研究者
J-GLOBAL ID:200901015113359647   更新日: 2020年06月03日

向後 晶子

Kogo Akiko
所属機関・部署:
研究分野 (1件): 解剖学
研究キーワード (8件): 細胞極性、Dlg1、平面内極性、発生、器官形成、遺伝子ターゲティング ,  遺伝子ターゲティング ,  器官形成 ,  発生 ,  Dlg1 ,  細胞極性 ,  収斂伸長 ,  極性
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • マウス発生におけるDlg1の機能解析
論文 (20件):
  • Akie Taniguchi, Taketo Susa, Hiroshi Kogo, Akiko Iizuka-Kogo, Satoshi Yokoo, Toshiyuki Matsuzaki. Long-term Pilocarpine Treatment Improves Salivary Flow in Irradiated Mice. Acta Histochem Cytochem. 2019. 52. 3. 45-58
  • Akiko Iizuka?Kogo. Spatiotemporal coordination of cellular differentiation and tissue morphogenesis in organ of Corti development. MEDICAL MOLECULAR MORPHOLOGY. 2018
  • Shimizu, Kunie, Sano, Megumi, Kita, Aoi, Sawai, Nobuhiko, Iizuka-Kogo, Akiko, Kogo, Hiroshi, Aoki, Takeo, Takata, Kuniaki, Matsuzaki, Toshiyuki. Phosphorylation and dephosphorylation of aquaporin-2 at serine 269 and its subcellular distribution during vasopressin-induced exocytosis and subsequent endocytosis in the rat kidney. Archives of Histology and Cytology. 2017. 77. 1. 25-38
  • Atsushi Yokoyama, Ryuji Nomura, Masafumi Kurosumi, Atsushi Shimomura, Takanori Onouchi, Akiko Iizuka-Kogo, Ron Smits, Naohisa Oda, Riccardo Fodde, Mitsuyasu Itoh, Takao Senda. The C-terminal domain of the adenomatous polyposis coli (Apc) protein is involved in thyroid morphogenesis and function. Medical Molecular Morphology. 2011. 44. 4
  • Abnormal epithelial cell polarity and ectopic epidermal growth factor receptor (EGFR) expression induced in Emx2 KO embryonic gonads. Endocrinology. 2010. 151. 12
もっと見る
書籍 (5件):
  • 「組織細胞化学2011」免疫染色の原理と基礎技術ー初心者が知っておくべきポイントー
    学際企画 2011
  • 「モノグラフ 病気の分子形態学」APCがん抑制遺伝子-その多彩な発現と機能
    学際企画 2011
  • 「組織細胞化学2010」切片染色法の基礎から特異的反応評価まで
    学際企画 2010
  • 「組織細胞化学2009」免疫組織化学の原理と応用
    学際企画 2009
  • 「細胞・培地活用ハンドブック」第23章 腎臓研究
    羊土社 2007
講演・口頭発表等 (21件):
  • マウスHORMAD2のリン酸化による対合不全チェック機構の抑制的制御
    (2019)
  • マウス内耳コルチ器の収斂伸長過程でPAR3は伸長ジャンクションに局在する
    (第124回日本解剖学会全国学術集会 2019)
  • マウスHORMAD2のリン酸化による対合チェックポイント活性の調節
    (第41回日本分子生物学会年会 2018)
  • Dlg1はコルチ器の収斂伸長における新たな細胞間ジャンクションの形成に関与する
    (第123回日本解剖学会全国学術集会 2018)
  • コルチ器の組織構築過程とDLG1の機能解析
    (第49回日本臨床分子形態学会学術集会 2017)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(理学) (東京大学)
経歴 (7件):
  • 2016/03 - 群馬大学 医学系研究科生体構造学 講師
  • 2012/09 - 2016/02 群馬大学 助教
  • 2007/04 - 2012/08 藤田保健衛生大学 助教
  • 2001/04 - 2007/03 藤田保健衛生大学医学部 助手
  • 1999/04 - 2001/03 岡崎国立共同研究機構基礎生物学研究所 非常勤研究員
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る