研究者
J-GLOBAL ID:200901015227740448   更新日: 2021年02月15日

岡村 信行

オカムラ ノブユキ | Okamura Nobuyuki
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (1件): https://tmpu-pharmacol.org/
研究分野 (5件): 神経科学一般 ,  認知科学 ,  薬理学 ,  薬理学 ,  放射線科学
研究キーワード (34件): モノアミンオキシダーゼ ,  アストロサイト ,  包括脳ネットワーク ,  統合脳・統合脳 ,  small GTPase Rho ,  ヒスタミンH1受容体占拠率 ,  非定型抗精神病薬 ,  internalization ,  ヒスタミン神経系 ,  H_1受容体占拠率 ,  ブレーキ反応時間 ,  アミロイドAβ ,  記憶・学習 ,  ヒスタミンH2受容体 ,  ハロペリドール ,  Dynamin ,  ドキセピン ,  アセチルコリンエステラーゼ ,  ヒスタミン ,  P-糖タンパク ,  抗ヒスタミン薬 ,  神経原線維変化 ,  プローブ ,  タウ蛋白 ,  老化 ,  fMRI ,  注意 ,  感情 ,  認知 ,  老人斑 ,  イメージング ,  アミロイドβ蛋白 ,  アルツハイマー病 ,  PET
競争的資金等の研究課題 (28件):
  • 2018 - 2023 神経原線維変化とアストログリオーシスの選択的描出によるアルツハイマー病の病態解明
  • 2019 - 2022 神経変性疾患における蛋白特異的PET分子イメージング法の開発
  • 2018 - 2022 神経原線維変化とアストログリオーシスの選択的描出によるアルツハイマー病の病態解明
  • 2016 - 2019 コンフォメーション特異的PETプローブの探索
  • 2014 - 2019 蛋白特異的PETイメージングによる神経回路破綻機序の解明
全件表示
論文 (353件):
  • Pradith Lerdsirisuk, Ryuichi Harada, Yoshimi Hayakawa, Yuki Shimizu, Yoichi Ishikawa, Ren Iwata, Yukitsuka Kudo, Nobuyuki Okamura, Shozo Furumoto. Synthesis and evaluation of 2-pyrrolopyridinylquinoline derivatives as selective tau PET tracers for the diagnosis of Alzheimer's disease. Nuclear Medicine and Biology. 2021. 93. 11-18
  • Ryuichi Harada, Yoshimi Hayakawa, Michinori Ezura, Pradith Lerdsirisuk, Yiqing Du, Yoichi Ishikawa, Ren Iwata, Miho Shidahara, Aiko Ishiki, Akio Kikuchi, et al. 18F-SMBT-1: A Selective and Reversible PET Tracer for Monoamine Oxidase-B Imaging. Journal of nuclear medicine : official publication, Society of Nuclear Medicine. 2021. 62. 2. 253-258
  • Takahiro Morito, Ryuichi Harada, Ren Iwata, Yiqing Du, Nobuyuki Okamura, Yukitsuka Kudo, Kazuhiko Yanai. Synthesis and pharmacokinetic characterisation of a fluorine-18 labelled brain shuttle peptide fusion dimeric affibody. Scientific Reports. 2021. 11. 1
  • Jung Lung Hsu, Shih Hsin Chen, Ing Tsung Hsiao, Chin Song Lu, Tzu Chen Yen, Nobuyuki Okamura, Kun Ju Lin, Yi Hsin Weng. 18F-THK5351 PET imaging in patients with progressive supranuclear palsy: associations with core domains and diagnostic certainty. Scientific Reports. 2020. 10. 1
  • Kuo-Lun Huang, Ing-Tsung Hsiao, Meng-Yang Ho, Jung-Lung Hsu, Yeu-Jhy Chang, Ting-Yu Chang, Chi-Hung Liu, Chien-Hung Chang, Yi-Ming Wu, Kuan-Yi Wu, et al. Investigation of reactive astrogliosis effect on post-stroke cognitive impairment. Journal of Neuroinflammation. 2020. 17. 1
もっと見る
MISC (392件):
特許 (10件):
もっと見る
講演・口頭発表等 (1件):
  • Molecular PET Imaging of Acetylcholine Esterase, Histamine H1 Receptor and Amyloid Deposits in Alzheimer Disease
    (IFMBE Proceedings 2009)
学位 (1件):
  • 医学博士 (東北大学)
経歴 (9件):
  • 2016/04 - 現在 東北医科薬科大学 医学部薬理学 教授
  • 2009 - 2016 東北大学 大学院医学系研究科 准教授
  • 2007 - 2009 東北大学 大学院医学系研究科 助教
  • 2009 - メルボルン大学 MHRI Senior Research Officer
  • 2003 - 2006 東北大学 医学系研究科・大学院 助手
全件表示
委員歴 (4件):
  • 2016 - 日本認知症予防学会 評議員
  • 2016 - 日本認知症学会 代議員
  • 2009 - 日本薬理学会 評議員
  • 2009 - 日本老年医学会 代議員
受賞 (13件):
  • 2017 - 臨床薬理研究振興財団 研究大賞
  • 2016 - Hiruma-Wagner Award
  • 2016 - EJNMMI - EANM Springer Award
  • 2015 - 日本認知症学会学会賞
  • 2014 - SNMMI Image of the Year
全件表示
所属学会 (7件):
日本認知症予防学会 ,  日本臨床薬理学会 ,  日本内科学会 ,  日本認知症学会 ,  日本老年医学会 ,  日本核医学会 ,  日本薬理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る