胃癌の1例
    (第29回茨城がん学会 2019)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 1975 - 1981 東京医科大学 医学部 医学科
学位 (1件):
  • 医学博士 (東京医科大学)
経歴 (11件):
  • 2018/01 - 現在 筑波大学附属病院 診療グループ長
  • 2011/04/01 - 現在 筑波大学附属病院 病院教授
  • 2010/07/01 - 2011/03/31 筑波大学附属病院 准教授
  • 2009/02/01 - 2010/06/30 蒲郡市民病院 副院長・消化器科部長
  • 2007/04/01 - 2009/01/31 東京医科大学 准教授
全件表示
委員歴 (10件):
  • 2016 - 現在 日本消化器内視鏡学会 社団評議員
  • 2016 - 現在 日本カプセル内視鏡学会 評議員
  • 2011 - 現在 日本消化器内視鏡学会 査読委員
  • 2011 - 現在 日本ヘリコバクター学会 評議員
  • 2004 - 現在 日本消化器内視鏡学会 学術評議員
全件表示
受賞 (1件):
  • 1993/09 - 日本ヘリコバクター学会 優秀演題賞
所属学会 (6件):
日本門脈圧亢進症学会 ,  日本内科学会 ,  日本消化器病学会 ,  日本消化器内視鏡学会 ,  日本消化管学会 ,  日本ヘリコバクター学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る