研究者
J-GLOBAL ID:200901015433003980   更新日: 2020年08月31日

植田 一正

ウエダ カズマサ | Ueda Kazumasa
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
  • 静岡大学  工学部 - 化学バイオ工学科 
  • 静岡大学  大学院総合科学技術研究科工学専攻 - 化学バイオ工学コース 
研究分野 (1件): 機能物性化学
研究キーワード (1件): photochromism
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2013 - 2016 ナノ構造体の配向制御を目指した多孔質有機結晶作製法の確立
  • 2009 - 直交配向分子を用いた電子移動を伴わない新規情報伝達素子の合成と論理回路への展開
  • 2008 - 直交配向分子を用いた電子移動を伴わない新規情報伝達素子の合成と論理回路への展開
  • 2007 - 直交配向分子を用いた電子移動を伴わない新規情報伝達素子の合成と論理回路への展開
  • 2006 - 扇形分子を用いたマイルドな条件下での金属ナノワイヤーの合成法の確立
全件表示
論文 (64件):
  • 責任著者, 植田 一正, 共著者]Hiroki Kusanagi, Hiroki Nanbo, Tsunayoshi, Takehara,Takeyuki Suzuki. Syntheses, Crystal Structures and Solid State Absorption Spectra of n-Propylsulfanyl- and Isopropylsulfanyl-substituted 2,5-di(1,3-dithiol-2-ylidene)-1,3- dithiolane-4-thione Derivatives with Methoxycarbonyl Groups. Bull. Chem. Soc. Jpn. 2017. 90. 3. 306-311
  • Kazumasa Ueda, Hiroki Kusanagi, Hiroki Nanbo, Yoshiumi Kohno, Tomoe Egami, Keiko Miyabayashi, Takeyuki Suzuki. Synthesis, Electronic, and Crystal Structures of Methoxycarbonyl-substituted 2,5-Di(1,3-dithiol-2-ylidene)-1,3-dithiolane-4-thione Derivatives. CHEMISTRY LETTERS. 2014. 43. 8. 1224-1226
  • Kazumasa Ueda, Kei Kunimoto, Kousuke Henmi, Keiko Miyabayashi, Kenji Yoza. Zigzag arrangement of bromo-substituted 2,5-Di(1,3-dithiol-2-ylidene)-1,3- dithiolane-4-thione derivatives and their physical properties. Chemistry Letters. 2013. 42. 11. 1420-1422
  • 責任著者]K. Ueda, 共著者]K. Suzuki, K. Kunimoto, K. Yoza. 2,5-Bis(1,3-dithiol-2-ylidene)-1,3-dithiolane-4-thione. ACTA CRYSTALLOGRAPHICA SECTION E. 2012. 68. 1. o52
  • 責任著者]K. Ueda, 共著者]K. Suzuki, K. Suzuki, K. Yoza, T. Ishida. Syntheses, crystal structures and DFT calculations of 2-[4,5-bis(ethylsulfanyl)-1,3-dithiol-2-ylidene]-5- (4,5-diiodo-1,3-dithiol-2-ylidene)-1,3-dithiolan-4-thione and -one. PHYSICA B. 2010. 405. 11. S69-S74
もっと見る
MISC (7件):
  • 責任著者, Kazumasa Ueda, 共著者]Tomoki Suzuki, Ryusuke Kita. (総説). 2006. ???. ???. ???
  • 植田一正. フランス国立研究所錯体化学部門滞在再び?-トゥールーズは燃えているか?-(解説). OMNニュース. 2006. 2006. 1. 12-13
  • 責任著者, 杉本豊成, 共著者, 植田一正. 単一成分系の有機金属伝導体や有機磁性導体(解説). 化学. 2001. 56. 10. 60-61
  • 責任著者]N. Kuroda, 共著者]T, Sugimoto, K. Ueda, M. Kohama, N. Toyota. Temperature Dependence of Electronic Optical Absorption in (NMe4+・TCNQ-.)2・TCNQ. SYNTHETIC METALS. 1999. 103. 2347-2348
  • 責任著者, 植田一正, 共著者, 岩松雅樹, 杉本豊成. 新しい機能性有機材料を指向するテトラチアフルバレン誘導体の合成(総説). 有機合成化学協会誌. 1998. 56. 9. 755-763
もっと見る
特許 (1件):
  • ナノワイヤーの製造方法
書籍 (12件):
  • 演習・基礎から学ぶ 大学の化学
    培風館 2018
  • 工学基礎化学実験第8版
    学術図書出版社 2018
  • 工学基礎化学実験第7版
    学術図書出版社 2017
  • 工学基礎化学実験第6版
    学術図書出版社 2016
  • 工学基礎化学実験第5版
    学術図書出版社 2015
もっと見る
講演・口頭発表等 (47件):
  • Synthesis and Optical Properties of Nitrile Substituted 2,5-Di(1,3-dithiol-2-ylidene)-1,3-dithiolane-4-thione Derivatives
    (日本化学会第99春季年会(2019) 2019)
  • Syntheses and Solid State Absorption Spectra of Dithiacyclopentene Tetramers
    (日本化学会第98春季年会2018 2018)
  • Solid State Optical Properties and DFT Calurations of Near-Inrared Light Absorbing Alkylthio Substituted 2,5-Di(1,3-dithiol-2-ylidene)-1,3-dithiolane-4-thione Derivatives
    (日本化学会第97春季年会2017 2017)
  • 水素結合を利用した無機クラスター内包レドックス活性多孔質有機結晶の作製
    (第47回中部化学関係学協会支部連合秋季大会 2016)
  • 2,5-ジ(1,3-ジチオール-2-イリデン)-1,3-ジチオラン-4-チオン誘導体の固相における光物性
    (第47回中部化学関係学協会支部連合秋季大会 2016)
もっと見る
学歴 (6件):
  • - 1995 大阪大学 有機化学専攻
  • - 1995 大阪大学
  • - 1992 大阪大学 有機化学専攻
  • - 1992 大阪大学
  • - 1990 大阪大学 化学科
全件表示
学位 (2件):
  • 博士(理学) (大阪大学)
  • 修士(理学) (大阪大学)
委員歴 (4件):
  • 2016/04 - 2017/03 日本化学会東海支部幹事
  • 2015/04 - 2016/03 日本化学会東海支部常任幹事
  • 2012/04 - 近畿化学協会エレクトロニクス部会部会誌編集委員会委員長
  • 2012/04 - 近畿化学協会エレクトロニクス部会運営幹事
所属学会 (4件):
日本化学会 ,  有機合成化学協会 ,  近畿化学協会 ,  近畿化学協会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る