研究者
J-GLOBAL ID:200901015233007531   更新日: 2020年06月08日

増田 真也

マスダ シンヤ | Shinya Masuda
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 実験心理学 ,  社会心理学
競争的資金等の研究課題 (14件):
  • 2018 - 2021 内閣府世論調査の測定誤差の研究
  • 2015 - 2020 PICUの環境と医療者の関わりが両親に及ぼす影響:混合研究法と日米比較による検討
  • 2016 - 2019 多肢選択肢における回答行動の統合的研究:質問紙・ウェブ調査法の設計と妥当性の検討
  • 2014 - 2018 若手看護師がバーンアウトすることなく就業継続意思を強めるための新プロセスモデル
  • 2015 - 2016 評価データにおける系列的誤差の要因解明に向けた統合的研究
全件表示
論文 (47件):
  • 西名諒平, 岩田真幸, 増田真也, 戈木クレイグヒル滋子. 小児集中治療室入室児の両親の不安・抑うつ・ PTSD の実態と経時的変化. 小児保健研究. 2020. 79. 2. 140-151
  • 増田 真也, 坂上 貴之, 森井 真広. 調査回答の質の向上のための方法の比較. 心理学研究. 2019. 90. 5. 463-472
  • 戈木クレイグヒル滋子, 西名諒平, 岩田真幸, 村山有利子, 西川菜央, 清水称喜, 渡井恵, 森智史, 佐藤貴之, 増田 真也, 中田諭, 辻尾有利子, Ardith Z. Doorenbos. PICUに子どもが入室した両親の担った役割 第4報子どもの頑張りを支える. 看護研究. 2019. 52. 2. 150-165
  • 増田 真也. バーンアウトへの介入 仕事とうまくつき合うための6 つの戦略の試行. KEIO SFC JOURNAL. 2019. 18. 218-234
  • 増田真也. 心理尺度の回答カテゴリに関する検討. 哲学. 2019. 142. 245-267
もっと見る
MISC (4件):
  • 増田 真也. あなたにもできる尺度開発. 日本地域看護学会誌. 2017. 20. 2. 95-101
  • 北岡和代, 増田真也, 佐々木恵, 長田恭子, 森岡広美, 川村みどり, 中本明世, 川口めぐみ, 坂上章, 竹澤翔. 「日本版Areas of Worklife Survey (AWS)-2011年版:個人と職場環境6つのミスマッチ診断」の妥当性について. 看護実践学会誌. 2016. 29. 1. 19-25
  • 北岡和代, 増田 真也, 大西香代子, 中原純, 竹澤翔, 森河裕子, 中川秀昭, 西村邦宏, 中村文明, 飯原弘二. 日本の精神保健看護師のバーンアウト率について;他職業集団および他国精神保険看護師集団との比較. 北陸公衆衛生学雑誌. 2016. 42. 69-75
  • 北岡和代, 増田真也, 森河裕子, 中川秀昭. 日本版Areas of Worklife Survey (AWS) -個人と職場環境6つのミスマッチ診断-. 経営行動科学. 2015. 28. 1. 53-63
書籍 (20件):
  • 健康心理学事典
    丸善出版 2019
  • 心理学が描くリスクの世界:行動的意思決定入門 第3版
    慶應義塾大学出版会 2018
  • 心理学ワールド
    日本心理学会 2011
  • 感情と思考の科学事典
    朝倉書店 2010
  • 意思決定と経済の心理学
    朝倉書店 2009
もっと見る
講演・口頭発表等 (129件):
  • 看護師の就業継続意思に影響を及ぼす要因の検討:病院調査とWeb調査の比較から
    (第39回日本看護科学学会学術集会 2019)
  • 中間(央)選択者数を推測する
    (日本社会心理学会第60回大会 2019)
  • 世論調査における選択肢分割効果-社会階層意識における「中」回答の検討
    (日本社会心理学会第60回大会 2019)
  • 回答形式の違いが項目間相関に与える影響
    (日本心理学会第83回大会 2019)
  • 心理尺度における回答行動(応募シンポジウム:パーソナリティ研究の迷い道 -何を,どう測り,どう役立てるのか?-)
    (日本心理学会第83回大会 2019)
もっと見る
Works (1件):
  • 慶應義塾大学通信教育課程教科書(社会心理学)
    2019 - 現在
学歴 (3件):
  • 1995 - 慶應義塾 社会学研究科
  • 1992 - 慶應義塾 社会学研究科
  • 1990 - 慶應義塾 文学部
学位 (2件):
  • 社会学修士 (慶應義塾)
  • 博士(心理学) (慶應義塾)
経歴 (17件):
  • 2018/04/01 - 現在 慶應義塾大学 教授
  • 2018/04/01 - 現在 大学教授(看護医療学部)
  • 2015/10/01 - 現在 大学学生総合センター副部長(湘南藤沢支部)
  • 2001/04 - 2018/03/31 大学助教授(看護医療学部)
  • 2014/04/01 - 2016/09/30 大学看護医療学部学習指導副主任
全件表示
委員歴 (30件):
  • 2011 - 現在 看護科学学会 会員
  • 2011 - 現在 看護科学学会 会員
  • 2009/05/10 - 現在 日本行動計量学会 会員
  • 2009/04/01 - 現在 日本コミュニティ心理学会 編集委員
  • 2006/04/01 - 現在 日本在宅ケア学会 査読委員
全件表示
所属学会 (11件):
日本心理学会 ,  日本社会心理学会 ,  日本健康心理学会 ,  日本コミュニティ心理学会 ,  慶應義塾大学湘南藤沢学会 ,  日本在宅ケア学会 ,  日本行動計量学会 ,  看護科学学会 ,  日本基礎心理学会 ,  看護実践学会 ,  日本応用心理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る