研究者
J-GLOBAL ID:200901015937703754   更新日: 2020年01月17日

香川 貴志

カガワ タカシ | Kagawa Takashi
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 人文地理学
研究キーワード (1件): 人文地理学
競争的資金等の研究課題 (27件):
  • 2017 - 現在 京都府立京都学・歴彩館 京都地域研究会(南山城)
  • 2016 - 現在 自信被災地の経験に立脚した震災復興策と防災・減災教育の地域間共有の促進
  • 2014 - 2015 成熟住宅地における持続的発展に向けた環境整備に関するお理学的研究
  • 2014 - 2015 持続可能な都市空間の形成に向けた都市地理学の再構築
  • 2013 - 2014 成熟住宅地の持続的発展に向けた環境整備に関する地理学的研究
全件表示
論文 (100件):
  • 香川貴志. ブリティッシュ・コロンビア州ポートアルバーニにおける地震および津波防災対策とその課題. 人文地理. 2019. 71. 3. 315-333
  • 香川貴志. 高等学校地理歴史科「地理総合」必履修化に向けての中学校社会科地理的分野の再考察. 京都教育大学紀要. 2019. 135. 81-93
  • 香川貴志. 重要伝統的建造物群保存地区でのフィールドワーク---愛媛県西予市卯之町と内子町を対象とした京都教育大学における授業実践----. 新地理. 2019. 67. 2. 20-30
  • 香川貴志. 京阪神大都市圏外縁部における戸建住宅地の変容---京都府木津川市南加茂台を事例として---. ジオグラフィカ千里. 2019. 1. 145-160
  • 香川貴志. 重要伝統的建造物群保存地区を学ぶための基礎文献と地形図読図課題:愛媛県西予市卯之町および喜多郡内子町の場合. 京都教育大学環境教育研究年報. 2019. 27. 53-64
もっと見る
MISC (109件):
  • 香川貴志. 書評:岩田 貢・山脇正資著『地図で見る京都:知られざる町の姿. 地理. 2019. 64. 5. 119-119
  • 香川貴志. 書評:戸祭由美夫著『絵図にみる幕末の北辺防備:五稜郭と城郭・陣屋・台場』. 人文地理. 2018. 70. 4. 514-515
  • 香川タカシ. 書評:Deb Donnel "Christchurch: Sumner, Lytleton, Darfield, Kaiapoi, Rangiora, Kaikoura" (3rd Edition). 人文地理. 2018. 70. 3. 416-417
  • 香川貴志. 学界展望「総説」. 人文地理. 2018. 70. 3. 348-351
  • 香川貴志. 書評:廣井 悠・地下街減災研究会編著『知られざる地下街:歴史・魅力・防災、まちあるきのススメ. 地理. 2018. 63. 10. 100-100
もっと見る
書籍 (21件):
  • 京都を学ぶ:南山城編
    ナカニシヤ出版 2019 ISBN:9784779513633
  • 地理オリンピックへの招待:公式ガイドブック・問題集
    古今書院 2018 ISBN:9784772253161
  • 第二版 ジオ・パルNEO:地理学地域調査便利徴帖
    海青社 2017 ISBN:9784860993153
  • 『歩いて暮らせるコンパクトなまちづくり』
    古今書院 2016 ISBN:9784772231756
  • 変わりゆく日本の大都市圏 -ポスト成長社会における都市のかたち-
    ナカニシヤ出版 2015 ISBN:9784779509124
もっと見る
講演・口頭発表等 (61件):
  • 地域を観て提案する技法
    (第16回国際地理オリンピック2019香港大会国内最終予選ブリーフィング 2019)
  • ブリティッシュ・コロンビア州ポートアルバーニにおける地震および津波防災対策とその課題
    (東北地理学会2018年秋季学術大会 2018)
  • NZクライストチャーチにおける防災・減災教育の実践と課題
    (日本地理教育学会2018年大会 2018)
  • 東日本大震災后官学産合作方式探索:以岩手県宮古市之例(東日本大震災を受けての産官学連携の試み -岩手県宮古市の『学ぶ防災』を事例として)
    (第七届 中日国際学術検討会「区域創新・産学官合作」(中日国際セミナー「地域イノベーションと産官学連携」 2017)
  • 小学校社会科副読本における津波の防災・減災に関する取扱いについて -岩手県宮古市と和歌山県広川町を事例として-
    (東北地理学かい2017年秋季学術大会 2017)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1989 立命館大学 文学研究科 地理学専攻
  • - 1983 立命館大学 文学部 地理学科・地理学専攻
学位 (1件):
  • 文学修士 (立命館大学)
経歴 (5件):
  • 2005/04/01 - 現在 京都教育大学 教授
  • 1994/04/01 - 2005/03/31 京都教育大学 助教授
  • 1995/09/30 - 1996/08/30 ブリティッシュコロンビア大学 客員研究員
  • 1991/04/01 - 1994/03/31 京都教育大学 講師
  • 1989/04/01 - 1991/03/31 立命館大学 助手(文学部地理学研究室)
委員歴 (11件):
  • 2018/11/11 - 現在 人文地理学会 集会常任理事
  • 2012/08 - 現在 日本地理教育学会 評議員
  • 2004/04 - 現在 日本地理学会 代議員
  • 1987/04 - 現在 人文地理学会 庶務委員,協議員,編集委員,評議員等を歴任
  • 2016/11 - 2018/10 人文地理学会 編集常務理事(編集長)
全件表示
受賞 (1件):
  • 1994/03 - 日本地理学会 日本地理学会研究奨励賞 1993年度「地理学評論」掲載論文のうちから「大阪30km圏における民間分譲中高層住宅の供給構造」を優秀であると認め表彰したもの。35歳以下の著者に対して年間で2名に贈られる。
所属学会 (9件):
日本地理教育学会 ,  日本都市地理学会 ,  日本カナダ学会 ,  都市住宅学会 ,  東北地理学会 ,  経済地理学会 ,  日本地理学会 ,  人文地理学会 ,  地理科学学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る