研究者
J-GLOBAL ID:200901015473354140   更新日: 2020年04月30日

真木 隆行

マキ タカユキ | Maki Takayuki
所属機関・部署:
職名: 教授
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2012 - 2014 中世王権の密教僧に対する布施と勧賞
  • 2007 - 2009 後七日御修法に関する基礎的研究
  • 2001 - 2003 古代~近世の中国地方における採鉱冶金に関する総合的研究
論文 (26件):
  • 真木隆行. 中世における神仏習合の世界観. 神仏分離150年シンポジウム実行委員会編『神仏分離を問い直す』(法藏館). 2020. 43-76
  • 真木 隆行. 氷上山興隆寺の旧境内. 大内氏歴史文化研究会編『大内氏の世界をさぐる』勉誠出版. 2019. 74-77
  • 真木 隆行. 大内氏と寺社. 大内氏歴史文化研究会編『大内氏の世界をさぐる』勉誠出版. 2019. 57-73
  • 真木 隆行. 法皇院政とその出家儀礼の確立 -白河院と鳥羽院の出家-. 原田正俊編『宗教と儀礼の東アジア -交錯する儒教・仏教・道教-』勉誠出版. 2017. 230-245
  • 真木隆行. 洞春寺の中世文書. 山口市教育委員会文化財保護課『大内氏歴史文化研究会資料調査報告書第1集 洞春寺歴史資料仮目録 山口大学との共同調査』. 2016. 13-24
もっと見る
MISC (5件):
  • 真木 隆行. (史料紹介)山口市史(中世編)の今八幡宮史料調査. 鴻城鎮護. 2016. 126. 2-4
  • 真木隆行. (新刊紹介)京都府立総合資料館編『東寺百合文書一 -イ函・ロ函一』. 日本史研究. 2005. 515. 81-82
  • 真木 隆行. (論文要旨)中世の真言宗僧団と王権. 大阪大学大学院文学研究科紀要. 2004. 44. 115-116
  • 真木隆行. (新刊紹介)伊藤俊一・近藤俊彦・富田正弘編『東寺廿一口供僧方評定引付』第一巻. 日本史研究. 2004. 498. 109-110
  • 真木 隆行. (大会報告要旨)中世東寺長者の成立. 1999. 97-99
書籍 (5件):
  • 大内氏受発給文書目録
    山口市 2020
  • 『大内氏歴史文化研究会資料調査報告書第1集 洞春寺歴史資料仮目録 山口大学との共同調査』
    山口市教育委員会文化財保護課 2016
  • 『山口市史 史料編 中世』
    山口市 2016
  • 『訳注日本史料 寺院法』
    集英社 2015
  • 『日本歴史大事典 4 索引資料』
    小学館 2001
講演・口頭発表等 (23件):
  • 平安時代末期における上皇出家の質的変容
    (時間学国際シンポジウム2018「中世日本の時間意識」 2018)
  • 中宮徳子の御産とその御祈
    (関西大学 東西学術研究所研究例会 2016)
  • 法体と俗体の大内氏権力
    (日本宗教史懇話会サマーセミナー 2015)
  • 中世の防府天満宮とその変容
    (松崎天神縁起研究会 2015)
  • 法体と俗体の大内氏権力
    (山口市史「史料編」編さん講演会 2014)
もっと見る
Works (1件):
  • 特定非営利活動法人 歴史の町山口を甦らせる会編DVD『平成19年度山口市地域文化まちづくり推進事業補助事業 大内文化の遺産II』所収「興隆寺」の章の監修・出演解説
    2008 -
学歴 (1件):
  • 1994 - 1999 大阪大学大学院 文学研究科博士後期課程 史学専攻
学位 (2件):
  • 博士(文学) (大阪大学)
  • 修士(文学) (大阪大学)
委員歴 (13件):
  • 2020/01 - 現在 山口市文化財審議会 委員
  • 2019/04 - 現在 大内氏遺跡保存対策協議会 専門委員
  • 2013/04 - 現在 山口市景観審議会 委員
  • 2010/08 - 現在 日本宗教史懇話会 サマーセミナー呼びかけ人
  • 2005/09 - 現在 大内氏歴史文化研究会 委員
全件表示
所属学会 (5件):
大阪歴史学会 ,  佛教史学会 ,  歴史学研究会 ,  日本史研究会 ,  日本宗教史懇話会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る