研究者
J-GLOBAL ID:200901015897545123   更新日: 2020年05月27日

鈴木 貞夫

スズキ サダオ | Suzuki Sadao
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): https://www.nagoya-cu.ac.jp/med/labo/kouei/index.html
研究分野 (1件): 医療管理学、医療系社会学
研究キーワード (4件): 運動 ,  肥満 ,  メタボリックシンドローム ,  検査比較
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2019 - 2022 飲酒が心理社会的アウトカムに及ぼす因果効果を確証する網羅的メンデルランダム化研究
  • 2016 - 2022 学術研究支援基盤形成「コホート・生体試料支援プラットフォーム」
  • 2017 - 2020 大腸がん超高危険度群におけるがんリスク低減手法の最適化に関する研究
  • 2017 - 2020 生活習慣・病態・遺伝的多型に基づく、個人のがんリスク評価:大規模ゲノムコホート研究データの解析
  • 2014 - 2019 精神、心理、社会的要因に焦点を当てたゲノムコホート研究
全件表示
論文 (85件):
  • Sakane N, Kotani K, Suganuma A, Takahashi K, Sato J, Suzuki S, Izumi K, Kato M, Noda M, Nirengi S, Kuzuya H. Effects of obesity, metabolic syndrome, and non-alcoholic or alcoholic elevated liver enzymes on incidence of diabetes following lifestyle intervention: A subanalysis of the J-DOIT1. Journal of Occupational Health. 2020. 62. 1. e12109.
  • Noguchi T, Nakagawa-Senda H, Tamai Y, Nishiyama T, Watanabe M, Hosono A, Shibata K, Ichikawa M, Wakabayashi R, Nagaya K, Ema K, Okamoto N, Tsujimura S, Fujita H, Kamiya M, Kondo F, Yamada T, Suzuki S. Association between second-hand smoke exposure and depressive symptoms among Japanese adults: a cross-sectional study. Journal of epidemiology. 2019
  • Nishida Y, Hachiya T, Hara M, Shimanoe C, Tanaka K, Sutoh Y, Shimizu A, Hishida A, Tsukamoto M, Kadomatsu Y, Oze I, Koyanagi YN, Kuriyama N, Koyama T, Ibusuki R, Takezaki T, Ikezaki H, Furusyo N, Takashima N, Kadota A, Uemura H, Katsuura-Kamano S, Suzuki S, Nakagawa-Senda H, Kuriki K, Mikami H, Nakamura Y, Momozawa Y, Kubo M, Nakatochi M, Naito M, Wakai K. The interaction between ABCA1 polymorphism and physical activity on the HDL-cholesterol levels in a Japanese population. J Lipid Res. 2019
  • Akiyama M, Ishigaki K, Sakaue S, Momozawa Y, Horikoshi M, Hirata M, Matsuda K, Ikegawa S, Takahashi A, Kanai M, Suzuki S, Matsui D, Naito M, Yamaji T, Iwasaki M, Sawada N, Tanno K, Sasaki M, Hozawa A, Minegishi N, Wakai K, Tsugane S, Shimizu A, Yamamoto M, Okada Y, Murakami Y, Kubo M, Kamatani Y. Characterizing rare and low-frequency height-associated variants in the Japanese population. Nature communications. 2019. 10. 1. 4393
  • Suzuki S. Letter to the editor: Safety concerns with human pappilloma virus immunization in Japan: Analysis and evaluation of Nagoya City's surveillance data for adverse events. Jpn J Nur Sci/Early View. 2019
もっと見る
MISC (113件):
  • 依馬加苗, 中川弘子, 渡邉美貴, 細野晃弘, 細野晃弘, 柴田清, 近藤文, 若林諒三, 市川麻理, 野口泰司, 野口泰司, 上島寛之, 上島寛之, 尚爾華, 尚爾華, 永谷憲司, 鈴木貞夫. 一般住民における職種と主観的ストレスとの関連:J-MICC Study 岡崎. 日本公衆衛生学会総会抄録集. 2019. 78th. 576
  • 依馬加苗, 中川弘子, 西山毅, 渡邉美貴, 細野晃弘, 柴田清, 柴田清, 近藤文, 若林諒三, 市川麻理, 野口泰司, 野口泰司, 上島寛之, 上島寛之, 永谷憲司, 山田珠樹, 鈴木貞夫. 一般住人におけるコーヒー摂取とメタボリックシンドロームとの関連 J-MICC Study岡崎. 東海公衆衛生雑誌. 2019. 7. 1. 53-53
  • 渡邉美貴, 中川弘子, 西山毅, 細野晃弘, 細野晃弘, 柴田清, 柴田清, 近藤文, 若林諒三, 市川麻理, 野口泰司, 永谷憲司, 依馬加苗, 山田珠樹, 鈴木貞夫. 職場と家庭でのストレスと健診成績との関連 J-MICC岡崎研究. 日本疫学会学術総会講演集(Web). 2019. 29th. 155 (WEB ONLY)
  • 依馬加苗, 中川弘子, 西山毅, 渡邉美貴, 細野晃弘, 柴田清, 近藤文, 若林諒三, 市川麻理, 野口泰司, 永谷憲司, 山田珠樹, 鈴木貞夫. 一般住民におけるコーヒー摂取量と血清中性脂肪の関連:J-MICC Study岡崎. 日本疫学会学術総会講演集(Web). 2019. 29th. 158 (WEB ONLY)
  • 野口泰司, 細野晃弘, 細野晃弘, 中川弘子, 西山毅, 渡邉美貴, 玉井裕也, 玉井裕也, 柴田清, 柴田清, 近藤文, 市川麻理, 若林諒三, 永谷憲司, 依馬加苗, 山田珠樹, 鈴木貞夫. 一般住民における受動喫煙の暴露と抑うつ状態の関連:J-MICC Study岡崎. 日本疫学会学術総会講演集(Web). 2019. 29th. 122 (WEB ONLY)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2000 - 2001 ハーバード大学公衆衛生学部 疫学学科 修士課程 修了
  • 1986 - 1990 名古屋大学大学院医学研究科 博士課程 修了
  • 1980 - 1986 名古屋大学 医学部 医学科 卒業
経歴 (5件):
  • 2010/04 - 現在 名古屋市立大学大学院医学研究科 教授
  • 2003/01 - 2010/03 名古屋市立大学大学院医学研究科 講師
  • 1996/09 - 2002/12 Harvard School of Public Health Visiting Scientist
  • 1994/04 - 1996/08 愛知医科大学医学部 講師
  • 1990/04 - 1994/03 名古屋大学大学院医学系研究科 助手
受賞 (1件):
  • 2006 - 日本疫学会奨励賞
所属学会 (6件):
日本疫学会 ,  日本癌学会 ,  日本公衆衛生学会 ,  東海公衆衛生学会 ,  日本がん疫学・分子疫学研究会 ,  国際疫学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る