研究者
J-GLOBAL ID:200901016281145152   更新日: 2016年02月26日

佐藤 かおり

サトウ カオリ | Satoh Kaori
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (1件): 保存治療系歯学
研究キーワード (3件): MI ,  接着性修復材料 ,  噴射切削
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2005 - 接着性歯科材料
  • 2004 - BMPsを用いた直接覆髄剤
  • 2002 - 安全な生活歯切削のためのPREPOMETER
  • 2001 - 2001 修復材料からの微量元素の放出について
  • 1998 - 1998 高密度フィラーコンポジェットインレーと接着性セメントの接着強さ
全件表示
論文 (4件):
MISC (28件):
もっと見る
書籍 (8件):
  • これ、いいね「ルシェロホワイト」
    日本歯科評論 2015
  • MIの理念に基づいた歯の硬組織に対するレーザー治療の発展的展開 QOLの向上を目指したう蝕の診査・診断予防まで
    日レ歯誌,22 2009
  • 【症例でみる歯科用レーザーの有効活用 CO2レーザー,Nd:YAGレーザー,Er:YAGレーザー,半導体レーザーを網羅】
    日本歯科評論,増刊2008 2008
  • 日本口腔ケア学会認定資格標準テキスト 問題と解説集 上巻 3.4.5級
    日総研出版社 2006
  • 安全な生活歯プレパレーション
    デンタルダイヤモンド 2002
もっと見る
講演・口頭発表等 (14件):
  • バルクフィルコンポジットレジンの接着性能について第一報 象牙質窩底部における窩壁適合性の評価
    (第32回日本接着歯学学術大会 2015)
  • 新たに開発されたCaCO3を含有する歯磨剤の着色物の除去効果と表面粗さに対する影響
    (第26回日本歯科審美学会学術大会 2015)
  • Adhesive performance of the self-adhesive flowable composites
    (American Academy of Cosmetic Dentistry 2015)
  • マルチセンター方式によるコンポジットレジン修復の 3 年間の臨床成績
    (第31回日本接着歯学学術大会 2014)
  • 「ゼロステップ(自己接着型)」コンポジットレジンの接着性能について 第3報 異なる窩壁処理あるいは光重合開始時間の遅延が辺縁封鎖性および窩壁適合性に及ぼす影響
    (第32回 日本接着歯学会学術大会 2013)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1975 愛知学院大学 歯学部 歯学科
学位 (1件):
  • 博士(歯学) (愛知学院大学)
経歴 (3件):
  • 2001 - 2002 愛知学院大学 講師
  • 1995 - 2001 愛知学院大学 助手
  • 1977 - 1981 愛知学院大学 助手
委員歴 (2件):
  • 2005/04 - 現在 日本歯科審美学会 評議員
  • 2003 - 日本歯科保存学会 評議員/編集連絡委員
所属学会 (5件):
日本接着歯学会 ,  日本歯科審美学会 ,  日本歯科理工学会 ,  日本レーザー歯学会 ,  日本歯科保存学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る