研究者
J-GLOBAL ID:200901016342757318   更新日: 2011年01月18日

山口 快生

ヤマグチ ハレオ | Yamaguchi Hareo
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.fwu.ac.jp
研究分野 (1件): 実験心理学
研究キーワード (12件): 記憶とリハーサル ,  記憶と高齢化との関係 ,  手続記憶 ,  プライミング記憶 ,  意味記憶 ,  記憶の分類:エピソード記憶 ,  Memory and Rehearsal ,  Memory and Aging ,  and Procedual Memory ,  Praiming memory ,  Semantic Memory ,  Dictonomy of Memory : Episodic Memory
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 1972 - 2015 記憶情報処理におけるリハーサルの効果
  • 1972 - 2015 The effects of rehearsal in information processing
  • 1994 - 2014 記憶と健忘症との関係
  • 1994 - 2014 Memory and Amnesia
  • 1996 - 2010 加齢にともなう認知機能の変化
全件表示
MISC (58件):
  • 1次的リハーサルと2次的リハーサルの違い-検索時間からの検討-. 福岡女子大学文学部紀要「文芸と思想」. 1996. 60. 127-138
  • Effects of Japanese writing systems(Kanji and Kana) on priming in perceptual identification tasks. 26th International Congress of psychology, Montreal, Canada. 1996. 16-21,55(Abstracts)
  • Diffrences between primary rehearsal and second reharsal : An examination from the viewpoint of retrieval time. Studies in the Humanities (Research Bulletin of the Faculty of Literature, Fukuoka Woman's University). 1996. 60. 127-138
  • 顕在記憶(Explicit Memory)と潜在記憶(Implicit Memory)の違い-コルサコフ症候患者と健常者のプイミニング記憶からの検証-. 九州心理学会第56回大会発表論文集. 1995. 8
  • 女子大生における自我同一性の発達(共著). 福岡女子大学文学部紀要「文芸と思想」. 1995. 59. 1. 109-118
もっと見る
書籍 (23件):
  • 「学生のための心理学ハンドブック」
    ナカニシヤ出版 2004
  • 「新・心理学の基礎知識」
    有斐閣 2004
  • グラフイック学習心理学-行動と認知
    サイエンス社 2001
  • 記憶のリハーサル機構
    九州大学出版会 1997
  • Rehearsal mechanism in Memory
    Kyushu University Press 1997
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 1974 九州大学 教育心理学
  • - 1974 九州大学
  • - 1969 佐賀大学 教育心理学
  • - 1969 佐賀大学
学位 (2件):
  • 教育学博士 (九州大学)
  • 教育学修士 (九州大学)
委員歴 (5件):
  • 2003 - 日本認知心理学会 会員
  • 1972 - 日本グループダイナミツクス学会 会員
  • 1972 - 九州心理学会 会員
  • 1971 - 日本教育心理学会 会員
  • 1971 - 日本心理学会 会員
所属学会 (5件):
日本認知心理学会 ,  日本グループダイナミツクス学会 ,  九州心理学会 ,  日本教育心理学会 ,  日本心理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る