研究者
J-GLOBAL ID:200901016211341922   更新日: 2020年11月25日

是永 正敬

Korenaga Masataka
研究分野 (2件): 免疫学 ,  寄生虫学
研究キーワード (4件): 免疫学 ,  寄生虫学 ,  Immunology ,  Parasitology
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 寄生虫感染とIgE産生調節機構
  • 寄生虫免疫、腸管免疫に関する研究
  • 寄生虫感染における防御反応に関する研究
  • IgE responses in parasitic infections
  • Study on parasite immunology and intestinal immunity
全件表示
論文 (82件):
もっと見る
MISC (19件):
  • 加藤 茂樹, 清水 大樹, 尾長谷 靖, 橘高 誠, 黒瀬 浩史, 池田 征樹, 阿部 公亮, 大植 祥弘, 毛利 圭二, 小橋 吉博, et al. 肺細胞と機能・分化 ガレクチン9による好酸球性気道炎症の制御. 日本呼吸器学会誌. 2013. 2. 増刊. 137-137
  • 加藤大智, GOMEZ Eduardo A, JOCHIM Ryan C, 上里博, 三森龍之, 是永正敬, 櫻井達也, 片倉賢, VALENZUELA Jesus G, 橋口義久. リーシュマニア原虫媒介サシチョウバエLutozomyia ayacuchensisの唾液腺遺伝子転写産物の網羅的解析. 日本寄生虫学会大会プログラム・抄録集. 2013. 82nd. 85
  • 加藤 茂樹, 大水 総一, 仁木 敏朗, 清水 大樹, 尾長谷 靖, 是永 正敬, 平島 光臣, 岡 三喜男. マウス好酸球性気道炎症モデルにおけるガレクチン9の役割. アレルギー. 2012. 61. 9-10. 1457-1457
  • 三崎潤, 是永正敬. 抗CD44抗体処理によるベネズエラ糞線虫感染マウスのケモカイン遺伝子発現の変化と感染防御. 医科学の進歩:寄生虫とその宿主たる人と動物(宇仁茂彦、木俣勲編). 2010. 91-96
  • Fabrizio Bruschi, Masataka Korenaga, Naohiro Watanabe. Eosinophils and Trichinella infection: toxic for the parasite and the host?. TRENDS IN PARASITOLOGY. 2008. 24. 10. 462-467
もっと見る
書籍 (4件):
  • The Leishmaniases: Old Neglected Tropical Diseases (Editors; F. Bruschi, L.Gradoni)
    Springer International Publishing, Switzerland 2018
  • Helminth Infections and their Impact on Global Public Health. (Editor; F.Bruschi)
    Springer, Wien 2014
  • Eosinophils: Methods and Protocols, Methods in Molecurar Biology 1178 (Editor; G.M.Walsh)
    Humana Press, New York 2014
  • Eoosinophils; structure, biological properties and role in diseases. (Editor; G.M.Walsh)
    Nova Science, New York 2012
学歴 (4件):
  • - 1979 九州大学 生物学
  • - 1979 九州大学
  • - 1977 九州大学 生物学
  • - 1977 九州大学
経歴 (8件):
  • 2020/04 - 現在 高知大学 医学部 客員教授
  • 2019/05 - 2020/03 高知大学 教育研究部医療学系連携医学部門 特任教授
  • 1996/04 - 2019/03 高知大学医学部 助教授、准教授
  • 1996 - 2019 - Associate Professor, Kochi University Medical School
  • 1994/04 - 1996/03 高知医科大学 助手
全件表示
委員歴 (2件):
  • 1998 - 日本熱帯医学会 評議員
  • 1996 - 日本寄生虫学会 評議員
所属学会 (3件):
日本熱帯医学会 ,  日本免疫学会 ,  日本寄生虫学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る