研究者
J-GLOBAL ID:200901015764470864   更新日: 2020年05月21日

山崎 創

ヤマザキ ソウ | Yamazaki Soh
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (3件): 分子生物学 ,  機能生物化学 ,  構造生物化学
研究キーワード (4件): JunB ,  IκBζ ,  転写調節因子 ,  分子生物学
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2017 - 2019 肝細胞死亢進マウスを用いた非アルコール性脂肪性肝炎のバイオマーカーと治療法の開発
  • 2016 - 2018 転写調節因子IκBζとその結合因子による免疫応答の制御機構
  • 2016 - 2017 敗血症におけるヒストン誘導性細胞死の機構解明
  • 2011 - 2013 核内因子IκB-ζを介したエピジェネティクな転写調節
  • 2008 - 2010 誘導性転写調節因子IκB-ζによる遺伝子特異的な発現制御
全件表示
論文 (17件):
  • Development of novel methods that monitor necroptosis and the release of DAMPs at the single cell resolution. Cell Stress. 2019. 3. 66-69
  • Short form FLICE-inhibitory protein promotes TNFα-induced necroptosis in fibroblasts derived from CFLARs transgenic mice. Biochem Biophys Res Commun. 2016. 480. 1. 23-28
  • The nuclear protein IκBζ forms a transcriptionally active complex with nuclear factor-κB (NF-κB) p50 and Lcn2 promoter via the N- and C-terminal ankyrin repeat motifs. J Biol Chem. 2016. 291. 39. 20739-20752
  • Glucocorticoid augments lipopolysaccharide-induced activation of the IκBζ-dependent genes encoding the anti-microbial glycoproteins lipolicain 2 and pentraxin 3. J Biochem. 2015. 157. 399-410
  • DNA element downstream of the κB site in the Lcn2 promoter is required for transcriptional activation by IκBζ and NF-κB p50. Genes Cells. 2014. 19. 8. 620-628
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1997 九州大学 医学系研究科 分子生命科学
  • - 1992 東北大学 理学部 生物学科
学位 (1件):
  • 博士(理学) (九州大学)
経歴 (4件):
  • 2015/04 - 現在 東邦大学 准教授
  • 2006/10 - 2015/03 九州大学大学院 講師
  • 1999/04 - 2006/09 九州大学大学院 助手
  • 1997 - 1999 日本ロシュ(株) 研究員
受賞 (1件):
  • 2010/05 - 日本生化学会 平成22年度日本生化学会九州支部学術奨励賞 自然免疫系で重要な転写調節因子IκB-ζの発見とその作用機序の解明
所属学会 (3件):
日本分子生物学会 ,  日本生化学会 ,  日本免疫学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る