研究者
J-GLOBAL ID:200901015881963448   更新日: 2020年10月22日

奥山 隆平

オクヤマ リュウヘイ | Okuyama Ryuhei
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 皮膚科学
論文 (260件):
  • Nodoka Sekiguchi, Sae Kubota, Takuro Noguchi, Toshirou Fukushima, Takashi Kobayashi, Shintaro Kanda, Tomonobu Koizumi, Tomomi Miyake, Takushi Shirai, Ryuhei Okuyama. Experiences of trastuzumab plus paclitaxel combination therapy in metastatic human epidermal growth factor receptor 2-positive extramammary Paget's disease: Four cases and a review. The Journal of dermatology. 2020
  • 小川 英作, 奥山 隆平, 益田 浩司, 加藤 則人, 立石 千晴, 鶴田 大輔, 牧野 貴充, 尹 浩信, 西田 絵美, 森田 明理. 乾癬性関節炎患者を対象としたアダリムマブの有用性 QOL評価. 日本皮膚科学会雑誌. 2020. 130. 3. 399-399
  • Kazumasa Wakamatsu, Satoshi Fukushima, Akane Minagawa, Toshikazu Omodaka, Tokimasa Hida, Naohito Hatta, Minoru Takata, Hisashi Uhara, Ryuhei Okuyama, Hironobu Ihn. Significance of 5-S-Cysteinyldopa as a Marker for Melanoma. International journal of molecular sciences. 2020. 21. 2
  • Morita A, Okuyama R, Katoh N, Tateishi C, Masuda K, Komori T, Ogawa E, Makino T, Nishida E, Nishimoto S, et al. Efficacy and safety of adalimumab in Japanese patients with psoriatic arthritis and inadequate response to non-steroidal anti-inflammatory drugs (NSAIDs): A prospective, observational study. Modern rheumatology. 2020. 30. 1. 155-165
  • Arata Tsutsumida, Satoshi Fukushima, Kenji Yokota, Shusuke Yoshikawa, Osamu Yamasaki, Atsushi Tanemura, Ryuhei Okuyama, Hisashi Uhara, Yusuke Muto, Azusa Miyashita, et al. Japanese real-world study of sequential nivolumab and ipilimumab treament in melanoma. The Journal of dermatology. 2019. 46. 11. 947-955
もっと見る
MISC (58件):
  • 朝比奈 昭彦, 梅澤 慶紀, 大槻 マミ太郎, 奥山 隆平, 加藤 則人, 金子 敦史, 亀田 秀人, 岸本 暢将, 佐野 栄紀, 多田 弥生, et al. 日本皮膚科学会ガイドライン 乾癬性関節炎診療ガイドライン2019. 日本皮膚科学会雑誌. 2019. 129. 13. 2675-2733
  • 朝比奈 昭彦, 梅澤 慶紀, 大槻 マミ太郎, 奥山 隆平, 加藤 則人, 金子 敦史, 亀田 秀人, 岸本 暢将, 佐野 栄紀, 多田 弥生, et al. 乾癬性関節炎の患者診療における医師間連携の実態調査. 日本皮膚科学会雑誌. 2019. 129. 9. 1887-1899
  • 朝比奈 昭彦, 梅澤 慶紀, 大槻 マミ太郎, 奥山 隆平, 加藤 則人, 金子 敦史, 亀田 秀人, 岸本 暢将, 佐野 栄紀, 多田 弥生, et al. 乾癬性関節炎の患者診療における医師間連携の実態調査. 日本皮膚科学会雑誌. 2019. 129. 9. 1887-1899
  • 福島 聡, 横田 憲二, 清原 祥夫, 山崎 修, 種村 篤, 奥山 隆平, 宇原 久, 片山 輝昭, 板倉 英潤, 堤田 新. 悪性黒色腫におけるニボルマブとイピリムマブの逐次的治療の臨床研究 多施設後ろ向き観察研究. 日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集. 2018. 34回. 163-163
  • 西田 絵美, 森田 明理, 小川 英作, 奥山 隆平, 加藤 則人, 益田 浩司, 立石 千晴, 鶴田 大輔, 牧野 貴充, 尹 浩信. 乾癬性関節炎患者を対象としたadalimumabの有用性の検討. 日本皮膚科学会雑誌. 2018. 128. 5. 1197-1197
もっと見る
講演・口頭発表等 (86件):
  • 疱疹状天疱瘡の1例
    (日本皮膚科学会信州地方 2019)
  • ステロイドパルス療法を行った円形脱毛症18例のまとめ
    (日本皮膚科学会信州地方会 2019)
  • 周囲の白斑に異形メラノサイトを認めた悪性黒色腫の1例
    (日本皮膚科学会信州地方会 2019)
  • ポリ塩化ビニル手袋に含まれていたDidecyldimethyl ammonium chlorideによる接触性皮膚炎の1例
    (日本皮膚科学会信州地方会 2019)
  • デュピルマブ投与中に結膜炎を発症した2例
    (日本皮膚科学会信州地方会 2019)
もっと見る
学位 (1件):
  • 医学博士 (東北大学)
委員歴 (3件):
  • 日本乾癬学会 評議員
  • 日本乾癬学会 評議員
  • 日本皮膚科学会 東部支部 代議員
所属学会 (5件):
日本癌学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本研究皮膚科学会 ,  日本皮膚科学会 ,  日本皮膚悪性腫瘍学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る