研究者
J-GLOBAL ID:200901015897545123   更新日: 2020年12月25日

鈴木 貞夫

スズキ サダオ | Suzuki Sadao
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): https://www.nagoya-cu.ac.jp/med/labo/kouei/index.html
研究分野 (1件): 医療管理学、医療系社会学
研究キーワード (4件): 運動 ,  肥満 ,  メタボリックシンドローム ,  検査比較
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2019 - 2022 飲酒が心理社会的アウトカムに及ぼす因果効果を確証する網羅的メンデルランダム化研究
  • 2016 - 2022 学術研究支援基盤形成「コホート・生体試料支援プラットフォーム」
  • 2017 - 2020 大腸がん超高危険度群におけるがんリスク低減手法の最適化に関する研究
  • 2017 - 2020 生活習慣・病態・遺伝的多型に基づく、個人のがんリスク評価:大規模ゲノムコホート研究データの解析
  • 2014 - 2019 精神、心理、社会的要因に焦点を当てたゲノムコホート研究
全件表示
論文 (168件):
  • Naoki Sakane, Yoshitake Oshima, Kazuhiko Kotani, Akiko Suganuma, Shinsuke Nirengi, Kaoru Takahashi, Juichi Sato, Sadao Suzuki, Kazuo Izumi, Masayuki Kato, et al. Self-weighing frequency and the incidence of type 2 diabetes: post hoc analysis of a cluster-randomized controlled trial. BMC research notes. 2020. 13. 1. 375-375
  • T. Noguchi, H. Nakagawa-Senda, Y. Tamai, T. Nishiyama, M. Watanabe, A. Hosono, K. Shibata, M. Ichikawa, R. Wakabayashi, H. Kamishima, et al. Neighbourhood relationships moderate the positive association between family caregiver burden and psychological distress in Japanese adults: a cross-sectional study. Public Health. 2020. 185. 80-86
  • Taiji Noguchi, Hiroko Nakagawa-Senda, Yuya Tamai, Takeshi Nishiyama, Miki Watanabe, Mayumi Kamiya, Ryozo Wakabayashi, Akihiro Hosono, Kiyoshi Shibata, Mari Ichikawa, et al. The Association between Family Caregiver Burden and Subjective Well-Being and the Moderating Effect of Social Participation among Japanese Adults: A Cross-Sectional Study. Healthcare (Basel, Switzerland). 2020. 8. 2
  • Masato Akiyama, Kazuyoshi Ishigaki, Saori Sakaue, Yukihide Momozawa, Momoko Horikoshi, Makoto Hirata, Koichi Matsuda, Shiro Ikegawa, Atsushi Takahashi, Masahiro Kanai, et al. Author Correction: Characterizing rare and low-frequency height-associated variants in the Japanese population. Nature communications. 2020. 11. 1. 1350-1350
  • C. Shimanoe, T. Hachiya, M. Hara, Y. Nishida, K. Tanaka, Y. Sutoh, A. Shimizu, A. Hishida, S. Kawai, R. Okada, et al. A genome-wide association study of coping behaviors suggests FBXO45 is associated with emotional expression. Genes, Brain and Behavior. 2020. 18. 2
もっと見る
MISC (141件):
学歴 (3件):
  • 2000 - 2001 ハーバード大学公衆衛生学部 修士課程 修了
  • 1986 - 1990 名古屋大学大学院医学研究科
  • 1980 - 1986 名古屋大学 医学科 卒業
経歴 (5件):
  • 2010/04 - 現在 名古屋市立大学大学院医学研究科 公衆衛生学分野 教授
  • 2003/01 - 2010/03 名古屋市立大学大学院医学研究科 公衆衛生学分野 講師
  • 1996/09 - 2002/12 Harvard School of Public Health Dept. of Nutrition Visiting Scientist
  • 1994/04 - 1996/08 愛知医科大学医学部 公衆衛生学 講師
  • 1990/04 - 1994/03 名古屋大学大学院医学系研究科 予防医学教室 助手
受賞 (1件):
  • 2006 - 日本疫学会奨励賞
所属学会 (6件):
日本疫学会 ,  日本癌学会 ,  日本公衆衛生学会 ,  東海公衆衛生学会 ,  日本がん疫学・分子疫学研究会 ,  国際疫学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る