研究者
J-GLOBAL ID:200901015567752432   更新日: 2021年04月28日

柳原 佐智子

Yanagihara Sachiko
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/40262505
研究分野 (1件): 経営学
研究キーワード (6件): 在宅勤務 ,  情報倫理 ,  情報システム ,  情報教育 ,  テレワーク ,  情報リテラシー
競争的資金等の研究課題 (13件):
  • 2021 - 2026 ビジネス情報倫理:営利・非営利組織における情報倫理問 題の本質の解明とその解決のためのポリシーリコメンデーション
  • 2021 - 2024 テレワーク環境の進展が組織記憶メカニズムに与える影響のモデル化
  • 2021 - 能楽におけるオンライン活動の情報論的意義の解明
  • 2017 - 2021 ソーシャルメディアを用いた顧客信頼形成を可能にする組織的行動情報活用能力の解明
  • 2019 - 2021 能楽におけるコミュナルな実践の構図の解明
全件表示
論文 (27件):
  • YANAGIHARA, Sachiko. How Human Coexistence with ICT in the Era of Telework Enabled Should Be: From the Viewpoint of Now and the Future of Telework in Japan. Japan Labor Issues. 2021. 5. 29. 21-36
  • 柳原 佐智子. BYOD環境の構築が働き方の意識に与える影響 : テレワークのための情報システムと人間の関係 (特集 社会物質性へのいざない). 日本情報経営学会誌 = Journal of information and management. 2019. 39. 3. 28-39
  • 古賀広志, 柳原佐智子. テレワークの7つの神話:地方の生活に根ざすオフィスの在り方についての一考察. 日本テレワーク学会誌. 2019. 17. 1. 19-27
  • 柳原佐智子. 日本におけるテレワークの現状と今後-人間とICTとの共存はどうあるべきか. 日本労働研究雑誌. 2019. 709. 16-27
  • 柳原 佐智子. 労働時間を厳格に管理された在宅勤務者の組織市民行動 (特集 情報経営視点の組織市民行動再考). 日本情報経営学会誌 = Journal of information and management. 2019. 39. 1. 57-67
もっと見る
MISC (42件):
書籍 (8件):
  • 情報倫理入門
    2021
  • 共感が未来をつくる ソーシャルイノベーションの実践知
    千倉書房 2021
  • 地域と人を活かすテレワーク
    同友館 2018 ISBN:449605342X
  • 従業員と顧客の自発的貢献行動
    多賀出版 2015 ISBN:9784811578514
  • ものづくりに役立つ経営工学の事典 : 180の知識
    朝倉書店 2014 ISBN:9784254270228
もっと見る
講演・口頭発表等 (30件):
  • 雇用型テレワークの実態調査:予備的研究
    (日本テレワーク学会研究発表大会論文集 2019)
  • 労働時間管理を行うテレワークでの組織市民行動
    (日本情報経営学会全国大会予稿集 2018)
  • 在宅勤務者の行動がバーチャル環境の業務に果たす役割:「雰囲気としての組織市民行動」に関する考察
    (日本情報経営学会全国大会予稿集 2017)
  • テレワーク時代の地域のアイデンティティ:もう一つの組織の境界を考える
    (日本テレワーク学会研究発表大会論文集 2017)
  • 小学校のブログの情報品質が閲覧者と投稿者の行動に与える影響
    (日本情報経営学会全国大会予稿集 2016)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(情報科学)
経歴 (3件):
  • 2021/04 - 現在 明治大学 ビジネス情報倫理研究所 客員研究員
  • 2017 - 現在 富山大学 経済学部経営学科 教授
  • 2019/06 - 2020/03 法政大学 野上記念法政大学能楽研究所 客員研究員
委員歴 (3件):
  • 2018/04 - 現在 日本情報経営学会 理事
  • 2015/07 - 現在 日本テレワーク学会 顧問
  • - 2015/06 日本テレワーク学会 理事
所属学会 (6件):
教育システム情報学会 ,  情報処理学会 ,  経営情報学会 ,  日本情報経営学会 ,  日本テレワーク学会 ,  Asian Privacy Scholars Network
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る