研究者
J-GLOBAL ID:200901015691669896   更新日: 2019年12月26日

西岡 けいこ

ニシオカ ケイコ | NISHIOKA Keiko
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 教育学
研究キーワード (6件): 教育学 ,  現象学 ,  幼児教育学 ,  教育方法学 ,  哲学 ,  メルロ=ポンティ
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 現象学・現象学的心理学の視点からの教育方法学理論
MISC (27件):
  • 西岡 けいこ. H.ワロンにおける「自分という意識」について. 『関東教育学会紀要』. 1989. 第16号
  • 西岡 けいこ(圭子). 子どもに環境にかかわる力が育つとはどういうことか・H.ワロンの「表象」論が示唆すること,日本教育方法学会紀要教育方法学研究,第16号,1990. 『日本教育方法学会紀要 - 教育方法学研究』. 1991. 第16号. 21-28
  • 西岡 けいこ(圭子). H.ワロンの『子どもにおける思考の起源』の子どものみかた-「対」の概念による「対話」分析の検討を通して,教育哲学会紀要教育哲学研究,第68号,1993. 『教育哲学研究』 教育哲学会. 1993. 第68号. 41-53
  • 西岡 けいこ(圭子). 我が国の教育学研究におけるワロン評価の特色と今後の研究の可能性・子ども観の観点から. 『フランス教育学会紀要』. 1994. 第6号
  • 西岡 けいこ(圭子). メルロ=ポンティの教育学の発想 - ソルボンヌ講義の意義. メルロ=ポンティ研究. 1997. 第3号. 57-72
もっと見る
書籍 (13件):
  • 『幼児放送教育の研究』
    川島書店 1989
  • 『年齢別保育実践シリーズ 第1巻 0~1歳の遊びが育つ』
    フレーベル館 1990
  • 『現代学力形成論』
    共同出版 1996 ISBN:4-319-00092-7 c3037
  • 『教育原理の探求』
    相川書房 1998 ISBN:4-7501-0247-4 c3037
  • 『教育思想事典』 教育思想史学会
    勁草書房 2000
もっと見る
講演・口頭発表等 (7件):
  • 見ることから描くことへ - 現前の時間から湧出する時間へ
    (日本現象学会 第30回研究大会 2008)
  • メルロ=ポンティ絵画論における可能的鑑賞者
    (日本現象学会第31回研究大会 2009)
  • まなざしの歴史性 - 「可能的鑑賞者」の観点からの『眼と精神』再読
    (東北哲学会第62回大会 2012)
  • 「絵画の媒体性」と「まなざしの歴史性」
    (日本メルロ=ポンティ・サークル第20回大会 2014)
  • 絵画の媒体性としてのまなざしの歴史性
    (科研費研究会「表象媒体の哲学的研究」(課題番号 24520005) 2014)
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 1978 筑波大学
  • - 1981 筑波大学 地域研究専攻
  • - 1985 東京学芸大学 修士課程学校教育専攻
  • - 1991 筑波大学 学校教育学専攻
学位 (1件):
  • 博士論文(文学) (東北大学)
経歴 (5件):
  • 1981 - 1982 社会福祉法人鉄研舎ひかりの子学園, 児童指導員
  • 1991 - 1995 新潟中央短期大学, 専任講師
  • 2000 - 2001 東北大学, 内地研究員
  • 1995 - 香川大学, 助教授(教育学部)
  • 2003 - 香川大学, 教授(教育学部)
委員歴 (5件):
  • 2017/04 - 2017/10 日本教育方法学会, 日本教育方法学会第53回大会「課題研究III」コーディネーター 及び提案者(シンポジスト), 大会「課題研究III」コーディネーター 及び大会当日の提案者のひとり
  • 2014/10 - 教育哲学会第53回 大会, 教育哲学会第57回大会 自由研究発表分科会司会担当, 自由研究発表分科会 司会担当
  • 2010/10 - 教育哲学会第53回 大会, 教育哲学会第53回大会 自由研究発表分科会司会担当, 自由研究発表分科会 司会担当
  • 2009/09 - 日本教育方法学会第45回大会, 日本教育方法学会第45回大会実行委員長 及び課題研究IVコーディネーター, 実行委員長
  • 日本教育方法学会 理事
所属学会 (3件):
教育哲学会 ,  日本倫理学会 ,  日本教育方法学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る