研究者
J-GLOBAL ID:200901016041573238   更新日: 2020年01月06日

桐島 陽

キリシマ アキラ | KIRISHIMA Akira
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/5e4b0e9f0ee3d8ac47857f09c4111328.htmlhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/5e4b0e9f0ee3d8ac47857f09c4111328.html
研究キーワード (5件): 放射性廃棄物 ,  核燃料サイクル ,  放射化学 ,  溶液化学 ,  資源プロセス
論文 (107件):
  • Akira Kirishima, Akito Nagatomo, Daisuke Akiyama, Takayuki Sasaki, Nobuaki Sato. Study on the chemical structure and actinide leaching of MCCI debris. Journal of Nuclear Materials. 2019. 527. 151795
  • Takayuki Sasaki, Shunichi Sakamoto, Daisuke Akiyama, Akira Kirishima, Taishi Kobayashi & Nobuaki Sato. Leaching behavior of gamma-emitting fission products, calcium, and uranium from simulated MCCI debris in water. Journal of Nuclear Science and Technology. 2019. 56. 12. 1092-1102
  • Yongheum Jo, Akira Kirishima, Shingo Kimuro, Hee-Kyung Kim and Jong-Il Yun. Formation of CaUO2(CO3)32- and Ca2UO2(CO3)3(aq) complexes at variable temperatures (10-70 °C). Dalton Transactions. 2019. 48. 6942-6950
  • Daisuke Akiyama, Hidenori Akiyama, Akihiro Uehara, Akira Kirishima, Nobuaki Sato. Phase analysis of uranium oxides after reaction with stainless steel components and ZrO2 at high temperature by XRD, XAFS, and SEM/EDX. Journal of Nuclear Materials. 2019. 520. 27-33
  • Shingo Kimuro, Akira Kirishima, Yoshihiro Kitatsuji, Kazuya Miyakawa, Daisuke Akiyama, Nobuaki Sato. Thermodynamic study of the complexation of humic acid by calorimetry. The Journal of Chemical Thermodynamics. 2019. 132. 352-362
もっと見る
MISC (3件):
  • Akira Kitamura, Akira Kirishima. Recent activities in the field of nuclear waste management. Journal of Nuclear Science and Technology. 2015. 52. 3. 448-450
  • 「再処理プロセス, 化学ハンドブック」検討委員会. 再処理プロセス・化学ハンドブック 第3版. JAEA-Review. 2015. 2015. 02
  • 朴 光憲, 佐藤修彰, 桐島 陽, 大槻 勤. ウランの溶液および固体化学実験プログラムの開発とグローバル人材育成の試み. 放射化学ニュース. 2011. 23. 13-17
書籍 (4件):
  • 放射化学用語辞典
    日本放射化学会 2006
  • 核燃料サイクル
    2013
  • 放射性物質対策技術 -除去、モニタリング、装置・システム開発ー
    エヌ・ティー・エス 2015
  • 湿式プロセス-溶液・溶媒・廃水処理-
    内田老鶴圃 2018 ISBN:978-4-7536-5549-6
講演・口頭発表等 (19件):
  • 福島第1原発事故において発?したホウ素を含む燃料デブリ中のウラン及び ジルコニウムの局所構造解析
    (日本原子力学会2018年秋の大会 2018)
  • 福島汚染水処理で発生するCs吸着ゼオライト廃棄物のガラス固化 (3)ガラス固化条件と固化体特性の相関
    (日本原子力学会2018年秋の大会 2018)
  • 福島汚染水処理で発生するCs吸着ゼオライト廃棄物のガラス固化(5)ガラス固化体性能の総合評価 (4)ガラス固化条件の総合評価
    (日本原子力学会2018年秋の大会 2018)
  • 福島汚染水処理で発生するCs吸着ゼオライト廃棄物のガラス固化(5)ガラス固化体性能の総合評価 (5)ガラス固化体性能の総合評価
    (日本原子力学会2018年秋の大会 2018)
  • 無機系吸着剤に対するAm(III)の吸着特性評価
    (日本原子力学会2018年秋の大会 2018)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1992 - 1995 神奈川県立横浜翠嵐高等学校
  • 1995 - 1999 東北大学 工学部
  • 1999 - 2004 東北大学 工学研究科 量子エネルギー工学専攻
学位 (1件):
  • 博士(工学) (東北大学)
経歴 (5件):
  • 2004/04 - 2005/03 日本原子力研究所 博士研究員
  • 2005/04 - 2007/03 東北大学 助手
  • 2007/04 - 2013/09 東北大学 助教
  • 2013/10 - 2019/03 東北大学 准教授
  • 2019/04 - 現在 東北大学 教授
受賞 (4件):
  • 2005/09 - 日本放射化学会 日本放射化学会 奨励賞
  • 2004/03 - 東北大学大学院工学研究科 平成15年度 工学研究科長賞
  • 2003/09 - 9th International Conference on Chemistry and Migration Behavior of Actinides and Fission Products in the Geosphere Migration ’03 POSTER AWARD Complex formation of uranium(VI) at high temperatures and pressures
  • 2002/12 - 財団法人青葉工学振興会 第7回 井上研究奨励賞 広い濃度範囲で適用できるネプツニウムの原子価検定法の開発
所属学会 (2件):
日本原子力学会 ,  日本放射化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る