研究者
J-GLOBAL ID:200901015868908535   更新日: 2020年10月07日

加藤 伸子

Kato Nobuko
研究分野 (4件): 教育工学 ,  感性情報学 ,  ソフトコンピューティング ,  情報学基礎論
研究キーワード (4件): ヒューマンインタフェース ,  教育工学 ,  コミュニケーション支援 ,  Human Interface
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 聴覚障害者のコミュニケーション支援方法の検討
  • 聴覚障害学生の教育支援に関する研究
論文 (14件):
  • Daisuke Wakatsuki, Makoto Kobayashi, Manabi Miyagi, Masami Kitamura, Nobuko Kato, Miki Namatame. Survey for People with Visual Impairment or Hearing Loss on Using Museums in Japan. 2020. 209-215
  • Nobuko Kato, Yuto Shinozaki. Communication Support for the Deaf and Hard of Hearing using Head Mounted Display: Toward Its Use in Museums. 2020. 595-600
  • Makoto Kobayashi, Manabi Miyagi, Daisuke Wakatsuki, Nobuko Kato, Miki Namatame. Workshop for Museum and Aquarium Staff Members to Learn How Sensory-Impaired Visitors Feel via Experiences. 2019. 196-199
  • Miki Namatame, Masami Kitamula, Daisuke Wakatsuki, Makoto Kobayashi, Manabi Miyagi, Nobuko Kato. Can Exhibit-Explanations in Sign Language Contribute to the Accessibility of Aquariums?. 2019. 289-294
  • Yuka Nakahara, Rumi Hiraga, Nobuko Kato. A Subjective Evaluation of Music Beat Recognition with Different Timbres by Hearing-Impaired People. 2018. 207-210
もっと見る
MISC (145件):
  • 平賀 瑠美, 中原 夕夏, 加藤 伸子. 楽器音の重畳と聴覚障害者の拍認識の関係についての研究. 筑波技術大学テクノレポート. 2019. 27. 1. 63-64
  • 生田目 美紀, 北村 まさみ, 若月 大輔, 小林 真, 宮城 愛美, 加藤 伸子. 手話解説による水族館展示の情報アクセシビリティの向上. 日本デザイン学会研究発表大会概要集. 2019. 66. 0. 114-114
  • 三好 茂樹, 河野 純大, 加藤 伸子, 若月 大輔, 白澤 麻弓. 要約筆記者の技術を活かした音声認識結果修正インタフェースに関する基礎的研究. 筑波技術大学テクノレポート. 2018. 26. 1. 160-163
  • 加藤 伸子, 西山 小百合. 聴覚障害者のための漫才における情報保障の検討. 筑波技術大学テクノレポート. 2018. 26. 1. 1-5
  • 中原 夕夏, 平賀 瑠美, 加藤 伸子. 聴覚障害者の楽器音による拍理解について : 楽器音分析の試み (福祉情報工学). 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報. 2018. 117. 502. 11-15
もっと見る
特許 (1件):
  • 画像処理装置および画像処理方法
学位 (2件):
  • 理学修士
  • 博士(工学)
受賞 (1件):
  • 1999 - The Best Paper and Presentation Award(4th-Online World Conference on Soft Computing in Industrial Application)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る