研究者
J-GLOBAL ID:200901015635276776   更新日: 2021年01月04日

川島 高峰

カワシマ タカネ | Takane Kawashima
所属機関・部署:
職名: 専任准教授
研究分野 (2件): 日本史 ,  政治学
論文 (30件):
  • 政治家のイメージの形成に与える報道の影響に関する研究. 放送文化基金. 2009
  • 「手紙の中の「東京裁判」. 『年報日本現代史』. 2008
  • 「ICTがもたらす政治学導入教育の変革から日本の政治文化を考える」. 『大学教育と情報』. 2008
  • 「テッサ、モーリス、スズキ氏の帰国事業日本責任論を批判する」. 北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会編『光射せ!』創刊号. 2007
  • 「教育の情報化からユビキタス化へ」. 『教育改革ITフォーラム』(私立大学情報教育協会). 2007
もっと見る
書籍 (18件):
  • 『占領軍治安・諜報月報』 (全14巻)
    現代史料出版 2006
  • 講談社学術文庫 翻訳『昭和天皇』下巻 (H.ビックス著)
    講談社 2005
  • 講談社学術文庫 翻訳『昭和天皇』上巻 (H.ビックス著)
    講談社 2005
  • 講談社学術文庫 『流言・投書の太平洋戦争』
    講談社 2004
  • 『イラク人権レポート』
    現代史料出版 2003
もっと見る
講演・口頭発表等 (32件):
  • 国際共産主義運動の思想と行動
    (日本政治学会 2011年度 研究大会 2011)
  • 「脱北とは何か 魂のデプログラミングから自己回復と体制のデプログラミングヘ」
    (アジア人権人道学会 2010)
  • 国際人権問題の中の日本人拉致
    (徳島県 平成21年度 人権問題講演会 2010)
  • 「国際人権問題の中の日本人拉致」
    (徳島県平成21年度拉致問題講演会 2010)
  • 国際共産主義運動の中の北朝鮮帰還事業
    (アジア人権人道学会 2009)
もっと見る
Works (8件):
  • 悲劇の楽園 ~北朝鮮帰国事業、50年目の真実~
    2009 -
  • 『TBS報道特集』(2006.12.17放映)、「ウソの塊! 北朝鮮帰還事業」
    2006 -
  • 『SAPIO』(2006.6.28)、GHQ「私信検閲報告書」で新事実浮上!
    2006 -
  • 東北放送・ラジオドキュメンタリー「北へ渡ったヒーロー〜北朝鮮帰国事業とは何だったのか〜」(2005.3.6)、第42回ギャラクシー賞ラジオ部門選奨受賞作品、インタビューと資料提供。
    2005 -
  • 『Yomiuri Weekly 』(2003.2.16)、連載特集「手紙の中の日本人」、マッカーサーへの手紙について
    2003 -
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1990 - 1997 明治大学 政治学
  • - 1987 明治大学 政治学科
委員歴 (2件):
  • 2020/09 - 私立大学情報教育協会 医療系分野フォーラム型実験小委員会
  • 2006 - 私立大学情報教育協会 サイバー・キャンパス・コンソーシアム政治学系委員会委員
所属学会 (2件):
移民政策学会 ,  日本政治学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る