研究者
J-GLOBAL ID:200901015806504152   更新日: 2020年06月07日

永井 一清

ナガイ カズキヨ | Kazukiyo Nagai
所属機関・部署:
職名: 専任教授
ホームページURL (1件): http://www.isc.meiji.ac.jp/~nagailab/index.html
研究分野 (6件): 構造材料、機能材料 ,  複合材料、界面 ,  高分子材料 ,  有機機能材料 ,  グリーンサステイナブルケミストリー、環境化学 ,  高分子化学
研究キーワード (37件): バイオプラスチック ,  生分解性プラスチック ,  バイオマスプラスチック ,  3R ,  フードロス ,  食品ロス ,  プラスチックごみ ,  海洋ごみ ,  海洋プラスチック ,  マイクロプラスチック ,  SDGs ,  CCUS ,  CCS ,  SEMI ,  JIS ,  IEC ,  ISO ,  国際標準化機構 ,  国際標準化 ,  膜分離 ,  分離膜 ,  封止材 ,  水蒸気バリア ,  ガスバリア ,  有機EL ,  太陽電池 ,  包装 ,  温室効果ガス ,  CO2分離 ,  ハイバリア ,  ガス分離 ,  透過 ,  バリア ,  分離 ,  フィルム ,  膜 ,  高分子
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2018 - 現在 弦鳴楽器ハープ形状革新的水素分子ふるい分離膜の創製と新規分離機構の解明
  • 2015 - 2017 ナノ自己組織化作用による革新的水素分離チャンネル膜の創製と新規分離機構の解明
  • 2012 - 2014 InSitu法による高効率高分離CO2吸着分離膜の創製と吸着膜分離性能の最適化
  • 2008 - 2010 ポリイミド・カーボンハイブリット膜の創製とその二酸化炭素透過・分離特性
論文 (103件):
  • JIS K 7129-4, プラスチック - フィルム及びシート - 水蒸気透過度の求め方 - 第4部:ガスクロマトグラフ法. JIS規格. 2019
  • JIS K 7129-3, プラスチック - フィルム及びシート - 水蒸気透過度の求め方 - 第3部:電解質センサ法. JIS規格. 2019
  • JIS K 7129-2, プラスチック - フィルム及びシート - 水蒸気透過度の求め方 - 第2部:赤外線センサ法. JIS規格. 2019
  • JIS K 7129-1, プラスチック - フィルム及びシート - 水蒸気透過度の求め方 - 第1部:感湿センサ法. JIS規格. 2019
  • ISO 21760-2, Adhesives for organic electronic devices - Determination of water vapour transmission rate - Part 2: Edge seal methods. ISO (the International Organization for Standardization). 2019
もっと見る
特許 (24件):
  • 細孔の断面積を制御した改質多孔質膜及びその製造方法
  • 空気中ベンゼンの濃縮方法、大気中ベンゼン濃度の測定方法、及び空気中ベンゼン濃縮用フィルターシステム
  • 発泡性アルキレンオキシド重合体組成物
  • 液体分離膜及びそれを用いた内分泌撹乱物質の分離方法
  • 気体分離膜
もっと見る
書籍 (45件):
  • 包装技術便覧
    日本包装技術協会 2019
  • Polymers and Polymeric Composites: A Reference Series
    Springer Nature 2019 ISBN:9783642371790
  • Polymers and Polymeric Composites: A Reference Series
    Springer Nature 2019 ISBN:9783642371790
  • ポリイミドの機能向上技術と応用展開~ポリイミドハイブリッド膜のガス透過性とガス分離性~
    シーエムシー出版 2017 ISBN:9784781312439
  • ポリイミドの機能向上技術と応用展開~ポリイミドガス分離膜の設計開発~
    シーエムシー出版 2017 ISBN:9784781312439
もっと見る
講演・口頭発表等 (596件):
  • プラスチックと海洋ごみ問題
    (東村山市市民講座「世界で起きている今を学ぶ」 2019)
  • バリア技術入門 ~1日半コース~
    (第20回基礎講座 2019)
  • Suppression of Crystallization in Ultra-Thin and Thin Films of Cellulose Acetates and Their Blends and Its Effect on Gas Transport Characteristics
    (2019 AIChE Annual Meeting 2019)
  • 直鎖ジカルボン酸及び桂皮酸誘導体を原料とするジアセチレン基含有高分子膜の気体バリア特性
    (第68回高分子討論会 2019)
  • 疎水性高分子・ポリイミドからなるABA型トリブロックコポリマーの合成と膜物性
    (第68回高分子討論会 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1993 - 1996 明治大学大学院 理工学研究科 工業化学専攻
  • 1988 - 1990 明治大学大学院 工学研究科 工業化学専攻
  • 1984 - 1988 明治大学 工学部 工業化学科
学位 (3件):
  • 博士(工学) (明治大学大学院)
  • 修士 (明治大学大学院)
  • 学士 (明治大学)
経歴 (5件):
  • 2006/04 - 明治大学 理工学部応用化学科
  • 2002/04 - 2006/03 明治大学 理工学部工業化学科
  • 2000/06 - 2002/03 豪州CSIRO Petroleum および CSIRO Molecular Science
  • 1997/04 - 2000/06 米国ノースカロライナ州立大学 工学部化学工学科
  • 1990/04 - 1997/03 信越化学工業株式会社 シリコーン電子材料技術研究所
委員歴 (23件):
  • 2018 - 現在 ISO-TC61/SC11 - Plastic Products Chairperson
  • 2017 - 現在 ISO-TC229/WG4 Expert
  • 2016 - 現在 次世代型膜モジュール技術研究組合研究推進委員会 委員
  • 2015 - 現在 SEMI Standards FPD Materials & Components Japan TC Chapter/FPD Metrology Japan TC Chapter Committee member
  • 2012 - 現在 ISO-TC61国内委員会 委員
全件表示
受賞 (2件):
  • 2019 - 日本包装学会賞
  • 2003 - 日本膜学会膜学研究奨励賞
所属学会 (7件):
高分子学会 ,  日本膜学会 ,  日本化学会 ,  日本包装学会 ,  バリア研究会 ,  アメリカ化学工学会(AIChE) ,  アメリカ化学会(ACS)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る