研究者
J-GLOBAL ID:200901015762571388   更新日: 2020年09月01日

松本 紘

マツモト ヒロシ | Matsumoto Hiroshi
所属機関・部署:
職名: 教授,理事・副学長
ホームページURL (1件): http://www.rish.kyoto-u.ac.jp/~matsumot
研究分野 (4件): エネルギー化学 ,  プラズマ科学 ,  プラズマ応用科学 ,  宇宙惑星科学
研究キーワード (4件): Microwave Energy Transmission ,  Space Plasma Physics ,  マイクロ波無線送電 ,  宇宙プラズマ物理
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • マイクロ波エネルギー伝送と宇宙太陽発電所
  • 科学衛星GEOTAILによるプラズマ波動の研究
  • 宇宙プラズマ非線形力学の理論と計算機実験
  • Microwave Energy Transmission and Solar Power Station
  • Space Plasma Research by Scientific Satellite GEOTAIL
全件表示
論文 (376件):
もっと見る
MISC (35件):
  • B. Shishkov, N. Shinohara, H. Matsumoto, K. Hashimoto, T. Mitani. On the minimization of side-lobes in large antenna arrays for Microwave Power Transmission. 2011 30th URSI General Assembly and Scientific Symposium, URSIGASS 2011. 2011
  • T. Mitani, H. Kawasaki, N. Shinohara, H. Matsumoto. A study of oven magnetrons toward a transmitter for space applications. 2009 IEEE International Vacuum Electronics Conference, IVEC 2009. 2009. 323-324
  • A.K.M. Baki, K. Hashimoto, N. Shinohara, T. Mitani, H. Matsumoto. New and improved method of beam forming with reduced Side Lobe Levels for microwave power transmission. Proceedings of ICECE 2008 - 5th International Conference on Electrical and Computer Engineering. 2008. 773-777
  • A.K.M. Baki, K. Hashimoto, N. Shinohara, T. Mitani, M. Matsumoto, H. Matsumoto. Calibrated-time-frequency-MUSIC method for Direction of Arrival measurement of pilot signals. Proceedings of ICECE 2008 - 5th International Conference on Electrical and Computer Engineering. 2008. 768-772
  • T. Sakamoto, H. Matsumoto, T. Sato. A high-resolution imaging algorithm for complex-shaped target shapes by optimizing quasi-wavefronts. 2008 IEEE International Symposium on Antennas and Propagation and USNC/URSI National Radio Science Meeting, APSURSI. 2008
もっと見る
特許 (21件):
もっと見る
書籍 (8件):
  • 宇宙太陽光発電所
    ディスカヴァー・トゥエンティワン 2011 ISBN:479931016X
  • 京の宇宙学(共著)
    ナノオプトメディア 2009 ISBN:4764955008
  • 有機薄膜太陽電池の開発動向(共著)
    シーエムシー出版, p301-307 2005
  • 機械工学便覧 応用システム編γ5(共著)
    日本機械学会編, 8.1.4 d.マイクロ波送電, γ5-243-245 2005
  • CO2 固定化・削減・有効利用の最新技術(共著)
    シーエムシー出版, pp137-146 2004
もっと見る
Works (23件):
  • 宇宙航空研究開発機構:総合技術研究本部:SSPS用アクティブ集積アンテナ原型モデルの試作研究
    2004 - 2005
  • 日産自動車(株):マイクロ波送電を用いた電気自動車充電システムの評価研究
    2003 - 2004
  • 松下電子応用機器(株):マグネトロンに関する計算機実験
    2000 - 2004
  • 三菱重工業(株):マイクロ波送電の高効率化および高精度化に関する研究
    2004 -
  • 三菱電線工業(株):目的空間への無線電力供給システムの実用化研究
    2004 -
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 1967 京都大学
  • - 1967 京都大学
  • - 1965 京都大学
  • - 1965 京都大学
学位 (1件):
  • 工学博士
経歴 (21件):
  • 2005 - 京都大学理事(副学長)(財務・研究・情報基盤担当) 就任
  • 2004 - 京都大学生存圏研究所長就任
  • 2004 - 京都大学生存圏研究所教授
  • 2002 - 京都大学宙空電波科学研究センター長就任
  • 2002 - Director, Radio Science Center for Space and
全件表示
委員歴 (8件):
  • 2003 - 米国電気電子工学会(IEEE) フェロー
  • 1999 - 2002 国際電波科学連合(URSI:International Union of Radio Science) 会長,副会長,評議員
  • 1996 - 太陽地球間物理学科学委員会(SCOSTEP) S-RAMP Committee member
  • 1989 - 1994 アメリカ地球物理学会(AGU) AGU Fellow,Geophys. Res. Lett. アジア地区編集委員長,J. Geophys. Res. アジア・太平洋地区編集委員長,J. Geophys. Res. 編集副委員,J. Geomag. Geoelectr. 編集委員, AGU Regional Advisor Committee, AGU Journal Editor Committee
  • 1990 - 1992 電子情報通信学会 マイクロ波無線送電研究委員会幹事,通信ソサエティ環境電磁工学研究専門委員会組織委員,宇宙太陽発電時限研究専門委員会委員長
全件表示
受賞 (23件):
  • 2005 - 電子情報通信学会フェロー
  • 2004 - 情報通信月間推進協議会 近畿情報通信協議会会長表彰
  • 2004 - 英国王立天文学協会(RAS)外国人名誉会員(RASアソシエイト)
  • 2004 - President Award of Kansai Bureau of Telecommunications
  • 2004 - Royal Astronomical Society (RAS) Associate-Award
全件表示
所属学会 (10件):
太陽エネルギー学会 ,  物理学会 ,  米国電気電子工学会(IEEE) ,  太陽地球間物理学科学委員会(SCOSTEP) ,  宇宙空間計算機シミュレーション国際学校(ISSS) ,  アメリカ地球物理学会(AGU) ,  電子情報通信学会 ,  国際電波科学連合(URSI)プラズマ波動H委員会 ,  国際電波科学連合(URSI:International Union of Radio Science) ,  地球電磁気・地球惑星圏学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る