研究者
J-GLOBAL ID:200901016198645623   更新日: 2020年11月11日

中山 嘉彦

ナカヤマ ヨシヒコ | Nakayama Yoshihiko
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 金融、ファイナンス ,  科学社会学、科学技術史
研究キーワード (4件): 技術史 ,  鉄道史 ,  貨幣、貨幣需要 ,  ノルウェー金融システム
論文 (37件):
  • 中山 嘉彦. 大阪メトロ車両 -音と色-. 鉄道ピクトリアル. 2019. 69. 8. 168-171
  • 中山 嘉彦. 近鉄車両 -主要機器のあゆみ-. 鉄道ピクトリアル. 2018. 68. 12. 196-208
  • 中山 嘉彦. 東武車両 -音と色-. 鉄道ピクトリアル. 2018. 68. 8. 191-194
  • 中山 嘉彦. 阪神車両 -音と色-. 鉄道ピクトリアル. 2017. 67. 12. 201-204
  • 中山 嘉彦. 京急車両 -音と色-. 鉄道ピクトリアル. 2017. 67. 8. 221-224
もっと見る
MISC (9件):
  • 中山 嘉彦. 阪堺電気軌道 モ 161 形電車. 産業考古学. 2020. 157. 129-130
  • 中山 嘉彦. 神戸電鉄 旧デ 101 号電車. 産業考古学. 2020. 157. 131-132
  • 中山 嘉彦. 2017 年度全国大会 メイン・ツアーに参加して. 産業考古学会 ニューズレター. 2017. 12. 1-2
  • 中山 嘉彦. 京阪電気鉄道 60 型 「びわこ号」 の登場プロセス -従来説の反証とその後の研究展開-. 鉄道史学会会報. 2015. 38. 8-9
  • 中山 嘉彦. 第 39 回 (2015 年度) 総会見学会 (東京・城北地区の産業遺産を歩く) 報告. 産業考古学会 ニューズレター. 2015. 4. 1
もっと見る
書籍 (5件):
  • 福祉国家の金融システム改革
    中央経済社 2007 ISBN:9784502659201
  • 現代マネタリズムの展開 -バッファー・ストック・アプローチからの検討-
    晃洋書房 1998
  • 現代経済学入門
    八千代出版 1997 ISBN:9784842910352
  • 現代金融論
    嵯峨野書院 1997
  • 入門 貨幣と金融
    八千代出版 1994
講演・口頭発表等 (14件):
  • 関西民鉄アラカルト -鉄道車両の音・色の世界と京阪電気鉄道 60 型 びわこ号-
    (日本鉄道技術協会関西支部 総会 2018)
  • 「マルーン色」 堅持へのプロセス -第 2 次大戦後の阪急電鉄史-
    (日本比較生活文化学会 西日本例会 2018)
  • 近代化遺産とその文化的景観
    (近代化遺産シリーズ講演会 (産業考古学会設立 40 周年記念) 2017)
  • 琵琶湖疏水の所産 -京都電気鉄道の開業-
    (産業考古学会 2016 年度全国大会 2016)
  • 醸造業の産業景観 -微生物との共生 ・ ヒトとの共生-
    (近代化遺産シリーズ講演会 (産業考古学会設立 40 周年記念) 2016)
もっと見る
Works (1件):
  • 諸外国の公的金融機関の動向と郵便貯金
    中山 嘉彦 2003 - 2004
学歴 (2件):
  • 1984 - 1990 関西学院大学 商学
  • 1980 - 1984 関西学院大学 商学
学位 (1件):
  • 商学修士 (関西学院大学)
経歴 (3件):
  • 2006/04 - 現在 大阪学院大学 経済学部 教授
  • 1996/04 - 2006/03 大阪学院大学 経済学部 助教授
  • 1991/04 - 1996/03 大阪学院大学 講師
委員歴 (11件):
  • 2019/09 - 現在 鉄道友の会本部 島秀雄記念優秀著作賞選考委員
  • 2018/05 - 現在 産業遺産学会 (旧 産業考古学会) 理事
  • 2018/01 - 現在 鉄道友の会本部 ブルーリボン賞 ・ ローレル賞選考委員
  • 2016/06 - 現在 鉄道友の会阪神支部 副支部長
  • 2016/04 - 現在 鉄道友の会本部 役員選考代議員
全件表示
受賞 (1件):
  • 2018/10 - 鉄道友の会 2018 年 島秀雄記念優秀著作賞 日本初の連節車 京阪電気鉄道 60 型 びわこ号 登場の謎とその生涯
所属学会 (9件):
日本鉄道技術協会 ,  鉄道貨物協会 ,  近畿産業考古学会 ,  日本比較生活文化学会 ,  産業遺産学会 ,  鉄道史学会 ,  日本経済学会 ,  証券経済学会 ,  日本金融学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る