研究者
J-GLOBAL ID:200901015227740448   更新日: 2018年10月02日

岡村 信行

オカムラ ノブユキ | Nobuyuki Okamura
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (5件): 放射線科学 ,  薬理学一般 ,  応用薬理学 ,  認知科学 ,  神経化学・神経薬理学
研究キーワード (32件): 包括脳ネットワーク ,  統合脳・統合脳 ,  PET ,  アルツハイマー病 ,  アミロイドβ蛋白 ,  イメージング ,  老人斑 ,  認知 ,  感情 ,  注意 ,  fMRI ,  老化 ,  タウ蛋白 ,  プローブ ,  神経原線維変化 ,  抗ヒスタミン薬 ,  P-糖タンパク ,  ヒスタミン ,  アセチルコリンエステラーゼ ,  ドキセピン ,  Dynamin ,  ハロペリドール ,  ヒスタミンH2受容体 ,  記憶・学習 ,  アミロイドAβ ,  ブレーキ反応時間 ,  H_1受容体占拠率 ,  ヒスタミン神経系 ,  internalization ,  非定型抗精神病薬 ,  ヒスタミンH1受容体占拠率 ,  small GTPase Rho
競争的資金等の研究課題 (17件):
  • 2018 - 2022 神経原線維変化とアストログリオーシスの選択的描出によるアルツハイマー病の病態解明
  • 2016 - 2018 コンフォメーション特異的PETプローブの探索
  • 2015 - 2017 高感度タウPETプローブによる新規画像バイオマーカーの創出
  • 2013 - 2014 αシヌクレイン蛋白選択的PETプローブの探索研究
  • 2011 - 2013 タウ蛋白検出PETプローブの臨床応用
全件表示
論文 (203件):
  • Ryuichi Harada, Nobuyuki Okamura, Shozo Furumoto, Kazuhiko Yanai, Kazuhiko Yanai. Imaging protein misfolding in the brain using β-sheet ligands. Frontiers in Neuroscience. 2018. 12
  • Nobuyuki Okamura, Nobuyuki Okamura, Ryuichi Harada, Aiko Ishiki, Akio Kikuchi, Tadaho Nakamura, Yukitsuka Kudo. The development and validation of tau PET tracers: current status and future directions. Clinical and Translational Imaging. 2018. 6. 305-316
  • Yoko Shigemoto, Yoko Shigemoto, Daichi Sone, Daichi Sone, Etsuko Imabayashi, Norihide Maikusa, Nobuyuki Okamura, Nobuyuki Okamura, Shozo Furumoto, Yukitsuka Kudo, Masayo Ogawa, Harumasa Takano, Harumasa Takano, Yuma Yokoi, Masuhiro Sakata, Tadashi Tsukamoto, Koichi Kato, Noriko Sato, Hiroshi Matsuda. Dissociation of tau deposits and brain atrophy in early Alzheimer's disease: A combined positron emission Tomography/Magnetic resonance imaging study. Frontiers in Aging Neuroscience. 2018. 10
  • Jingyun Chen, Yi Li, Elizabeth Pirraglia, Nobuyuki Okamura, Henry Rusinek, Henry Rusinek, Mony J. de Leon. Quantitative evaluation of tau PET tracers18F-THK5351 and18F-AV-1451 in Alzheimer’s disease with standardized uptake value peak-alignment (SUVP) normalization. European Journal of Nuclear Medicine and Molecular Imaging. 2018. 45. 1596-1604
  • Konstantinos Chiotis, Per Stenkrona, Ove Almkvist, Ove Almkvist, Ove Almkvist, Vladimir Stepanov, Daniel Ferreira, Ryosuke Arakawa, Akihiro Takano, Eric Westman, Andrea Varrone, Nobuyuki Okamura, Nobuyuki Okamura, Hitoshi Shimada, Makoto Higuchi, Christer Halldin, Agneta Nordberg, Agneta Nordberg. Dual tracer tau PET imaging reveals different molecular targets for11C-THK5351 and11C-PBB3 in the Alzheimer brain. European Journal of Nuclear Medicine and Molecular Imaging. 2018. 45. 1605-1617
もっと見る
特許 (8件):
もっと見る
講演・口頭発表等 (1件):
  • Molecular PET Imaging of Acetylcholine Esterase, Histamine H1 Receptor and Amyloid Deposits in Alzheimer Disease
    (IFMBE Proceedings 2009)
学位 (1件):
  • 医学博士 (東北大学)
経歴 (8件):
  • 1996 - 1998 東北大学サイクロトロンRIセンター
  • 1998 - 2001 東北大学医学部 医員
  • 2001 - 2003 ビーエフ研究所
  • 2003 - 2006 東北大学 医学系研究科・大学院 助手
  • 2007 - 2009 東北大学 大学院医学系研究科 助教
全件表示
委員歴 (4件):
  • 2016 - 日本認知症学会 代議員
  • 2016 - 日本認知症予防学会 評議員
  • 2009 - 日本老年医学会 代議員
  • 2009 - 日本薬理学会 評議員
受賞 (13件):
  • 2017 - 臨床薬理研究振興財団 研究大賞
  • 2016 - Hiruma-Wagner Award
  • 2016 - EJNMMI - EANM Springer Award
  • 2015 - 日本認知症学会学会賞
  • 2014 - SNMMI Image of the Year
全件表示
所属学会 (7件):
日本認知症予防学会 ,  日本臨床薬理学会 ,  日本薬理学会 ,  日本核医学会 ,  日本老年医学会 ,  日本認知症学会 ,  日本内科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る