研究者
J-GLOBAL ID:200901016218949853   更新日: 2020年04月18日

坂本 將暢

サカモト マサノブ | Sakamoto Masanobu
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (2件): 教育工学 ,  教育学
研究キーワード (5件): データの可視化 ,  授業分析 ,  授業研究 ,  教育工学 ,  教育方法学
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2019 - 2022 学校を基盤とする協働型授業研究のための授業構造化システムの開発と評価
  • 2015 - 2020 授業実践学の文化的基底に関する比較開発研究
  • 2016 - 2019 板書の構成の解明と保存・再現のための記述言語の開発
  • 2016 - 2019 教育工学的な視点に基づく教師教育プログラムの開発-ハンドブックを主教材として-
  • 2016 - 2019 教育実践研究の伝承と創造を支援する授業研究プラットフォームの構築
全件表示
論文 (25件):
  • 坂本將暢. 工学的アプローチによる教育実践データの分析と意義. 日本教育方法学会第21回研究集会報告書. 2018. 4-11
  • 坂本將暢. 黒板前の左右の動きに焦点を当てた模擬授業後の指導の可能性. 名古屋大学大学院教育発達科学研究科紀要(教育科学). 2018. 64. 2. 83-91
  • 坂本將暢. 似て非なる“「生活経験を豊か」にすること”と“「生活を豊か」にすること”. 考える子ども. 2018. 383. 36-40
  • Arani Mohammad Reza Sarkar, Shibata Yoshiaki, Sakamoto Masanobu, Iksan Zanaton, Amirullah Aini Haziah, Lander Bruce. How teachers respond to students' mistakes in lessons A cross-cultural analysis of a mathematics lesson. INTERNATIONAL JOURNAL FOR LESSON AND LEARNING STUDIES. 2017. 6. 3. 249-267
  • Sarkar Arani, M. R, SHIBATA, Y, SAKAMOTO, M, IKSAN, Z, AMIRULLAH, A. H, LANDER, B. How teachers respond to students' mistakes in lessons: A cross-cultural analysis of a mathematics lesson. International Journal for Lesson and Learning Studies. 2017. 6. 3. 249-267
もっと見る
MISC (24件):
  • 坂本將暢. 黒板前の左右の動きに焦点を当てた模擬授業後の指導の可能性. 名古屋大学大学院教育発達科学研究科紀要(教育科学). 2018. 64. 2. 83-91
  • 坂本將暢. 似て非なる“「生活経験を豊か」にすること”と“「生活を豊か」にすること”. 考える子ども. 2018. 383. 36-40
  • Arani Mohammad Reza Sarkar, Shibata Yoshiaki, Sakamoto Masanobu, Iksan Zanaton, Amirullah Aini Haziah, Lander Bruce. How teachers respond to students' mistakes in lessons A cross-cultural analysis of a mathematics lesson. INTERNATIONAL JOURNAL FOR LESSON AND LEARNING STUDIES. 2017. 6. 3. 249-267
  • Sarkar Arani, M. R, SHIBATA, Y, SAKAMOTO, M, IKSAN, Z, AMIRULLAH, A. H, LANDER, B. How teachers respond to students' mistakes in lessons: A cross-cultural analysis of a mathematics lesson. International Journal for Lesson and Learning Studies. 2017. 6. 3. 249-267
  • 坂本將暢. 専門職キャリア形成としての教師教育. 職業とキャリアの教育学. 2016. 21. 87-94
もっと見る
書籍 (5件):
  • 教師の「ふるまい」を科学する(姫野完治・生田孝至編著 教師のわざを科学する)
    一莖書房 2019 ISBN:9784870742192
  • 理解を目指した理科の授業(深見俊崇 編訳「パワフル・ラーニング」)
    北大路書房 2017 ISBN:9784762829703
  • 世界授業研究学会の研究動向 -発表題目の計量的分析を通して-(小柳和喜雄・柴田好章編著「教育工学選書II Lesson Study」)
    ミネルヴァ書房 2017 ISBN:9784623076963
  • 職業世界と職業生活
    学術図書出版社 2015
  • 発話を対象とした教育実践研究の多様なアプローチに関する研究 : 学習者・授業者・研究者の発言・発話記録の分析
    [出版者不明] 2009
講演・口頭発表等 (45件):
  • Comparative Analysis of Lesson Study Approaches: A Case of Partnership between Higher Education Institution in Japan and Basic Education in the Philippines
    (WALS2018 2018)
  • Enhancing Students Vocational Values through Social Studies Lessons: An Analysis of Lesson Transcript and a Visualization of Lesson's Segmentation Structure
    (WALS2018 2018)
  • 個が生きるプログラミング的思考:主体的で対話的に学ぶ子どもの姿
    (平成30年名古屋大学公開講座 2018)
  • 新学習指導要領を踏まえた通信制高校での指導・学習のあり方
    (平成30年度 中通研 放送教育研究委員会 2018)
  • 教育工学的な視点に基づく大学院レベルの教師教育プログラムの開発
    (日本教育工学会第34回全国大会 2018)
もっと見る
Works (3件):
  • 教師・教員志望の学生・研究者による共同的な授業分析に関する研究
    坂本 將暢 2011 - 現在
  • タブレットコンピュータを用いた授業分析ソフトウェアの開発
    坂本將暢 2009 - 2011
  • 高校生の職業観形成に関する比較教育文化的研究 -日本と5カ国における育て方-
    2009 - 2010
学位 (3件):
  • 博士(教育学) (名古屋大学)
  • 修士(工学) (電気通信大学)
  • 教育学 (愛媛大学)
経歴 (4件):
  • 2017/04/01 - 現在 名古屋大学 准教授
  • 2013/04/01 - 2017/03/31 愛知工業大学 准教授
  • 2010/04/01 - 2013/03/31 愛知工業大学 講師
  • 2008/10/16 - 2010/03/31 名古屋大学 助教
所属学会 (6件):
中部教育学会 ,  日本産業教育学会 ,  日本教育実践学会 ,  日本教育学会 ,  日本教育方法学会 ,  日本教育工学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る