研究者
J-GLOBAL ID:200901015804616220   更新日: 2020年05月31日

植田 好道

ウエダ ヨシミチ | Ueda Yoshimichi
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 基礎解析学
研究キーワード (1件): 作用素環論
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2018 - 2023 作用素環論に基づく非可換解析学
  • 2016 - 2019 相互情報量に基づく自由独立性へのアプローチ
  • 2012 - 2016 フォンノイマン環,自由確率論,非可換関数空間の研究
  • 2008 - 2011 自由確率論と作用素環論の研究
  • 2005 - 2007 自由確率論と非従順フォン・ノイマン環の研究
全件表示
論文 (16件):
  • Ueda Yoshimichi. Matrix Liberation Process I: Large Deviation Upper Bound and Almost Sure Convergence. JOURNAL OF THEORETICAL PROBABILITY. 2019. 32. 2. 806-847
  • Longo Roberto, Tanimoto Yoh, Ueda Yoshimichi. FREE PRODUCTS IN AQFT. ANNALES DE L INSTITUT FOURIER. 2019. 69. 3. 1229-1258
  • Ueda Yoshimichi. A free product pair rigidity result in von Neumann algebras. JOURNAL OF NONCOMMUTATIVE GEOMETRY. 2019. 13. 2. 587-607
  • Masaki Izumi, Yoshimichi Ueda. Remarks on free mutual information and orbital free entropy. Nagoya Mathematical Journal. 2015. 220. 45-66
  • Fumio Hiai, Yoshimichi Ueda. Orbital Free Pressure and Its Legendre Transform. Communications in Mathematical Physics. 2014. 334. 1. 275-300
もっと見る
MISC (11件):
  • 植田好道. 確率論の力 作用素環論と確率論. 数理科学. 2017. 55. 10. 22-28
  • 植田 好道. 書評 Alexandru Nica and Roland Speicher : Lectures on the Combinatorics of Free Probability. 数学. 2017. 69. 3. 329-333
  • 植田 好道. 測度とは何か : それは数学の世界の精巧な測定器 (特集 測度とは何か). 数学セミナー. 2016. 55. 10. 8-13
  • 植田 好道. ルベーグ積分は難しいか? (特集 初学者を悩ます数理の概念--理解のためのヒントを探る). 数理科学. 2011. 49. 5. 54-59
  • 植田 好道. Quick review on property (X) (バナッハ空間及び関数空間論の最近の進展とその応用--RIMS研究集会報告集). 数理解析研究所講究録. 2008. 1615. 28-33
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(数理学) (九州大学)
経歴 (3件):
  • 2017/10 - 現在 名古屋大学 教授
  • 2002/04 - 2017/09 九州大学 助教授/准教授
  • 1999/04 - 2002/03 広島大学 助手
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る