研究者
J-GLOBAL ID:200901015341261126   更新日: 2021年01月12日

山室 真澄

ヤマムロ マスミ | Yamamuro Masumi
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (2件): http://webpark1489.sakura.ne.jp/docs/profile/profile.htmlop_english.htmlhttp://nes.nenv.k.u-tokyo.ac.jp/index2.html
研究分野 (7件): 生態学、環境学 ,  大気水圏科学 ,  生物資源保全学 ,  環境政策、環境配慮型社会 ,  環境影響評価 ,  環境動態解析 ,  地理学
研究キーワード (18件): 窒素循環 ,  藻場 ,  沿岸 ,  汽水域 ,  湖沼 ,  底生生物系 ,  古環境 ,  沈水植物 ,  生物地球化学 ,  nitrogen ,  seagrass bed ,  coast ,  estuary ,  lake ,  benthic ecosystem ,  paleoenvironment ,  SAV ,  biogeochemistry
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 水環境問題
  • 水圏環境学
  • Water Quality Control
  • Aquatic Environment
  • -
論文 (129件):
もっと見る
MISC (60件):
書籍 (10件):
  • 沖縄の河川と湿地の底生動物 沖縄の河川と湿地の底生動物
    東海大学出版部 2017
  • 理科好きな子に育つ ふしぎのお話365: 見てみよう、やってみよう、さわってみよう 体験型読み聞かせブック
    誠文堂新光社 2015
  • 中海宍道湖の科学-水理・水質・生態系-
    ハーベスト出版 2014
  • 自然はわたしの実験室 宍道湖淡水化と「ヤマトシジミ」/フィールド科学の入口 自然景観の成り立ちを探る
    玉川大学出版部 2013
  • 貧酸素水塊-現状と対策
    生物研究社 2013
もっと見る
Works (33件):
  • 空気と水環境の循環による複合汚染について「空気と水から健康を考える」
    山室真澄 2015 -
  • 会議主催:第17回河川生態学術研究会
    2014 - 2014
  • 会議主催:女子中高生支援イベント「知の冒険に出かけよう」
    2014 - 2014
  • 多様な生態系を育む水と森の国
    山室真澄 2014 -
  • 水から命を守る温故知新 蓄積する複合汚染と見えない人権侵害-次世代へのリスクを考える
    山室真澄 2014 -
もっと見る
委員歴 (64件):
  • 2018/04 - 現在 日本学術会議 環境学委員会・地球惑星科学委員会合同 FE・WCRP合同分科会 Future Earth Coasts 小委員会委員
  • 2016/03 - 現在 長野県 環境影響評価技術委員会委員
  • 2015/10 - 現在 応用生態工学会 理事
  • 2013/04 - 現在 中央環境審議会 臨時委員
  • 2015/12 - 2018/11 独立行政法人日本学術振興会 科学研究費委員会 専門委員
全件表示
受賞 (2件):
  • 2011/10 - 財団法人 河川環境管理財団 平成23年度 河川整備基金助成事業優秀成果 手賀沼においてハス群落が水環境に及ぼす影響評価と適切な整備・管理方法に関する研究
  • 2009/01 - 財団法人 河川環境管理財団 平成21年度 河川整備基金助成事業優秀成果 高位捕食者である外来生物の駆除が水域の物質循環に与える影響の解明と管理手法の提案
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る