研究者
J-GLOBAL ID:200901015992806384   更新日: 2013年01月07日

古田 玲子

フルタ レイコ | Furuta Reiko
研究分野 (2件): 実験病理学 ,  人体病理学
研究キーワード (2件): 病理学 ,  Pathology
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 1993 - ヒトパピローマウィルス感染と子宮頚がん
  • Human papillomavirus infection and cancer of the uterine cervix
MISC (18件):
  • 高危険度HPV感染性子宮頚部異形成の分裂中期細胞の中心体付近に出現する染色体異所性集族. 日本病理学会誌. 2002. 91;321
  • 高リスク群HPV感染性子宮頚部異形成の分裂中期細胞の中心体付近に出現する異所性染色体. 日本癌学会総会記事. 2002. 93;222
  • Ectopic assenbly of chremosomes around controsome in metaphase cells of high-risk human papilloma virus-infedtec cervical dysplasia. Proceedings of The Japanese Society of Pathology. 2002. 91;321
  • Eceopic chromosome around centrosome(ECAC)in metaphase cells high-risk human papilloma virus-infected cervical intraepitherial neoplasia(CIN). Japanese Journal of Cancer Research. 2002. 93;222
  • 高危険度ヒトパピローマウィルス(HPV)感染性子宮頚部異形成の分裂中期細胞の中心体付近に出現する染色体異所性集族. 日本癌学会総会記事. 2001. 92;301
もっと見る
書籍 (2件):
  • 癌の病理組織アトラス(共著)
    南江堂 1995
  • ATLAS OF CANCER HISTOPATHOLOGY
    Nankodou 1995
学歴 (3件):
  • - 1992 北里大学 病理学
  • - 1992 北里大学
  • - 1986 日本獣医生命科学大学
学位 (2件):
  • 医学博士
  • 獣医学修士
経歴 (1件):
  • 財団法人癌研究会 癌研究所 病理部 研究員
所属学会 (6件):
日本産科婦人科学会 ,  日本病理学会 ,  日本癌学会 ,  Japan Society of Obstetrics and Gymecology ,  The Japan Society of Pathology ,  Japanese Cancer Association
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る