研究者
J-GLOBAL ID:200901015296333463   更新日: 2020年06月05日

緒形 雅則

オガタ マサノリ | Ogata Masanori
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (9件): 栄養学、健康科学 ,  基盤脳科学 ,  医療薬学 ,  生理学 ,  神経科学一般 ,  神経科学一般 ,  神経科学一般 ,  神経科学一般 ,  神経科学一般
研究キーワード (6件): 注意欠損多動症 ,  行動科学 ,  ドーパミン神経系 ,  痛み ,  高次中枢 ,  Higher CNS Function
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2016 - 2019 脳内ドーパミン神経の脱落により生じる低体重の機序解明
  • 2014 - 2017 痒み神経機構の生後発達におけるドーパミン神経系の役割解明
  • 2011 - 2014 幼若期ドーパミン神経系傷害が成熟後の痛覚機構におよぼす影響に関する研究
  • 2003 - 2005 記憶情報処理における海馬ゲーティング機構の役割解明
  • 2002 - A Role of Nigro-Striatal Dopamine System in Motor Learning
論文 (2件):
MISC (43件):
書籍 (1件):
  • 視床核ニューロンと鍼刺激激(共著)
    鍼灸最前線-科学化の現在と展開-医道の日本社 1997
学歴 (4件):
  • - 1987 北里大学 衛生学
  • - 1987 北里大学
  • - 1985 北里大学 衛生技術学科
  • - 1985 北里大学
学位 (2件):
  • 学術修士 (北里大学)
  • 学術博士 (北里大学)
経歴 (6件):
  • 1998 - 現在 北里大学医療衛生学部 助手
  • 1998 - 現在 Research Associate, School of Allied Health
  • 1987 - 1997 北里大学衛生学部 助手
  • 1987 - 1997 Research Associate, Faculty of Hygienic
  • Sciences, Kitasato Unibersity
全件表示
所属学会 (4件):
INTERNATIONAL ASSOCIATION FOR THE STUDY OF PAIN ,  日本疼痛学会 ,  日本生理学会 ,  Society for Neuroscience
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る