研究者
J-GLOBAL ID:200901016152090430   更新日: 2020年04月16日

市川 洋子

イチカワ ヨウコ | Ichikawa Youko
所属機関・部署:
職名: 助教授
研究分野 (5件): 形態、構造 ,  遺伝学 ,  生物資源保全学 ,  環境政策、環境配慮型社会 ,  環境影響評価
研究キーワード (4件): 保全生物・配偶子保存 ,  影響評価手法 ,  生物形態・構造 ,  発生遺伝学
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2004 - 絶滅危惧種ダルマガエルの保存に関する研究
  • 1998 - 両生類の性分化に及ぼす内分泌撹乱化学物質の影響
  • 1979 - 両生類における色素細胞の形態学的研究
  • 1966 - 両生類の性決定機構に関する研究
MISC (5件):
  • 性連鎖遺伝子ADP/ATPトランスロケースの塩基配列に基づいて堆測したツチガエル性染色体の起源と分化. 1997. 72. 6. 379
  • ツチガエル(Rana rugosa)の卵核発生法による遺伝的雌・雄個体の性分化. 1997. 14. Suppl. 73
  • ツチガエルにおけるアルビノ半数体と野生型2倍体とのキメラの色素胞. 遺伝学雑誌. 1984. 59. 6. 620
  • 2倍体・半数体キメラにおける半数性精巣の分化. 動物学雑誌. 1983. 92. 4. 511
  • トノサマガエルにおけるアルビノと正常間キメラの色彩斑紋について. 遺伝学雑誌. 1982. 57. 6. 692
Works (3件):
  • 環境ホルモン物質に対する耐性機構の解明
    2001 -
  • 眼および前腎に発現する黒色細胞の起源
    2001 -
  • 環境ホルモンが生殖器官に及ぼす影響
    1999 - 2000
学歴 (1件):
  • - 1967 広島大学 理学部 生物学科動物学専攻
所属学会 (5件):
電子顕微鏡学会 ,  日本内分泌撹乱化学物貭学会 ,  日本色素細胞学会 ,  日本遺伝学会 ,  日本動物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る