研究者
J-GLOBAL ID:200901016320024716   更新日: 2020年04月30日

林 政彦

ハヤシ マサヒコ | Hayashi Masahiko
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://www.se.fukuoka-u.ac.jp/hayashi/http://www.se.fukuoka-u.ac.jp/hayashi/
研究分野 (5件): 眼科学 ,  航空宇宙工学 ,  宇宙惑星科学 ,  大気水圏科学 ,  環境動態解析
研究キーワード (18件): アレルギー性結膜炎 ,  健康 ,  PM2.5 ,  環境制御型走査電子顕微鏡 ,  ライダー ,  気球観測 ,  無人航空機観測 ,  光散乱粒子計数装置 ,  黄砂 ,  水循環 ,  成層圏-対流圏交換 ,  アジア ,  熱帯 ,  乾燥地域 ,  極域 ,  物質循環 ,  エアロゾル ,  大気科学
競争的資金等の研究課題 (46件):
  • 2017 - 2020 南極自由対流圏の大気バイオエアロゾル調査:アイスコア微生物の沈着メカニズム解明
  • 2015 - 2020 南極成層圏の宇宙塵・極成層圏雲とエアロゾル循環
  • 2017 - 2019 大気組成変動研究
  • 2017 - 2019 健康影響評価に資するPM2.5新規採取法の開発
  • 2016 - 2019 越境物質と極地排出物質の複合汚染がつくる大気微粒子環境の健康への影響
全件表示
論文 (39件):
  • Nishita-Hara, C, Hirabayashi, M, Hara, K, Yamazaki, A, Hayashi, M. Dithiothreitol-Measured Oxidative Potential of Size-Segregated Particulate Matter in Fukuoka, Japan: Effects of Asian Dust Events. GeoHealth. 2019
  • Hisahiro Takashima, Keiichiro Hara, Chiharu Nishita-Hara, Yasushi Fujiyoshi, Koichi Shiraishi, Masahiko Hayashi, Ayako Yoshino, Akinori Takami, Akihiro Yamazaki. Short-term variation in 1 atmospheric constituents associated with local front passage observed by a 3-D coherent Doppler lidar and in-situ aerosol/gas measurements. Atmospheric Environment: X. 2019. 3. 100043
  • K. Lee, I. Chandra, T. Seto, Y. Inomata, M. Hayashi, A. Takami, A. Yoshino, Y. Otani. Aerial Observation of Atmospheric Nanoparticles in Fukue Island, Japan. Aerosol and Air Quality Research. 2018. 18. 12
  • Onishi T, Honda A, Tanaka M, Chowdhury P H, Okano H, Okuda T, Shishido D, Terui Y, Hasagawa S, Kameda T, Tohno S, Hayashi M, Nishita-Hara C, Hara K, Inoue K, Ueda K, Takano H. Ambient fine and coarse particles collected at three locations in Japan using cyclone technique affect upper and lower respiratory tract differently and elicit varying immune response. Environmental Pollution. 2018. 242 (Part B). 1693-1701
  • HAYASHI Masahiko, NISHI Noriyuki. Coordinated Upper-troposphere-to-stratosphere Balloon Experiment in Biak. Bulletin of the American Meteorological Society. 2018. 99. 4. 1213-1230
もっと見る
特許 (1件):
  • 粒子計数装置
書籍 (3件):
  • 黄砂
    古今書院 2009 ISBN:9784772231251
  • 大気と微粒子の話
    京都大学出版会 2008
  • 南極からのファックス-越冬隊と小学生の文通
    あかね書房 1993 ISBN:425103905X
講演・口頭発表等 (30件):
  • Investigation of the factors controlling the variation of aerosol surface area concentrations in Fukuoka, Japan
    (IGAC/iCACGP 2018 2018)
  • Variation of Particle Numbers at Fukuoka, Japan in winter, 2018
    (15th IGAC Science Conference 2018)
  • 黄砂中の鉱物粒子涙による変性- モデル涙液による溶脱試験-
    (第35回エアロゾル科学・技術研究討論会 2018)
  • 目から鱗を落とそう -大気中と生体中の粒子微物理過程-
    (第35回エアロゾル科学・技術研究討論会 2018)
  • UAV搭載偏光OPCによる雲観測
    (第35回エアロゾル科学・技術研究討論会 2018)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1989 - 1990 名古屋大学 理学研究科 大気水圏科学専攻
  • 1987 - 1989 名古屋大学 理学研究科 大気水圏科学専攻
  • 1979 - 1987 名古屋大学 工学部 航空学科
学位 (3件):
  • 工学士 (名古屋大学)
  • 修士(理学) (名古屋大学)
  • 博士(理学) (名古屋大学)
経歴 (10件):
  • 2016/11 - 2017/03 第58次南極地域観測隊 夏隊員
  • 2014/04/01 - 福岡大学 所長
  • 2011/10/01 - 国立極地研究所 客員教授
  • 2006/04/01 - 2008/03/31 金沢大学 客員教授
  • 2004/04/01 - 福岡大学 教授
全件表示
委員歴 (10件):
  • 2018/10 - 環境省 微小粒子状物質(PM2.5)解析ワーキンググループ
  • 2014/08 - 2018/08 日本エアロゾル学会 理事
  • 2017/09 - 2018/03/31 環境省 微小粒子状物質(PM2.5)成分自動測定結果の評価検討会委員
  • 2018 - 日本気象学会九州支部 理事
  • 2016/12/01 - 福岡市 保健環境研究委員会環境部会委員
全件表示
受賞 (2件):
  • 2000/08 - 日本エアロゾル学会 第17回エアロゾル科学・技術研究討論会 井伊谷賞
  • 1997/07 - 1997年度計測自動制御学会学会賞(技術賞)
所属学会 (4件):
地球電磁気・地球惑星圏学会 ,  日本エアロゾル学会 ,  日本気象学会 ,  American Geophysical Union
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る