研究者
J-GLOBAL ID:200901015134326412   更新日: 2024年06月13日

野口 享太郎

ノグチ キョウタロウ | Noguchi Kyotaro
所属機関・部署:
職名: 養分動態研究室長
ホームページURL (2件): https://www.ffpri.affrc.go.jp/labs/ndl/Noguchi.htmlhttps://www.ffpri.affrc.go.jp/en/research/dept/07for-site-envi/index.html
研究分野 (2件): 森林科学 ,  生態学、環境学
研究キーワード (3件): 養分動態 ,  土壌 ,  樹木根
競争的資金等の研究課題 (13件):
  • 2020 - 2024 分子マーカーによる根圏の可視化から読み解く樹木開花遺伝子の発現制御戦略
  • 2020 - 2024 永久凍土融解と北方林の温室効果ガス交換:土壌・生物過程から大気輸送に至る包括理解
  • 2018 - 2022 樹木細根のフェノロジー:枯死プロセスの解明とその定量評価
  • 2017 - 2021 炭素・窒素資源を巡る植物-土壌微生物の共生関係から読み解く結実豊凶現象
  • 2016 - 2021 凍土融解深の異なる永久凍土林における地下部炭素動態の定量評価と制御要因の解明
全件表示
論文 (68件):
  • Yoshiyuki Inagaki, Hisao Sakai, Yoshiki Shinomiya, Shuichiro Yoshinaga, Atushi Torii, Tsuyoshi Yamada, Kyotaro Noguchi, Tomoaki Morishita, Kazumichi Fujii. Effects of climate and acidic deposition on interannual variations of stream water chemistry in forested watersheds in the Shimanto River Basin, southern Japan. Ecological Research. 2024
  • 田中(小田)あゆみ, 野口享太郎, 古澤仁美, 木下晃彦, 中野翔太, 小長谷啓介, 水谷和人, 柴田尚, 山中高史. 石灰施肥がクリ園における細根成長速度、細根形態と外生菌根形成に与える影響. 根の研究. 2022. 31. 61-69
  • Valentin Journe, Robert Andrus, Marie-Claire Aravena, Davide Ascoli, Roberta Berretti, Daniel Berveiller, Michal Bogdziewicz, Thomas Boivin, Raul Bonal, Thomas Caignard, et al. Globally, tree fecundity exceeds productivity gradients. ECOLOGY LETTERS. 2022. 25. 6. 1471-1482
  • Tong Qiu, Robert Andrus, Marie-Claire Aravena, Davide Ascoli, Yves Bergeron, Roberta Berretti, Daniel Berveiller, Michal Bogdziewicz, Thomas Boivin, Raul Bonal, et al. Limits to reproduction and seed size-number trade-offs that shape forest dominance and future recovery. NATURE COMMUNICATIONS. 2022. 13. 1
  • Shota Nakano, Akihiko Kinoshita, Keisuke Obase, Noritaka Nakamura, Hitomi Furusawa, Kyotaro Noguchi, Takashi Yamanaka. Physiological characteristics of pure cultures of a white-colored truffle <i>Tuber japonicum</i>. Mycoscience. 2022. 63. 2. 53-57
もっと見る
MISC (16件):
  • 山中高史, 木下晃彦, 中村慎崇, 山口宗義, 古澤仁美, 小長谷啓介, 野口享太郎, 北出雄生, 小河澄香. 続報「国産トリュフを人工的に発生させることに成功」. JATAFFジャーナル. 2023. 11. 8
  • 小長谷啓介, 仲野翔太, 中村慎崇, 木下晃彦, 古澤仁美, 野口享太郎, 山中高史. 国産トリュフの栽培に向けた最近の研究動向. 森林防疫. 2022. 71. 3
  • 宮本 和樹, 五十嵐 哲也, 野口 享太郎, 須崎 智応, 仲田 昭一, 中山 優子, 富樫 善弥. 高齢ヒノキ人工林における植栽木と他樹種の細根生産. 日本森林学会大会発表データベース. 2021. 132. 636-636
  • 山中高史, 小長谷啓介, 中村慎崇, 仲野翔太, 古澤仁美, 下川知子, 野口享太郎, 市原優, 木下晃彦. 国産トリュフの栽培を目指す. 森林総合研究所中長期計画成果集. 2021
  • 稲垣 善之, 酒井 寿夫, 篠宮 佳樹, 吉永 秀一郎, 山田 毅, 野口 享太郎, 森下 智陽, 藤井 一至. 8-1-37 四万十川の森林流域において気象条件が渓流水質に及ぼす影響(8-1 環境保全 2020年度岡山大会). 日本土壌肥料学会講演要旨集. 2020. 66. 132-132
もっと見る
書籍 (1件):
  • 森の根の生態学 = Root ecology of forest trees
    共立出版 2020 ISBN:9784320058132
講演・口頭発表等 (53件):
  • 日本のブナ林における土壌炭素と窒素動態における微生物ターンオーバーの役割【JST・京大機械翻訳】
    (日本森林学会大会学術講演集 2023)
  • 苗場山ブナ林における細根への窒素分配
    (日本森林学会大会学術講演集 2023)
  • 森林の物質循環における樹木根の役割
    (日本森林学会大会学術講演集 2021)
  • 8-1-37 四万十川の森林流域において気象条件が渓流水質に及ぼす影響(8-1 環境保全 2020年度岡山大会)
    (日本土壌肥料学会講演要旨集 2020)
  • 四万十川の森林流域において気象条件が渓流水質に及ぼす影響
    (日本土壌肥料学会講演要旨集(Web) 2020)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(農学) (東京大学)
受賞 (1件):
  • 2010 - 根研究会学術功労賞 森林生態系における樹木細根量とその動態に関する生態学的研究
所属学会 (5件):
森林立地学会 ,  日本生態学会 ,  根研究学会 ,  日本土壌肥料学会 ,  日本森林学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る