研究者
J-GLOBAL ID:200901015605048043   更新日: 2020年06月30日

小椋 義俊

オグラ ヨシトシ | Ogura Yoshitoshi
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 細菌学
研究キーワード (1件): 基礎・フロンティア研究領域
論文 (40件):
  • Okura M, Maruyama F, Ota A, Tanaka T, Matoba Y, Osawa A, Sadaat SM, Osaki M, Toyoda A, Ogura Y, Hayashi T, Takamatsu D. Genotypic diversity of Streptococcus suis and the S. suis-like bacterium Streptococcus ruminantium in ruminants. Veterinary research. 2019. 50. 1. 94
  • Sato MP, Ogura Y, Nakamura K, Nishida R, Gotoh Y, Hayashi M, Hisatsune J, Sugai M, Takehiko I, Hayashi T. Comparison of the sequencing bias of currently available library preparation kits for Illumina sequencing of bacterial genomes and metagenomes. DNA research : an international journal for rapid publication of reports on genes and genomes. 2019. 26. 5. 391-398
  • Hashihama Fuminori, Suwa Shuhei, Kanda Jota, Ehama Makoto, Sakuraba Ryousuke, Kinouchi Shinko, Sato Mitsuhide, Yamaguchi Tamaha, Saito Hiroaki, Ogura Yoshitoshi, Hayashi Tetsuya, Mori Hiroshi, Kurokawa Ken, Suzuki Shotaro, Hamasaki Koji. Arsenate and microbial dynamics in different phosphorus regimes of the subtropical Pacific Ocean. PROGRESS IN OCEANOGRAPHY. 2019. 176
  • Yoshimura D, Kajitani R, Gotoh Y, Katahira K, Okuno M, Ogura Y, Hayashi T, Itoh T. Evaluation of SNP calling methods for closely related bacterial isolates and a novel high-accuracy pipeline: BactSNP. Microbial genomics. 2019. 5. 5
  • Nakamura K, Shinoda N, Hiramatsu Y, Ohnishi S, Kamitani S, Ogura Y, Hayashi T, Horiguchi Y. BspR/BtrA, an Anti-σ Factor, Regulates the Ability of Bordetella bronchiseptica To Cause Cough in Rats. mSphere. 2019. 4. 2
もっと見る
MISC (7件):
  • 小椋義俊, 林哲也. 腸管出血性大腸菌における病原性のゲノム進化. 感染・炎症・免疫. 2012. 42. 182-195
  • 小椋義俊, 大岡唯祐, 林哲也. 腸管出血性大腸菌O111の進化と病原性. 神経内科. 2012. 76. 2. 155-163
  • 小椋義俊, 大岡唯祐, 林哲也. ゲノム解析から見えてきた腸管出血性大腸菌の毒素及び病原因子の新知見. 化学療法の領域. 2009. 25. 5. 767-777
  • Hiroyuki Abe, Akira Miyahara, Taku Oshima, Kosuke Tashiro, Yoshitoshi Ogura, Satoru Kuhara, Naotake Ogasawara, Tetsuya Hayashi, Toru Tobe. Global regulation by horizontally transferred regulators establishes the pathogenicity of Escherichia coli. DNA Research. 2008. 15. 13-23
  • 大岡 唯祐, 小椋 義俊, 林 哲也. 感染症 基礎と臨床の接点 大腸菌O157のゲノム研究とその応用. JARMAM. 2005. 16. 2. 179-181
もっと見る
書籍 (10件):
  • 腸管出血性大腸菌における病原性のゲノム進化
    感染・炎症・免疫 2012
  • 第4章 新規ゲノム配列決定編 細菌ゲノム. 細胞工学別冊 次世代シークエンサー 目的別アドバンストメソッド
    秀潤社 2012 ISBN:9784780908558
  • 腸管出血性大腸菌O111の進化と病原性
    神経内科 2012
  • 腸管出血性大腸菌と腸管病原性大腸菌のゲノム解読と病原性進化メカニズムの解明.
    日本細菌学雑誌 2011
  • 腸内共生系のバイオサイエンス
    丸善出版株式会社 2011 ISBN:9784621083611
もっと見る
講演・口頭発表等 (97件):
  • 胆汁酸と腸内フローラ:メタボリックシンドローム発症との関連性.
    (日本農芸化学会2014年度大会 2014)
  • Analysis of botulinum neurotoxin type G gene-encoding plasmid in Clostridium argentinense.
    (第87回日本細菌学会総会 2014)
  • Helicobacter cinaedi PAGU611株と近縁菌種間の機能面での比較ゲノム解析.
    (第87回日本細菌学会総会 2014)
  • ESBL産生腸管凝集性大腸菌(EAEC)の分子疫学解析.
    (第87回日本細菌学会総会 2014)
  • ブタ由来気管支敗血症菌S798株のゲノム解析.
    (第87回日本細菌学会総会 2014)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 1999 - 2002 奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス研究科 細胞生物学 博士後期課程
学位 (3件):
  • 博士(バイオサイエンス) (奈良先端科学技術大学院大学)
  • 修士(バイオサイエンス) (奈良先端科学技術大学院大学)
  • 学士 (近畿大学)
経歴 (4件):
  • 2020/06 - 現在 久留米大学 医学部 感染医学講座 基礎感染医学部門 教授
  • 2015/04 - 2020/05 九州大学 准教授
  • 2007/04 - 2015/03 宮崎大学 助教
  • 2003/04 - 2007/03 宮崎大学 助手
委員歴 (7件):
  • 2018/01 - 現在 トキシンシンポジウム 運営委員会委員
  • 2018 - 現在 日本ゲノム微生物学会 評議員
  • 2015/01 - 2017/12 日本ゲノム微生物学会 評議員
  • 2015/01 - 2017/12 日本細菌学会 シンポジウム企画調整委員
  • 2012/01 - 2014/12 日本細菌学会 シンポジウム企画調整委員会委員
全件表示
受賞 (3件):
  • 2015/10 - 宮崎大学 宮崎大学ハイステップ研究者表彰
  • 2014/07 - 平成26年度腸管出血性大腸菌感染症研究会奨励賞
  • 2011/09 - 日本細菌学会平成23年黒屋奨学賞
所属学会 (1件):
トキシンシンポジウム
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る