研究者
J-GLOBAL ID:200901015274491952   更新日: 2020年08月25日

藤本 健造

フジモト ケンゾウ | Fujimoto Kenzo
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.jaist.ac.jp/ms/labs/fujimoto/fujimotohp/
研究分野 (11件): グリーンサステイナブルケミストリー、環境化学 ,  機能物性化学 ,  高分子化学 ,  有機合成化学 ,  分析化学 ,  生物分子化学 ,  ナノバイオサイエンス ,  ナノ材料科学 ,  ナノ構造物理 ,  ナノ構造化学 ,  生命、健康、医療情報学
研究キーワード (8件): 人工DNA ,  遺伝子診断 ,  光遺伝子操作 ,  DNAコンピューティング ,  DNAメモリー ,  生物有機化学 ,  化学生物学 ,  核酸化学
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 光を用いたDNA,RNA操作
論文 (154件):
  • Yasuha Watanabe, Kenzo Fujimoto. Complete Photochemical Regulation of 8-17 DNAzyme Activity using Reversible DNA Photo-cross-linking. Chembiochem : a European journal of chemical biology. 2020
  • Kenzo Fujimoto, Kenta Ishida, Li Xue, Shigetaka Nakamura. Effect of linker length on photo-cross-linking position mediated by click chemistry: Via [2 + 2]photocycloaddition. Photochemical and Photobiological Sciences. 2020. 19. 6. 776-782
  • Takashi Sakamoto, Zhiyong Qiu, Miyu Inagaki, Kenzo Fujimoto. Simultaneous Amino Acid Analysis Based on 19F NMR Using a Modified OPA-Derivatization Method. Analytical Chemistry. 2020. 92. 2. 1669-1673
  • Shigetaka Nakamura, Kanako Ishino, Kenzo Fujimoto. Photochemical RNA Editing of C to U by Using Ultrafast Reversible RNA Photo-crosslinking in DNA/RNA Duplexes. ChemBioChem. 2020
  • K. Fujimoto, Misaki Hashimoto, Nanami Watanabe, Shigetaka Nakamura. RNA fluorescence in situ hybridization hybridisation using photo-cross-linkable beacon probes containing pyranocarbazole in living E. coli. Bioorganic and Medicinal Chemistry Letters. 2019. 29. 16. 2173-2177
もっと見る
MISC (42件):
  • 藤本 健造. 光化学的核酸類操作法の開発 : ゲノムDNAの光操作・RNA光編集に向けて. アグリバイオ = Agricultural biotechnology. 2019. 3. 12. 1173-1175
  • 藤本健造. 光化学的DNA及びRNA操作法の開発-ゲノムDNAの光操作・RNA光編集に向けて-. 月刊メディカル・サイエンス・ダイジェスト. 2019. 45. 9. 570-571-571
  • 藤本 健造. 光化学的DNA及びRNA操作法の開発 ゲノムDNAの光操作・RNA光編集に向けて. Medical Science Digest. 2019. 45. 9. 570-571
  • 中野雅元, SETHI Siddhant, 本田望, 中村重孝, 藤本健造. 標的シトシン周辺環境が3-cyanovinylcarbazoleを用いた光化学的RNA編集に及ぼす影響. 日本RNA学会年会要旨集. 2019. 21st. 83
  • 石田健太, 中村重孝, 藤本健造. 従来と異なる位置のピリミジンと架橋する新規DNA光架橋反応. 日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM). 2019. 99th. ROMBUNNO.1G4-06
もっと見る
特許 (60件):
講演・口頭発表等 (209件):
  • ゲノム編集に向けた可逆的なDNA光架橋を用いたDNA鎖中シトシン誘導体の塩基変換
    (日本化学会第100春季年会 2020)
  • 細胞内RNA操作に向けた可視光で操作可能な新規RNA光クロスリンカーの開発
    (日本化学会第100春季年会 2020)
  • 光化学的に構築したDNAナノ構造がリポソーム表面に及ぼす影響
    (日本化学会第100春季年会 2020)
  • Development of novel photoresponsive artificial nucleic acid capable of photo-cross-linking with pyrimidine bases at different positions
    (日本化学会第100春季年会 2020)
  • アンチジーン法に向けた光誘起型double duplex invasion DNA構造の構築
    (日本化学会第100春季年会 2020)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1997 京都大学 合成・生物化学専攻
  • - 1992 京都大学
学位 (1件):
  • 博士(工学) (京都大学)
経歴 (7件):
  • 2009 - 現在 - 北陸先端科学技術大学院大学 教授
  • 2002 - 2009 北陸先端科学技術大学院大学 准教授
  • 2008 - - 文部科学省 研究振興局 学術調査官
  • 2002 - 2005 JSTさきがけ研究者「ナノテク融合」領域
  • 1997 - 2002 京都大学大学院工学研究科 助教
全件表示
委員歴 (1件):
  • 2008 - - 文部科学省 研究振興局 学術調査官
受賞 (7件):
  • 2015/04 - 文部科学省 文部科学大臣表彰科学技術賞(科学技術振興部門)
  • 2009 - 文部科学大臣表彰 若手科学者賞
  • 2007 - バイオビジネスコンペ協賛企業特別賞
  • 2007 - バイオビジネスコンペ最優秀賞
  • 2007 - 日本化学会BCSJ論文賞
全件表示
所属学会 (6件):
高分子学会 ,  アメリカ化学会 ,  生物物理学会 ,  日本分析化学会 ,  分子生物学会 ,  日本化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る